本文へスキップ

 

じんさんの遠航日記




じんさんの遠航日記
前書き

   クラスの同輩にW氏と言う人物がいる、大変几帳面というか、
まじめな男で候補生の頃から日記をこまめにつけていた。
  この人物、晩年いくつかの私小説を書いた.その内容たるや
実に克明かつ詳細に当時の様子を書きあらわしている。
  この人物に刺激されたわけではないがおよそ日記などに関しては
三日坊主の小生だが、なにを思ったか一度だけ感心にもほぼ一年に
亘り日記を書いた。歳のせいか、暇なせいか本来整理に関しては
ズボラな小生が偶々整理中の本棚の奥から見つけたこの日記を読んで、
これをホームページに載せようと思い立ったのがそもそもの発端である。
いつまで続くか見当が就かないが、とりあえず始める事とした。
フイクションではないので実名は避けているが、起こった出来事や各所の
様子は事実である。退屈なところ(何しろ幾日も何も見えない海のうえ)
も有るかもしれないが我慢していただこう。 じんさん


遠洋航海出港前日
海尾 進は練習艦(山城)の乗組幹部である。
練習艦(山城)は明日、第○○期海上自衛隊幹部候補生課程を卒業した初任3尉168名を載せ隨伴艦(夕月)とともに練習艦隊旗艦として、総航程3万1千哩の遠洋航海に向け横須賀市営桟橋を出港する。行く先は中南米7カ国総日程139日である。
進1等海尉は(山城)の通信長として2回目の遠航参加である。 進は10年前の遠洋航海出港の日を思い出した、「あの日は東京晴海桟橋からの出港だったな、家内とまだ小さかった守(長男)とそうそう、東京の伯父を見送りにきてくれてたっけ」「あの頃は初めての外国に行ける事の楽しみと、長期間になる航海への不安が有って、複雑な心境だったけど、今回は気楽気楽」 何しろ乗組幹部では一番気楽な通信長、初任幹部のように追い回されるわけではない、楽な配置である。それにしても気楽な進君ではある、遠航出発前の最後の夜は、子供達と遊び相手になってくたびれたらしく、妻(育世)の「ねえねえあなた」の声をうつつに寝てしまったのである。 つづく

昭和4x年6月22日遠航出発日
遠航出発を祝うような好天気である、と言いたいところだが、どんよりとしたくもり空だ、雨が降らないだけマシかと思いつつ朝から出発前の準備で忙しい、出港行事は滞りなく終わり、いよいよ出港である。出港時はデッキ幹部は艦橋配置である。進も旗甲板で整列出港見送りの江川防衛庁長官や、江田海上幕僚長の見送りを受ける。民間の客船と違うので紙テープや銅鑼の音等の華やかさはまったくない、清々粛々とした音無しの出港である。幹部がきょろきょろもできない、乗組員や実習幹部も手も振らず黙々と整列である。進君はそれでも出港作業を見る振りをして岸壁をちらと眺めた。治(次男坊)を抱いた育世が双眼鏡に入った、側に東京の伯母がいる、育世は顔をくしゃくしゃにしている、泣きべその育世だ。慌てて双眼鏡をそらし出港作業や、艦の前方を監視する。しばしの別れだが、別に戦争に行くわけでない、いやでも帰ってくる、まあその時のボーズの成長ぶりを楽しみにしているぞ!!など心の中で叫びながら、それでもちょっとしんみりした心境の進1海尉である。

遠洋航海2日目
海上は平穏でうねりもない、天候は雨模様で天測もできないようだ実習幹部は喜んでいる。 出港後昨日は総員離艦訓練が有った、総員離艦訓練とは艦が何らかの原因で沈むような時、乗組み員全員が済々と救命助艇や筏、浮き輪などつかって脱出できるように訓練するものである、全員が自分の脱出する場所や、浮き袋などの装着方法などを確認し、整備を報告する。進1海尉は右舷中部の筏である、定員25名の指揮官となるので、本当に沈んだら大変である。 客船でも総員離船などの訓練立て付けが有るのかなと思うが、どうだろう。 本日の訓練ハイライトはハイラインだ、山城と夕月が50メートルの距離を開けて平行して走り互いにロープ(ハイラインと言う)をわたしてラインを使って人員や荷物を送受する訓練である。 遠航参加の便乗者には始めての経験であり熱心に見学している、ハイラインは当直幹部ならば誰でも実施できるように訓練を受けているが、今回は、報道写真の関係か、艦橋の操艦はS航海長だ、見事な操艦ぶりである。今日のような穏やかな海上模様の時は良いが、波、うねりが大きいと平行して走る操艦が難しい。うっかり近寄ってラインがたるみ、人員輸送用の吊籠を海中に浸けて仕舞うこともある。今日の出来は100点であった。 今日の訓練はハイラインのみで、のんびりした一日であった。行会船もなく針路120度速力15ktですすむ。 つづく

遠航3日目
今朝は朝直の当直士官である。 昨日に変わって今日は晴天快晴となった。こうなると実習幹部は忙しくなる、早朝天測が可能となり実習幹部がもっとも苦手とする遠航最初の天測だ、要領悪く、うろたえるばかりで、空はあっという間に明るくなって目標とする星が見えなくなってしまう。結局黒板星を計ることになったようだ。最初の準備が全然なっていない、進1海尉も実習幹部の時そんな経験があり、様子を見て苦笑する。 南に進むにつれて、気温が急激に上昇、湿度も高くべとつく感じがする。 舷外を見ると飛魚の飛ぶのが面白い、艦の進行方向にあわせて飛びあがり、かなり前方で着水する、短距離も有れば、長距離選手もいるようだ、長いのは50メートルを超えて跳ぶ、間違って艦の中に飛び込んでこないかと期待するが、艦舷が高いので無理だろうなどと他愛無いことを考えている。 平穏な航海当直である。針路120度速力15kt つづく

遠航4日目 最初の休養日課
本日は休養日課、月月火水木金金ではない、ちゃんと休む日もあるのが今の自衛隊だ。とはいえなにもしないわけではない、艦の運航は通常どおりであるから、海の上でとまって休むわけではない、目的地目指して艦は走る、訓練がないだけである。 0845〜1000漁労戦用意がかかる。戦ではない走りながら魚を釣るのだ。とまるわけではないから通常速力15ノットを若干落とし、12ノットで走って、釣れるのかどうか試してみるが、どうやら戦果無し。魚がえさに追いつけないのか、このあたりには居なかったのか判らないが、多分速力早すぎるのではないかと思う。この付近には海鳥がまだ多い。引っ張っていたえさにアホウドリが食いついて、しばらくばたついて居たが諦めて逃げていった。重りが軽くて針と餌が、海面上を滑っていくので、魚ではなく鳥のえさとなった。 午後は休養、ほとんどベットで寝ていた。暇を見て日光浴をする。内地と違って海の上の太陽光線は強い。日焼けがのせいか背中が痛い。 つづく

遠航5日目 バレーボール海中投棄
本日の訓練は盛りたくさんだ。霧中航行訓練、防水訓練、応急操舵訓練と、休む間もない。 実習幹部にとって中でも一番しんどいのは、応急操舵訓練であろう。狭い応急操舵室に入り、手動で舵を動かすのだが、これが結構重くて力が要る。おまけに中は暑くて、5分も居ると汗だくになる。応急操舵訓練は、艦の操舵装置が故障したと言う想定で、急遽応急操舵に切り替えの号令とともに始まる。概ね艦橋では霧中航行訓練が行われていて、合わせて実施されるから、艦橋での実習幹部ものんびりしてはいられない、霧中航行訓練は、航行している海域を狭水道に仮想して、居るから,応急操舵の緩慢な舵の効力を計算に入れながら操艦しないといけない。うっかりすると想定航路をはみ出して指導官に叱られる。 そのうち浮遊物に衝突の想定で、艦内に浸水防水部署が発令され防水訓練が始まると言う、総合訓練だ。訓練の効果としては良いが、忙しい。 慣れない実習幹部はうろたえていたが、そのうち平気になるものだ。 訓練が終わったところで、各科訓練となった。各科訓練は各分隊毎に決めた訓練を自主的に実施する。今日は各分隊打ち合わせ、ヘリ甲板でのバレーボールの試合となった。バレーのネットを張るのが難しい。何しろ15ノットで航行しながらである。 風が強くて、ネットが上手く張れない。 バレーが始まると今度はボールが海中に飛び込む、勿論拾えないから、さよならだ。消耗品とは言え、限りあるから補給長は渋い顔をする。 W水雷長が風邪を引いて当直士官を副長と交替、艦内は空調が聞いて涼しいが冷え過ぎである。適温にはならない構造だ、涼しいか、暑いかのどちらかである。 公衆電報取り扱い山城12通夕月3通だんだん数も少なくなって来ている。 進1海尉も日光浴疲れか、いささか疲れ気味、夕食後はベットに入ったまま夜中の立直までぐっすり。 針路090度速力15ノット つづく

遠航6日目 技量が判るハイライン
朝からハイラインあり、夕月から患者が移送されてきた。本艦には医官2名(内一名は歯科医官)が乗っているから心強い。 ハイラインは2隻の艦が近接して、距離30から50メートルくらいの間隔を空けて並行して航走する。一方から索を伸ばし両艦の間にハイライン索を張る。この索にボースンチエアと言う鉄製の吊り篭を滑車で下げて、物資の移送や人員の移送に使う。 艦が狭い間隔で並んで航走すると、お互いの艦の大きさや船型の違いや、速力の違いなどで、間隔が広がったり斜めになったりして、そのまま何もしないで走るわけには行かない。距離と方位を保つように小刻みな舵の使用と、速力の加減をお互いに相手を見ながら操艦するのだ。海上自衛官にとっては格好の訓練であり、艦艇幹部ならば誰でも一度は経験する技術であるから、実習幹部の訓練には最適である。 両艦の間隔が急激に変わると、ハイライン索を引っ張っている甲板員は其の都度、索をゆるめたり引っ張ったりしなければならない、これは人力でやるから、あまり変化が大きいと、へたくそ幹部と笑われるのは必定だ。操艦技量が直ちに判るので、真剣になる。 米海軍では若手の幹部がハイライン時には常に操艦して技量を磨いている様で、一度米艦とハイラインを経験したが、その時の彼等の近接運動や舵、速力の増減方法は大変大胆で素早く、見ていて気持ちが良かった。海上自衛隊では、安全第一優先で、すべての動作がのんびりしている。 午後はライフル射撃が行われた。仮想標的を浮かべて甲板から射撃するが、標的は揺れるし、艦を揺れる、命中させるにはなかなか難しい様だ、普段は陸の射撃場で実弾射撃訓練をしているので勝手が違う。海上でライフル射撃などは始めてである。 射撃中に付近に鮫が居たとか誰かが叫んでいた。見えなかったが、鮫も射撃に吃驚してとびだしたのかも。 ミッドウエイが近くなってきた、洋上慰霊祭の立て付けが行われた。明後日慰霊祭の予定。 時刻帯変更ー12h(M)針路090度速力15ノット 東京との通信連絡が不良でホノルルのNPMと交信電報1通を送る。 そろそろ退屈してきた、艦内では手芸品造りが始まった。ボトルシップや人形造り、模型造り等乗員は皆器用である。進1海尉も手芸の人形造りを開始。いつ出来るか判らないが。 つづく

遠航7日目 訓練ハイライン
昨夜から風が強くなって来ている、10m〜12mくらい連吹していて、うねりもがあり艦も少し動揺が感じられるが、酔うほどではない。実のところ進1海尉は余り船には強くないので、良い気持ちではないが、小さい艦に乗っていた頃は大変な思いをしたものだ、本艦はでっかいから、その点安心である。 少し動揺がある中、本日はハイライン訓練が有った、今日は艦橋で針路保持を受け持つ、速力の増減は当直士官が担当する。特に難しいことはないが、昨日の患者輸送のハイラインでは、実習幹部が経験できなかったので、本日は実習幹部の訓練を兼ねており、活気が有った。 ハイラインは艦どうしが平行して、近距離の間隔を保って進みながらおこなうが、艦の大きさ、艦形の違い等が有り、同じ速力、同じ針路を互いに取りながら走っても、僚艦より前に出たり、後ろに下がったりする、また間隔も艦と艦とが近距離接近すると、水圧の変化が、影響し、互いに離れる力が作用したり、吸引し合う力が働いたりして、互いに近づいたり遠くなったりするので、互いに速力、針路を微妙に調節しながら操艦する。この辺の、舵と速力の調節にあうんの呼吸が必要だ。 感が悪いと艦の動きにいつも遅れ乍ら調節するので、とんでもなく離れたりちかすぎたりして、ハイライン索を引っ張る甲板員が慌てるのだ、側で見ている艦長も内心はひやひやしているにちがいない。 今日のところは、自己採点70点くらいかと思う。 風とうねりの影響を見て、速力16ktにあげた、針路は変わらず090度東に向かって航海を続ける。 時刻帯変更ー14h(w) 続く

遠航8日目洋上慰霊祭
洋上慰霊祭をおこなう。 6月28日午後6時30分から、ミッドウエイ西北250海里沖で洋上慰霊祭が行われた、海面は昨日に変わって波もうねりも収まり穏やかで、30年前に日米海軍が死力を尽くして戦った戦場とは思えない程、静かな海である。 「山城」「夕月」が単縦陣形で航行し、甲板には乗員、実習幹部全員が白正服礼装で整列し海面に花束を投下、慰霊の言葉の流れる中、全員が黙祷を捧げる。夕日が顔を染め白正服が赤く染まる頃英霊に捧げる銃礼の音が海面にこだまし、荘厳な気持ちである。 花束投下海面を中心に山城、夕月の順に輪を描いて回り、最後に各艦一斉に、長1声の汽笛を鳴らして、慰霊祭は終わった。 乗員実習員の中にはこの大戦でミッドウエイ同様各地の海上や、島嶼で戦い戦死されたご両親親族を持った人も有ろうかと思う、その方々の鎮魂の祈りが届いてほしいと思う。 日付が変わり一日後戻りした、28日から28日になる。日本では今日は29日である。 夜中のワッチで珍しい天象を見た。真夜中なのに虹が出ている艦橋から後部を見ると月の光でうっすらと虹がかかっている、7色ではないが赤と青がはっきりと見える。幻想的な夜のワッチであった。 続く
遠航9日目 ミッドウエイ入港

0840ミッドウエイ入港、遠航最初の寄港地は、低い珊瑚礁の島である。太平洋の真ん中にぽつんと点のように浮かんでいる。この小さな島をかって日本は攻略に失敗し、日本海軍廃滅へのきっかけとなった島である。 生糧品、真水、燃料等の補給の為僅か8時間の寄港であるが交替で島内見学がおこなわれる。進1海尉も米軍との通信事務連絡をかねてちょと見学する。 島の印象は「阿呆鳥(あほうどり)」と青い海岸、白い砂だ。 海の透明度は本当にきれいである、飛び込んで泳ぎたいなと思ったが、この地では泳ぐのはプールだそうで、海で泳ぐのは現地人の子供だけだそうで、海上自衛隊の品位を汚すので、やめ。 寄港時間が短く慌ただしい中で乗員は、米軍のPX(酒保)で無税のたばこを買いに殺到し、ためにミッドウエイの米軍用倉庫の在庫が空になり米軍から文句が有ったとか。日本軍おそるべしと思ったかどうか?。 いずれにしろ迷惑なことだが、さすが米軍別に出港差し止めもせず、お互いに「帽振れ」笑顔で送ってくれた。 (著者注:当時は米軍がいたが現在は、軍関係はいない、現在のように観光地になるとは夢にも思わず。) 続く

遠航10日目机上対潜訓練
ミッドウエイを出港後針路は少し北よりに変更次の寄港地サンデイエゴに向かう。 始めて戦術的な訓練の机上対潜訓練がおこなわれた。 潜水艦を捜索し探知、撃滅するまでの一連の戦術訓練を、実際の目標(潜水艦)なしで、仮の目標を想定して目標の動きに合わせて、艦の運動や攻撃時期などを訓練する、目標は所謂図上で設定するので机上対潜訓練という。 これに対して、実際の目標を得て(潜水艦や水中標的等)行うのを実艦的対潜訓練といって、より高度な訓練が有る。 この遠航では実目標は得られないので、すべて机上訓練であるが、基本的なセオリーや手続きはこれで十分な訓練ができ、若年幹部には欠かせない訓練である。 机上訓練とは言え、艦内はすべて戦闘部署配置に就いてから行われるので、艦の全員がいっせいに部署について、整備を届けてから、実習幹部の訓練に直接関係しない部署(補給や、機関科、運用科、航海科など)は「対潜訓練関係者以外別れ」の号令で通常の勤務体制に戻り、直接関係する、船務科や、水雷科などは訓練に参加する。 進1海尉は直接関係が無いので、こんな時は気楽である。時には訓練の様子を覗きに行くことも有るが、おおむね、自室でのんびり読書などして休息だ。次の寄港地はサンデイエゴ、始めての米大陸、楽しみである。 続く

遠航11日目海老と鯛で昇任お祝い
昨日の机上対潜訓練は単艦で行った訓練であるが、今日は夕月との連合机上対潜訓練が有った。 目標などは同じ仮想目標であるが、2隻の艦が運動するので、僚艦の動きや、互いの位置の把握、攻撃、連係動作、など高度な訓練である。 艦の動きには注意が必要で、艦橋当直士官になると、訓練の想定に合わせて、操艦しながら、かつ安全に気を配らないといけない。実習幹部は、外が見えないところで、机上の艦の操艦をリコメンドするので、時には僚艦との距離が実際近づきすぎたりする事がある。そのような時には当直士官の責任でが針路、速力をただすが、訓練効果を上げることも必要でありこの辺の案配が結構難しい。 偶々この訓練時に当直士官に当たってしまって、きょうは疲れた。 きょうは自衛官の前期昇任日である、艦内の幾人かは昇任者がいるので、昼食にはそれを祝って大きなえびが食卓に上った。 それに、夕食には鯛が出た。 進1海尉は昇任無しで、該当しない。そのせいか海老も鯛も大味で、あまり美味しくはなかった、これはミッドウエイの補給で入った生糧品らしい。 風邪気味で喉がいらいらする、冷房がききすぎて、乾燥し過ぎだ。応急士に何とか温度調節できないのかと八つ当たりする。 ご機嫌斜めの一日であった。 続く

遠航12日目最初のエンスンデイ
きょうは第1回目のENSIGN DAY (エンスンデイ)、この日は朝から晩まで1日のすべての訓練を実習幹部で計画し実施する日である。この日の為に実習幹部は、前から計画を練っていて、いよいよそれを実行する機会であるから、皆相当に張り切っている。 訓練も防水訓練に始まって、霧中航行、隊歌訓練、と盛りたくさんだ。これは計画も大変だが、実施面でも実際に装置を動かし乗員も一部は使うから遊び半分ではできない。実習幹部も、真剣に取り組んでいるし乗員も大変だ。普段なら簡単に済んでしまう訓練でも時間はかかるし、号令命令もちぐはぐでスムーズに行かない、迷惑な話だが、乗員はこれも仕事、乗員の使命には訓練の場を実習幹部に提供することもその一つだから、文句も言わず参加している。実習幹部には良い経験になったと思う。自分が実習幹部の時はこんなに張り切ってはしなかった、その時の訓練は何をやったか、定かでない。 訓練の合間にまた、漁労戦が有った、「夕月」では3尾の収穫有り、「山城」は、またまた阿呆鳥だけで戦果無し。 日本を離れるにしたがって、東京との通信感度も落ちて来ている、公衆電報の取扱い数も、極端に減ってきた。乗組員の気持ちも「さらば日本よ」と言うところか。 針路090度速力15kt 一路アメリカ大陸へ。 続く

遠航13日目 山城映画劇場営業中
きょうはハイライン訓練の時、練習艦隊司令官が「山城」から「夕月」にハイライン移乗した。練習艦隊は全体を司令官が統率指揮し、2隻の艦は所謂訓練の場を提供する道具である。したがって、山城艦長も夕月夫艦長も練習艦隊司令官の指揮を受け、艦を運航するのが使命であり、遠洋航海訓練のすべては司令官(司令部)が定めた計画に従って実施される訳であるから、司令官や司令官を補佐する司令部の幕僚は、訓練等の実施状況や艦隊の行動について常に監督し状況を把握しなければならない。このため艦の艦橋には常に司令部の幕僚か、司令官が居て、にらみを利かしている訳だ。艦橋の当直時にはほとんど毎回司令官と顔を合わすので、正直言って気づかれである。今回の司令官K海将補はタフネスである。よほどの事がないと、司令官室に入っていることはないのだ。お陰で艦橋当直員全員(艦長や幕僚もだが)が常に緊張しっぱなしで、静かな環境である。勿論これが正しいのでは有るが、人間、時にはリラックスも必要、たまにはジョークの一つも有って、当直員を楽しませることもやりたい。 きょうは司令官が「夕月」に移乗されたので、久しぶりに幕僚もほっとした顔である。「夕月」はご苦労さん、たまには司令部乗艦の艦の気苦労を味わって頂こう。 夕方から後甲板で映画が上映された。遠航中は無聊を慰める為に各艦、映画(16m)フィルムを搭載してきており、後甲板でしばしば映画を上映する。海上模様や天候に左右されるが、おおむね1週間に2ないし3回はやっている。決して訓練ばかりの毎日ではない、こんな楽しみも有って、遠洋航海も捨てがたい。 進1海尉も今夜は映画を見た、題名は「キスカ」例のキスカ島撤収作戦の劇映画である、内容は戦史等で知っているが、如何にも模型を使ったと知れる場面や、軍事用語のでたらめな使い方などが多く、興味半減である。 司令官は日没前に本艦におかえりになった、明日からまた厳粛な艦橋ワッチが始まる。 続く

遠航14日目戦術運動は操艦の基本
自民党総裁選出党大会で田中角栄氏が選出された事をNHK短波ラジオ放送(10mhz)で聞く。 これからどのような政治が行われるのか、福田氏の処遇と、中曽根氏のポストや如何に、などと少し気負って考えたが、正直言って政治のことは良く解らない、まあ関心は、防衛庁長官に誰が、のことぐらいで、あまり真剣に考えても仕方が無い。途中で考えるのを止めた。 本日の訓練はハイライン訓練、溺者救助、戦術運動訓練、あまり変わり映えしない。戦術訓練は、戦術と言うほどのことではなく、運動訓練のほうにウエイトが有るみたいだ。要は2艦で互いに連携を保ちながら航行する訓練である。単縦陣形は先頭艦の後ろに後続艦がぴったりと定められた距離を保って走る訳だが、これが結構初めての操艦では難しい。戦術運動ではフォーメーションワン(FORM−1)と言って先頭艦の真後ろ通常は500ヤード(大型艦では700ヤードまたは1000ヤード等)の距離に2番艦がくっついて走る。 先頭艦は適宜変針していくと後続艦はその航跡に外れないように続航する。後続艦の変針転舵のタイミングが外れると大きく先頭艦の航跡を外れてしまう。このあたりの技量が問われる訓練だ。 ほとんどの実習幹部は乗艦前に学校や内地巡航時の乗艦訓練で経験しているので、結構上手にこなす。時にはやや感の悪い実習幹部も居て航跡が外れそうになると操舵員が上手に舵を案配して、航跡に載せてやる粋な計らいを見せることもある。 戦術訓練にはこのフォ−メーションの他に基準艦の正横や斜めの角度等の定められた距離に占位する陣形も有り適宜訓練種目を変えて訓練が行われる。艦隊訓練のこれまた定番訓練であり、艦艇乗組み幹部には必須の技量でもある。自分の転舵号令で上手く変針航跡にぴたりと乗ると気持ちのいいもんだ。 戦術訓練はほとんど毎日の訓練項目である。遠航終了時には、操艦にも自信がつくほどになる。 夕方映画上映有り。フランキー堺主演の逆転旅行 あまり笑いすぎて頭が痛くなった。 続く

遠航15日〜18日 訓練訓練又訓練
遠航15日目 艦内飲酒はまだかいな
毎日同じような訓練ばかりで、艦内ややだらけ気味。 こんな時にはちょっと飲酒許可を与え士気の高揚を図る必要がある。と思うがむりか? 第2士官室の話は専ら土産の話し、宝石を買う豪華な話などが出るが、実際のところはどうだか? 本日の訓練、防水訓練、机上対潜訓練、応急操舵、各科訓練4本建て。 時刻帯変更V 針路090度速力15ノット変わらず。 つづく

遠航16日目 鯨発見
天候曇り、天測が出来ず、実習幹部は喜んでいる。進1海尉も当時はそんな気分だった。 当直時、鯨を見る。2乃至3頭がゆっくり並んで泳いで、1000ヤード程のところで姿を没す。ソーナ室に鯨の方位と距離を伝え、聴音をさせる。状況が良いと鯨の泣き声などが入るそうである、測的訓練にもなる。 今日は何も聞こえなかったようだ。鯨が居ると広い洋上でも気を付けないと鯨を艦が乗り切る事がある、乗り切られる鯨も痛いだろうが、艦も艦底のソーナードームなどに疵が付くから大変だ。出来るだけ離れるように針路を変えたりして事故を避ける。 夕刻映画を見るが余り面白くなく、途中で止めて室に戻る、2時〜4時のワッチのため早目に寝た。 本日の訓練戦術運動、机上対潜連合訓練、防水訓練あり。机上対潜連合訓練は、夕月とチームを組んで、作図上の仮想潜水艦に対して捜索探知、追尾、攻撃等の一連の行動を演錬する。シナリオに従って実際に艦を運動させる場合と、単にログの航跡自画器作図上での訓練で艦の運動を伴わない時もある。航程に余裕があれば艦の運動もそれに合わせて運動するが、今はそんな余裕はないので、作図上の訓練である。 この訓練には指導官が航空機部隊となったりして、航空機との協同作戦などを現出させて、交話法などの訓練も出来るので、バラエテイに富む訓練である。 訓練のうちでも実習幹部は喜ぶようだ。ただしCIC室の狭い所に大勢が入るので、息苦しいし、海がかぶっていたりすると結構しんどい。 つづく

遠航17日目 射撃準備は大忙し。
防衛庁の新しい長官に増原元長官が任命された。この人事は田中内閣に対する野党の最初の攻撃の目標に成るのではないかと懸念する。 礼砲の立て付けが行われた、訪問国では礼式に則り礼砲を交換する。例えば国家元首には21発の礼砲を撃つが、正確に5秒間隔で2基の砲で交互に撃つ、勿論空砲。 こちらが打ち終わると相手からこちらの資格に応じた数の答礼の礼砲が撃たれる、所謂国際慣行になっているから礼砲発射途中で発火停止などあってはならないので、整備もしっかりやって、試験を済ませておかなければならない。 砲術科は忙しい。おまけに明日は水上射撃とBF(ボホーズロケット)射撃があるので、砲の整備に総員がかかっている。 大砲は撃てば弾が出るとは限らない、中には塘中弾と言って発火せずに砲の筒の中に居残るひねくれ弾が出る事もある、発火機構の不具合でそうなる事もある。この不発弾が出ると厄介だ、暴発の危険もあるので、しばらく筒中でそのまま冷却を待って、そろりと引き出し、海中に投棄する。こうなると射撃どころでないので、射撃指揮官はとにかく全弾が無事発射できるように整備に念を入れさせるし、お祈りもする。 勿論標的目標に当たればこれに超した事はないが、それよりも無事全弾発射完了が第一だとおもうのだ。(砲雷長ごめんなさい) 砲の整備もあり艦の訓練は静かな運動の少ない訓練に終始。 明日の射撃が無事終わる事を祈りつつ休む。気温19度ここ1週間涼しくて快適な航海である。 つづく

遠航18日目 最初の実弾射撃始まる
絶好の好天気に恵まれた射撃が行われた。内地巡航時は射撃と言えば雨なのに。付きが変わったか。砲雷長のお祈りが利いたのか。 遥かかなたの仮想水上標的に向けて3インチ砲の発射である。轟音とともに標的付近で、水柱があがる。遠すぎた、次発はちょと近い。次は当たるかと思うが、これが当たらない。夕月が標的を引いて走るので、目標は当然動く、こちらも動く、当たる方が不思議と思う。が矢張りコンピュータ制御の射撃指揮装置だ、そのうちに標的の旗に当たって旗が千切れるのが見える。標的が小さいのにお見事。 幾度か水上射撃を見てきたが、なかなか当たらないものである。かって護衛艦に乗っていた時、臨時に射撃監視員として砲台の中に入って砲口監視と言う役をやった事がある。射撃は砲口監視員の「砲口良し」の報告がないと撃てない事になっている。砲口良しは砲の向いている先にに目標があってそれ以外の方向に向いていないかどうか、監視員の報告が重要である。でもその時は視界が狭くて良く見えない、目標も良く見えなかったが、急がないと射界制限になって撃てなくなるので、えいままよと、砲口良しと報告し射撃を開始させた事もある。後で考えれば砲台内の射撃員たちは、専門でない幹部の言う事なんぞ信用していなかったのだろうと思った。 初めてをみたBF(ボホーズ)発射も無事終了した、ボホーズのロケット発射はすごい轟音がする。艦橋のウイングに居ると噴射の爆風が熱く感じられる。。 水上射撃は不発弾もなく無事終わった。砲雷長、水雷長もご苦労さんでした。 つづく

遠航19日目 当てが外れた休養日課
きょうは休養日課である、のんびりできると思っていたが、そうは問屋がおろさない。午後から霧が出て来て本当の霧中航行になってしまった、米大陸に近くなったせいか、行き会い船が多くレーダーに写る、こうなると訓練と違って、緊張感も高まる上に、忙しい。結構疲れるワッチとなった。レーダーにsent cruz島が入り出した、サンデエゴがちかくなった。やれやれやっと来たと言う感じがする。今回の航海は10日間の航程だから帰りのパールハーバ〜横須賀間の13日に次いで長い航程でもあり、随分長い航海だったと感じる。明日は沖合いに仮泊の予定だ、なんとなく艦内も騒がしい。 気温が低いせいか、風邪を引いたようである、頭が痛く具合が悪い。ここまできて風邪でダウンはないだろうと医務室から風邪薬を貰って呑む。そう言えば艦内も風邪患者が多い、気候の変化が大きいので風邪を引きやすい、一人がかぜを引くと艦内蔓延する。なにしろ密閉された艦内で、エヤコンで風邪をぐるぐる回しているようなものだから。 早めに部屋に引きこもり寝ることにしよう。 続く

遠航20日目 初めての飲酒許可
0740 point Loma岬沖に仮泊。 幸いにも視界は5哩程有りサンデイエゴの街もかすかに見える。如何にも軍港らしく、軍艦の出入港が多い。 初めて見る米大陸、矢張りでっかいやと感心する。ポイントローマ岬の突端には灯台がある、何でもスペインの旧式灯台だそうで、そこから眺めるサンデイエゴ湾の景色は素晴らしいそうである、多分寄港中におこなわれる史跡見学計画の中に入っているであろうからぜひとも参加してやろうと思う。進1海尉の実習員の頃の遠航はヨーロッパであったので、世界3大美港のナポリに入港した時、上陸して、湾を見下ろす高台まで一人で行ったのを思い出す、あの景色は今でも忘れられない、美しい湾であったがここはどうだろう。 艦は入港近くなると、大掃除を始める、明日の桟橋横付けに備え、艦の外舷や艦内のお化粧をやるのだ、10日程の航海でも艦はあちこち錆汚れが出たりするのでペンキできれいに直して仕舞う。何しろ日本国の代表であるから、米国人にみっともない格好は見せる訳には行かない、また在留邦人が期待して歓迎にきている、我が日本の威容を見せなければと、甲板員は一生懸命である。 遠航出発以来初めての艦内飲酒許可が出た。実習員は実習講堂で、乗組員は食堂で、乗組み幹部はそれぞれの私室でと、アルコール好きでなくても嬉しい一時である。皆出港前にそれぞれ自分の飲料酒を積み込んでいるのを、呑む訳だが勿論艦内の酒保にも販売はするが、今日のところはまだ自分ので十分足りる。先が長いから、皆さんその辺は計算して呑んでいるようである。進1海尉は酒は弱いほうであるがそれでもビールを持ち込んでいる。とりあえずカンビールで同室の船務長と乾杯した。 士官室では艦長、副長と同乗者(自衛官である事務官や、新聞記者などが遠航体験とか、記事報道で若干便乗している)が一緒にやっているようである。乗組幹部は敬遠してそこには加わらない。 明日からは入港行事で忙しくなる。 続く

遠航21日目San Diego入港
0900サンデイエゴ海軍基地ノブロードウエイピア桟橋に横付け岸壁には歓迎の米海軍関係者、在留邦人団体、軍楽隊などの人出でいっぱいである。ここは毎年のように自衛艦が入港しているので、日本海軍入港慣れしているはずだが、毎回大変な歓迎ぶりで、有難いことである。矢張りアメリカならでのおおらかさが有るのだろう、日本ではこうは行かない、内地巡航では神戸などでは入港拒否などや、入港反対の旗などで出迎えられた。 寄港地に入港すると、第一に行われるのが、司令官の表敬訪問に続いて、実習幹部の見学や、交歓行事である、何しろ遠航の目的が実習幹部の練成にあるのだから、入港すると実習員は神様である。きょうはここ明日はあそこと、いろいろ見学や交歓行事に出されて、忙しい。行きたくなくても行かなければならないところは可哀相ではあるが。しかしこの機会を十分生かして多くの人と接したくさんの史跡を見学してもらいたい、めったに無い機会でも有るし、海上自衛官実習幹部であるから見ることができる事が多いことでもある。 サンデイエゴは海軍の街、実に多くの米海軍の部隊、機関がある、第1艦隊の所在地でも有り、第11海軍区司令部や水陸両用戦部隊等18機関もある。また近くの岸壁には、モスボールされた戦艦やフリゲート艦がつながれており、いつでも再役できる状態だそうである。米国の底力を見せられた気がする、こんな国と良く戦争したものだ。 入港一日目は実習員につきあって市内見学、ポイントローマ岬のスペイン灯台を見学、サンデイエゴの町並みや湾の風景を眺め、帰路 Sea Worldに入った。広くて、奇麗、の印象、管理が行き届いてごみ一つ落ちていない、あちこち掃除夫が居て巡回している。清潔なので気持ちがいい。売店でコカコーラアを買ったがその量にげんなり、到底全部は呑みきれない。楽しいところでは有ったが、見学個所としては子供じみていてどうかと思う。入場料2$50¢、コカコラー75¢だ、ちょっと高い。何しろ1$360円だから。ポイントローマから見た景色はナポリほどではなく期待外れであった。 午後からはサンデイエゴ住人のトンプソンさんご一家にお世話になり市内見学や誕生会に招待されて楽しい一日であった。 サンデイエゴの街は緑が多い、名所のバルボアパークは博物館や美術館などが有りその一帯は感嘆するほど美しい、オールドタウンは古いスパニッシュ色の残っている街である、もう一度機会が有ったらおとずれて見たい町である。 トンプソンさんとお別れ明日の艦内一般公開でお会いすることを約束し帰艦する。 続く

遠航22日目一般公開
今日は一般公開である。広報部署が発動されて、艦内あちこちの案内板の設置やら昇降口の危険防止に網を張ったりして忙しい。進1海尉は当地での広報担当幹部に指定されているので責任は重い、一般公開中に見学者に怪我でもさせると大変である。広報員にその点に十分配慮するように指示する。 朝8時から早くも見学者が詰め掛けている、中には遠く離れた東海岸から飛行機で駆け付け日本海軍軍艦を見に来たと言う在留邦人も居ると言う。乗艦者1202名、お年寄り夫婦、や子供連れの方が多い。人種も邦人、アメリカ人、メキシカン有り、ヒッピー有り、中には「ノー○○」の娘さんが居て、艦橋にあがるラッタルの下で警戒補助に当たる広報員はにんまり。その場所をなかなか交替しなかったと言う。 進1海尉は広報指揮官だから、VIPを艦長や司令官に案内しなければならず、七面六臂の大活躍、お陰でブロークン英語ずれしたようだ。 昨日約束したトンプソンさん一家も来訪、早速特別に案内を買って出てあちこち怪しげな英語で説明して回る、解って頂けたかなと思うが、多分良く解らないまま見学されたのだろう。 一般公開は夕方5時で終了、時間を過ぎてもまだ岸壁に残っている人が居て、何とか見せてもらいたいと頼まれる。止むを得ないので、艦内乗組員の知人として訪問に来たことにして、人を付けて案内させる便法を使った。 何はともあれ事故無く終わりほっとする。艦長司令部に報告し今日のお役は終了した。 続く

遠航23日目初めての○○ノ見学
今日も午前中は昨日と同じように一般公開が有った、今日は進1海尉の当番では無いので直接広報には携わらなくても良いが積極的にPRに精を出す、実は午前中は実習幹部付き添いで一緒にデスニーランド見学計画になっていたが、先日のシーワールドで懲りているのでその役を、希望していたW幹部に押し付けた代わりに、罪滅ぼしに広報の手助けをしたのである。(実習幹部と付き添うとほぼ一日つぶされるのである) 実はもっと悪い企てが有って、午後の時間を使いたかったのも一因である。 横須賀出港以前から、話題になっていたのが、米国内のアダルト映画の話。遠航には数回行ったことのある乗組員の話では日本では見られないのが向こうでは見られると言う。サンデイエゴでもロスアンゼルスでもと言うことで、それならば後学の為に(本当は平助)行ってみるべしと、機会をねらっていたところ、幸い今日は午後から時間があるではないか。それではと、良友(悪友?)を誘っての出動である。 かような映画館はきっと場末の暗い所に有るに違いないと、思いきや、これがなんと堂々と明るい町中である。 ちょっと恥ずかしい気もするが、ままよとばかり2$を払い入場。 20人ばかりしか入場者は居ないようだ、席を決めて座ると目前に、写るスクリーン画面を見てびっくり仰天、8ミリフイルムそのママの画面がまさに上映されている。確かにアダルト映画であるが、その画像が実に奇麗で、まったくあっけらかんとしていて、卑猥とか、恥ずかしいなどと言う感覚を超えていて、何か芸術映画を見ているような感じである。こうまで人間の生態をあからさまにしていると、興奮とか、性欲とかの感覚が出てこなくて、妙に納得してしまい、すがすがしい気分さえする。廉恥とか恥じとかを人間の規範として考えている日本と表現の自由度の尺度の違うアメリカ文化との較差になにか違和感を感じるのは矢張り自分も日本人だからとなんとなく考え込んだ進1海尉である。 この種のものは8ミリで、隠れてこっそりというのが効果が有るのではないか、あまりあからさまで、堂々と映画館で上映されると、かえって興味が無くなるのかな、道理で観客も少なかったね、などと悪友と話しながら帰艦。これでまあ、話の種にはなる(あまり話せない?) 6時からは先輩の応急長とO補給士とともにシンプソンさん夫人(日本人で米海軍軍人と結婚米国に移住所謂戦争花嫁である)と会合、夫人のお友達(いずれも戦争花嫁)2人と一緒に夕食会に出かけた。途中サンデイエゴ市内ルート5を車で南下夕闇の街をドライブして頂き、メキシコ国境近くまで走ってUターンドライブ気分を満喫する。 夕食後はダウンタウンのSKYROOMで歓談適当にアルコールも入って、日本の話、こちらの話など弾み楽しい夜を過ごした。帰艦は夜12時である。本日は盛りたくさんの経験で充実した一日であった。お招き頂いたシンプソンさん他の皆さんに感謝しつつ休む。 続く

遠航24日目 サンデエゴ出港
慌ただしかったサンデイエゴ訪問も終わり、今日は次の寄港地パナマに向けて出港である、米海軍の軍楽隊のマーチ錨を上げてに送られて0900予定通り出港、出港時の支援の米海軍のタグボートの力の強さに驚く。3500トンある山城をいとも軽々と引っ張って岸壁から離してくれた、我が海上自衛隊ではこうは行かない、タグボートは、そんなに大きくはないし力も少ないのでいつも出入港の時は各艦苦労するのが当たり前のようであるが、さすが米海軍、シーワールドのコカコーラの量と同じすべておおきめである。 今度は針路を南に向け165度で南下、気温は高くあつぐるしい航海となった。 寄港地疲れか、訓練もきょうは少なく、平穏。次の寄港地バルボアまでまた明日から訓練の繰り返しである。 士官室での話題も、サンデイエゴでの失敗やら買い物の話でにぎやかである、そんな中でつまらぬ事が起きた。 在留邦人の方が仕入れてくれた、果物メロンの配分について、艦長から苦情が出たようで、その事で士官室一同皆不機嫌、お陰で実習幹部にそのとばっちりが行って彼等も気の毒な結果となった。何でも差し入れ頂いた果物は、勿論艦長宛であるが、その果物を士官室係が適当に配分してしまい、艦長には全部配られなかったので、ご立腹されたとか。 なんともつまらないお話。 サンデイゴ出港第1日目はそんな事で暮れた。 続く

遠航25日目艦上ダイエットは駆け足
海上模様は平穏で漣一つ無い鏡のような海面である、海豚の群れが現れ艦と並行して泳いでいた、100頭ほどいたようだ、艦のすぐ横を群れをなして泳いでくる、海面に飛びあがりながら、艦と競走するかのように泳ぎ艦を怖がらない。艦は12ノットで航走しているが海豚は艦を追い越す速力で泳ぐ。 艦は戦術運動訓練中なので、あちこちと変針するが、艦の動きに合わせて、海豚の群れも変針してくる、まるで艦を鯨の仲間と間違えているかのようだ。海豚は知能も高いそうだから、なにか大きいものと共に行動することに利点が有るのかもしれない。 本日の訓練は戦闘応急訓練が有って、この訓練時は食事は戦闘応急食と言って特別に作ったおにぎりとか、缶詰食になる、これが結構美味しい、艦の食事はカロリーの高い食事が多く、肉類がどうしても多くなる。メニューもだんだん変わり映えしなくなってくるので、いささか通常食に飽きていたから、おにぎりの応急食は久方ぶりに美味しかった。 海上勤務は運動不足と高カロリー食でどうしても肥満化する。時間を見て甲板上を走りダイエットするが、あまり効果はない様だ。 夕日がしづかな海面に写って絵の様な美しい光景を演出してくれる。ワッチの合間に夕日の沈む光景をカメラに収めた。 退屈な航海でもこんなひとときは遠航に参加して良かったなと思う。少し感傷的な気分の進1海尉である。 続く

遠航26日目飛魚はジャンプの達人
昨日8ミリカメラのフイルム装填が不具合で、動かなかった様だ、改めて今日は飛魚の様子を撮影した。カメラを構えると飛魚は飛んでくれない、カメラを止めると飛ぶのだから、意地の悪い魚だ。 海豚と同じに飛魚も結構の速力で泳ぐ、其の上空中を鳥のように飛ぶから見ていても飽きない。飛距離もなかなかたいした物だ。 きょうは漁労戦で戦果が有った様だ、30センチくらいのシイラがかかったようである、士官室の夕食には出なかったから、多分CPO室の連中の腹中に収まったのだろう。CPOは下士官の最先任海曹で、何でも良く知っているし、器用な人が多い、釣りの名人、手芸の名人等多才だ。CPO室には各分隊の先任海曹が入っていて、艦長の次に偉い(階級ではなく艦内の自由度は)から、ここと仲良くしないと士官は苦労する。部下の指導もCPOを上手く活用している士官は部下の評判も良い。 きょうは休業日課、特に変わったことも無く平凡な一日であった。 続く

遠航27日目第二回目のエンスンデイ
第2回目のENSIGN Dayである、まだ未熟なところが有るが、総じて円滑に実施できるようになってきた。実習幹部の練度も確実にあがって来ているようである。 通信長の進1海尉は艦の乗組み幹部の仕事の外に実習幹部の指導官にも指定されている、艦の乗組み幹部全員がそうだが、それぞれ職種に応じて、訓練の指導をやるから、実習幹部の一人一人とも接触する機会が多い。できの良い実習員も居ればちょっとのんびりやの実習員も居るが、皆それぞれ個性が有って面白い。実習幹部には専属の指導官付がいて、江田島の候補生学校の教官指導官から引き続いて実習幹部とともに遠航終了まで付き合うことになっている。彼等は主として艦内生活について直接実習幹部を指導するが、訓練指導は艦の乗組み幹部が実施するようになっているので、実習幹部としては、艦の幹部より専属の指導官のほうが親しみ易いようだ。 艦橋のワッチの時には、実習幹部当直士官として、艦の当直士官と一緒に当直に入る、暇な時は艦の幹部と雑談もすることも有るが普通は、仕事以外黙っているほうが多い。進1海尉も実習幹部の時の艦の幹部は恐かったし、艦橋ワッチの訓練が終わるとホットしたものだ。そんな事から進1海尉はできるだけワッチの時は彼等と話をするようにしている。もっとも艦長や、司令官が艦橋に居る時はできないが、夜間などは艦長も、司令官もお休みの時がある。そのような時には、出来るだけリラックスさせてやることにしている。 今夜のワッチは静かで気分も良かった。 続く

遠航28日目サウナの艦橋
早朝彩雲を見る。太陽の昇る方向の雲が緑色に輝いている。原因は虹と同じで雲に反射した光のうち緑色が特に強く見える、また遠くで雷光が見えるがこんな気象条件の時出るようだ。初めて観測したがあまりに緑が濃くて不思議な感覚がした。 時間が経つにつれて、気温水温ともに急上昇、気温31度水温も31度である、夜間でも気温28度、湿度83%艦橋にいても汗がじっとり出てくる。 風は艦尾からで無風状態、艦橋内は蒸し風呂である。午前中に雷雲の中に突っ込み若干の雨を受けたが艦内の温度下がらず、冷房は海水温度が高くてさっぱり利かない。 水道の蛇口をひねっても出てくるのがお湯である。 続く

遠航29日目連日のサウナはもう結構
相変わらず艦橋は蒸し風呂である。水温31度を超えた、気温28度〜29度湿度87%。しんどい一日。 この暑さの中で応急操舵訓練が有った。舵取機室内の訓練はさぞかし暑かっただろう。 司令官夕月にハイライン移乗。 現在の練習艦隊の針路は114度で東進、北米大陸から南米大陸沿岸に差し掛かっている、このところ西北西の風が卓越しているのでしばらくは艦尾からの風で相対風速ゼロの日が続く。 続く

遠航30日目ボトルシップに挑戦
出港以来艦内では長い航海の無聊を慰めるために、手芸品作りが盛ん、ボトルシップや、人形作り、ミニチュアの城や五重の塔、種類もいろいろで細工は素人とは思えないほど精巧で見事な作品が多い。 進1海尉も下手ながら、ボトルシップに挑戦中、狭いビンの口から船の帆や帆綱を掛けるには道具をいろいろ工夫して自作、針と竹ひごなどで糸かけ道具を作る。一日の製作工程はわずかづつなので完成は何時になるかか解らないが、まあ帰国までに作れば良いとのんびり構えている。 まだ遠航が始まったばかりなのに、早くも帰りの斡旋物資の注文取りが始まり艦内は一時その話題がにぎやかである。主に無税となる酒類の注文だが、酒類は無税4本までとなっている、一応ナポレオンとか、ジョニ黒など計4本を注文、その他コーヒーを少し追加した。あまり資本に余裕が無い、外貨交換は200$までであるから、その範囲内でしかドルはない、日本円で7万2千円、夏期のボーナスのおよそ半分である。これ以上の小遣いは我が家庭では無理である。やっとこ大尉の経済はこんなところである。 夕方次の寄港地で出すべく家族あての手紙を書く。 針路114度速力15ノット東進続くが気温少し下がってきた。 続く

遠航31日目日本商船と出会う
カリブ海にある高気圧の吹き出しが有り、15メートル位の風が吹く。お陰で艦橋は涼しい。1600頃から左手大陸側にコスタリカの陸岸が見え始めた。付近には日本漁船がいて操業中である、こんな所まできているのかと感心する。川崎汽船の商船と行き会う、商船が艦尾の旗を下げて敬礼している、本艦も夕月も艦尾の旗を下げて挨拶答礼する。このような所で日本船籍の船を見ると矢張り嬉しい。きっと川崎汽船の乗組員も同じ思いであろう。昔スエズ運河を通った時、運河の浚渫をしている日本の船から日章旗を振って我々練習艦隊を見送ってくれた光景を思い出した、その時はなんとも言えない気持ちになって自然と目頭が熱くなったことを思い出す。 午後の訓練の合間を使って、実習幹部と一緒に艦上体育を行う、少し無理をしたようであちこち痛い、明日あたりはもっとひどくなりそうだ。 本日の訓練は防火訓練、霧中航行訓練。一路東進、バルボアへ。続く

遠航32日目バルボア近し、亀発見
左舷に島影を見ながら一路東へ。バルボアまであと僅か。大きな亀が2匹艦の前を悠々と泳ぐ、取り舵で躱す。体長2メートルほどもある亀だ、南に来たという感じがする。亀といえども走っている艦と衝突すると亀も痛いだろうが艦にも傷がつく、へたをすると船底のソーナードームを壊すこともある。浮流物と一緒で出来るだけ避けて航行するのが安全というものだ。 海豚も多く見られる、海の色も少し緑がかって来て、暑さを感じるようになった。海上は平穏だが暑い。夕方山城劇場の映画「夫婦善哉」を少し観劇、部屋に帰り手紙の続きを書く。 夕食後第2士官室の話題は前回のメロン事件と同じくこんどはビール配分事件が有ったようで、補給士が被害者らしい。まったく変な将官連である。皆ストレスが溜まりつつあるようだ。明日はいよいよ寄港地の仮泊、パナマ運河も近し。 続く

遠航33日目フラメンコ沖仮泊
いよいよ中南米である、午後1時30分フラメンコ沖に投錨ここはパナマ運河の入り口である。通峡待ちの商船が5〜6隻ほど仮泊している。はるかに大きな橋が見える、アメリカンブリッヂ(Thatcher Forry BRIGE)といい、運河の入り口に当たる。あの橋の下をくぐって運河に入るのだそうだ。 仮泊地から見えるパナマの街は近代的なビルや建物の間に寺院やスペイン風の家が建ち並んでいる。運河の入り口は見えないが、その昔レセップス卿が運河を作ろうと思った時どのあたりの海上から眺めたのであろう。残念ながらレセップス卿は、完成に到らなかったが。 明日はバルボア港に入港する、バルボアには米海軍第15軍管区がある、そこのロッドマンピア(桟橋)に横付け予定である。今日は休養日課となった、夕食後飲酒許可が出て皆疲れも取れたようだ。 明日は入港と同時に一般公開が有るが、ここは日本人はほとんど居住していないそうであるから余り見学者はこないと予想している。バルボアには遠航の帰路にももう一度入港ことになっているが当地の停泊は3日ほどで短いから余り多くは見学出来ないかもしれない。 時間のある限りあちこち見聞して置こう。 スエズ運河、キール運河に続いて、パナマ運河を通ることになった、世界三大運河を通過することは誰でも出来ることではない、この職業を選んだ甲斐が有ったものだ。何やら嬉しくなった気持ちの進1海尉である。 つづく

遠航34日目バルボア入港
早朝6時30分仮泊地出港、入港時名物のスコールに見舞われたが7時45分にはロッドマンピア横付け完了。さすが米軍管理だけ有って奇麗に整備された桟橋である。基地内も緑が多く公園のような感じの環境である。 練習艦隊司令官主催の昼食会が艦内で行われ、バルボア海軍区司令官、在パナマ今井大使等と一緒に食事をする事となった。メインデッシュは魚、上品な味付けだったが、決して美味とは言えなかった、それに司令官やVIPの中で緊張して取る食事は味がしないものである。 夜は大使公邸で公式レセプションが行われ、幹部及び実習幹部が招待されたが進1海尉は出席せず、夜の街を探訪する。 タクシーを利用しての短時間であったが、CANAL ZONEとパナマ市内の貧富の差を到るところで目にした。運河の使用料の外確たる産業も無いパナマとしては経済的にも政治的にも強大国の圧力下で国を維持するのは困難な事と想像する。 近年は民族意識が高まりつつあるようで、幹部、実習員とも外出時にトラブルに巻込まれないようにとのお達しが有ったが町中を車で走っただけであるが、特に不穏な事も無く静かな町であったように感じる。パナマ人も日本に対する関心も特にもたないようである。本日の一般公開も見学者は少なかった。 つづく

遠航35日目貧富の差激しいバルボアの町
本日は午前中市内見学に参加、アメリカンブリッジを渡りパナマ市内の目抜き通りを経て、フランス広場へ。フランス広場にはフランス大使館が有る、その前にある像は何とレッセップスの像。こんな所にも、ヨーロッパの力の残滓が消えずに残っている、日本とは大違いだ。 バスの中から見る風景で特に目に付いたのは、貧民窟のようなパナマ人の住宅である、それと対照的に美しい寺院や、スペイン調の建物、これらが混在しているのがオールドパナマである。パナマ大学を経て帰途に就く途中に見える風景は、スペイン風であるが米国管理下のCANAL ZONEの管理された景色との違いに今更ながら感嘆する。ここにも貧富の差の際立った違いを見せ付けられた。 見学先にミラフロレス閘門が有った、ここは運河の太平洋側の観光場所であるようだ、パナマ運河は約50マイル(93km)の長さで北西から南東に掛けて作られている。太平洋側から大西洋側にぬけるには先ずこのミラフロレス閘門によって船は54フイートあげられる。そこからミラクオレス湖に入り、次のペトロミゲル・ロックで更に31フイートあげられる。 次いで運河工事最難のガツン・ロックで85フイートあげられて漸く大西洋側のクリストバルに出るのである。(以上は寄港地参考資料による。) 明日はいよいよこのミラフロレス閘門を行くのである、随分と狭く感じるが、大丈夫かなと思ったりもした。 それにしてもこの運河管理地帯の広大さは、なんとも形容のつかない感じがする。日本人がもしもこの運河を作ったとしても、運河の管理にこのような広域性、空間感覚を持った管理体制や設備を持つ事は到底考えられない。残念ながらせいぜい運河の両岸に松並木を作るぐらいだろう。矢張り大陸人種のもつ資質が根本的に島国人種と異なっているからだと思う。経済的に少しばかり豊かになったとしても、日本が世界のリーダーになるにはなにか欠けているものが有るように思う。それをこの航海で見極める事が出来るだろうか。 自然を相手に力を尽くした、人間の力とこの人工設備のもつ重みについて、改めて感動した一日であった。 続く

遠航36日目パナマ運河通峡
1015バルボア港ロッドマンピア出港、1115昨日見学したミラフローレスロックに入りいよいよ運河通峡開始である。 記念すべき通峡に幸せにも当直士官に当たった。貴重な当直だ。艦橋は勿論司令官、艦長の外、首席幕僚やその他の司令部幹部、本艦の航海長などでいっぱいである。艦全体も運河通峡部署などはないが、それに準じた狭水道通過時に発令される、航海保安部署が令されているので、上甲板にはその要員が配置されている、航海当直中の実習幹部は旗甲板でカメラや、ノートで記録に余念が無い。機関室内の幹部は時々上まであがって来て外の様子を見ている。 艦の操艦はパイロット(水先案内人)が操艦号令を出し、そのとおり乗員が舵や速力の管制を行うが、ここのパイロットは優秀である。無駄口を利く事も無くはっきりした口調で号令を掛け、安心できる。ヨーロッパ遠航時、スエズ運河を通峡した時は、パイロットが操艦中にアラーに祈りを捧げるのにはびっくり、艦長がかりかりしていたのを思い出した。 運河両岸の景色は森や陸地が連なった丘陵で、キール運河のような牧歌的風景はない。人家がまったく無いから、運河なのか湖なのかはっきりしない。 1200ゲイラートロックに入る、ここは最難工事の岩場であったところで、左側(北側)の岩場にはこの工事を担当したゲイラート大佐の偉業を称えるレリーフが有る。 ミラフローレスロック、ゲイラートロックとも艦の入閘出閘のオペレーションは見事である。ゲートの開閉などは自動的であるから、多分コンピュータ制御かもしれない。 大西洋側に近いガツン湖は淡水であるので、甲板員は湖の水を使って甲板掃除を始めた、普段は真水の制限で、十分な掃除が出来なかったので、喜んでいる。 運河の通峡時間は5時間36分であった、これは過去の遠航時の通峡時間の最短記録であるそうだ。 無事に運河を出てカリブ海に出たとたん、高気圧の吹き出が連吹しているせいか、艦はうねりで大揺れである、久方ぶりの動揺で若干気分が悪くなる、遠航出発以来海上平穏に恵まれゆれが無く、自然と身体が怠けて来ているようだ。 明日はコロンビア共和国のカルタヘナに入港する。カリブ海の御出迎えは厳しかった。 つづく

遠航37日目カルタヘナ入港
パナマ運河を抜けてからカリブ海に入った途端うねりが大きく昨夜から揺れつづけで疲れる。海の男も矢張り海は静かなほうが良い。 いよいよ南米だ、今日は南米最初の訪問国コロンビア、首都はポゴタだが練習艦隊の入港地はカルタヘナの港。港は外海から遮蔽されたコロンビア北岸における一番安全な港だそうである。入港針路方向に二つの島が見えるがその間が湾への入り口だでなんとも狭い水道で、近づいてみると幅200メートルあるかないかの狭水道、両岸が舷側に触れないかと思うほどである。中に入ると、鏡のような海面、外海のうねりや波も島で遮られて、うわさ通りの良港であった。 1430入港、係留岸壁も大きくて立派である、ただ人影が無くシーンとしていて、港らいしところが無い印象を受ける。 湾内から見える町は、16世紀のスペイン風で、お城があちこちに見え、まるで観光地に来たみたいである。コロンビアは、15世紀末にスペイン人が上陸以前はインデオの国だったが、16世紀初めにコロンブスがきて、その名をとってコロンビアと呼ばれるようになったそうである。その後スペイン植民地となってきた名残も有って、ここカルタヘナは到る所に砦や城が有り、町の城壁と言うか囲いも石垣で作られている。狭水道の両岸にも砦が有って、海賊からの襲撃を防いだなごりのようだ。C.S. フォレスター のホーンブロア提督の海洋小説を思い出させてくれる風景である。 見たところ街は近代的建築物とスペイン風寺院や、住居、お城と混在した格好だが、道路などは広く近代的なところもある街であるようだ。明日は街を見学に行く事にする。 続く

遠航38日目スペイン語にはお手上げ
艦は特別公開で街のVIPやコロンビア海軍関係者の艦内見学が行われた。終了後市内見学に行く。 パナマ市でも見たがここでも貧富の差が激しいようだ、艦が横付けしている岸壁にも物売りの小船が寄って来て、貝殻やワニの剥製を売りにきている。売ると言うより商品価値が無いので物物交換である、最初は艦の石鹸や、たばこと交換していたが、やがて交換品もシャツや靴と言った日用品が喜ばれるようになった。貝殻はコンキタなんとかと言う法螺貝に似た大きな貝殻で、磨くと奇麗な装飾品になるそうである。この貝も最初は1個1$(21ペソ)と言っていたのが交渉上手な乗員にかかると5個1$10個1$になるから面白い。 練習艦隊が入港した事で、この街の通貨基準が変動したようである。コロンビアでは42%が文盲であると言う、艦の近くにたむろしていた大人達は、何を仕事としているのか解らないが、乗員が子供にあげたものをすぐ取り上げるものがいる。また顔を見るとすぐものをくれくれと言う。その中で軍人はエリートなのだろう、しっかりした応対をしてくれる。 カルタヘナの街はnewTown と oldtownに別れていて、downtownはoldtownに有る。 300年前の城壁にかこまれ小さなストリートが交差した暑くて雑然としたoldtownである。San Felipe Barjas Castleは城跡のみ残っていて、史跡公園のようであり、入場料を取っていた。城から見渡す景観は素晴らしい。San Pedro寺院は18世紀の初めに建てられた古い建物で、現地の水兵さんの案内で中を見せて頂いた。 Downtownは狭いストリートの両側が商店街となっていて、毛皮、民芸品を売る店、食料品店、化粧品店、極小百貨店や、アメリカ系シアーズなどが有ったりして、なかなのか賑わいである。毛皮店では牛の皮1頭分が約18$ぐらいである。 ドル交換の子供が居たり、たばこ売りの子供が居るところなどは東南アジアのペナンのようである。 買い物をしようと思っても公用語はスペイン語であるのでさっぱり、結局絵葉書を少し買っただけで今日の見学を終わる。それにしても暑い国である。 続く

遠航39日目暑い国コロンビア
今日は一般公開である、例によって広報部署が発動され、一般見学者の来訪を待つ。 昨日も特別一般公開が有った、ところが昨日の公開で盗難事件が有った。乗員のカメラが無くなってしまった、ちょっとした隙にやられた様だ。事前に注意をしたのだが、警戒過ぎるほど警戒してもこのありさまである。警戒員を特別に出しているのだが、まだまだ甘いようだ。 見学者は結構多く、人種多様で言葉もスペイン語(勿論解らない)有り、英語(これは少し解る)、ポルトガル語など様々。 言葉は分からないが身振り手振りで意志は通じる、特にセニョリータには実習幹部も親切に案内を買って出る。彼女達の中には裸足の子もいるが、艦の甲板は暑いが大丈夫なのか? 南米最初の訪問国コロンビア共和国カルタヘナの印象は暑いの一言に尽きるようだ。ただこの国は気温的に地理が3区分されていて、熱帯、温帯、寒冷地と有り、面積も日本の3倍もあるそうだから、ここだけの印象だが。 夕方艦上パーテイが開かれた、練習艦隊が入港した時現地新聞社などが記者会見を行ったり、市中目抜き通りを日の丸の旗や自衛艦旗を先頭に実習幹部や乗員のパレード行進した結果、在留邦人や、現地商社員、官庁等から参加が有りパーテイはにぎやかであった。 明日は次の目的地ブラジルの地方都市レシフエへ向け出港だ、進1海尉はおり悪く腰痛で、おまけに腹痛でダウン寸前である。 続く

遠航40日目から49日目赤道こえてブラジルへ

遠航40日目
0900コロンビア海軍軍楽隊の歓送演奏を後にカルタヘナを出港。この街の印象はなにかよそよそしく冷たい感じがして余り好印象ではなかったが、矢張り出港時ともなると、岸壁の見送りや、日本人らしき人の打ち振る日章旗を見るとちょっぴり別れの悲しさが浮かぶ。 カルタヘナの港外に出るとうねりが大きい、大西洋は波高し、きっとカルタヘナで精進の悪いものがいたに違いない。 艦は3300tonもあるのにうねりが大きいので結構揺れる、嵐と違って船底を打つような波の衝撃などはないが、縦揺れがある。艦の針路は67度ほぼ東北東でちょうどうねりと、波の方向と一致していて、艦はうねりを分けるように進む。真向かいのうねりの影響で航程が遅れ気味となるので、やや速力を上げ15ノットで進む。遠航中の平均速力は12〜13ノットであるから3ノットの差はたいした事はないように思えるが、さに有らず、波浪に当たる衝撃が結構強く時折波しぶきが艦橋の窓まで飛ぶ。勿論上甲板は危険であり、上甲板に出るなの艦内拡声器が令されるほどである。 艦の動揺が有るからではないだろうが、例によって司令官殿が癇癪をおこされ、司令部付の当直幹部は辛いようだ。艦橋回りではなるべき近寄らないようにしている。 進1海尉は寝冷えの為腹痛有り元気無し。
遠航遠航41日目
海上模様は昨日と変わらず、ENE〜Eの風30ノットが連吹し、15ノットでは波しぶきを大幅にかぶるので12ノットに速力を落とす。 12ノットに落とすと動揺の程度は少なくなったが、海上模様の悪化の為、予定していた訓練はすべて取りやめ、航程の後れを取り戻す為、練習艦隊はただひたすら直進する。 自然に逆らう事は海上では愚の骨頂、自然の力には耐え忍ぶことがシーマンの知恵である。 遠航遠航42日目
漸く海上模様も平穏となった、訓練の再開である、防火訓練や占位運動訓練、机上対潜訓練など、昨日以来出来なかった訓練は、しっかりと実施される。 一方士官室では幹部会同(要するに会議である)が行われた。幹部会同は各部署での報告事項がそれぞれの担当幹部から報告され、艦内の風紀や各所掌業務上の問題点などが検討されたりする。今回は主として入港中の幹部の当直体制について検討が行われ、いろいろ討議されたが、なかなかまとまらない。誰でも入港中は当直よりも上陸したいものだ、普通の艦では副長の鶴の一声で決定するのが当たり前だが、練習艦は、遠航の為乗員は1年ごとに半分入れ替わるし、幹部は90%が新しく乗組んでくるので、所謂艦特有の気風や伝統が形成しにくいし継続されない嫌いがある。 そんな事で士官室内でもいろいろ確執が有るようだ。入港時の当直はさて置いて、これからいよいよ南米諸国に入港する、おそらく自分にとって最後の外国見聞になるのだろう、心に残るものを見、それを子供達に伝えてやりたいと進1海尉は思う。 夜の自室でコロンビアで買ったコーヒーを入れてみる、大変結構な味である。(いつもはインスタントしか呑んでいないからだが)
遠航43日目
第3回のエンスンデイである。実習幹部の実施項目もだんだんと高度になって来て、手際も良い。後もう少し準備に力を入れれば上出来だ。 艦内では来るべき赤道祭や、艦内娯楽大会の準備が始まっている。娯楽大会ではキャロムの選手に出されるらしい。士官室ではカルタヘナでの例の貝の話が出ている、O補給士の貝は土産品になるほど奇麗に仕上がっているらしい。後で拝見する事にする。 午後には、ヘリ甲板で隊歌訓練が有った。音楽隊の演奏付である。吹奏楽団をバックに大声を上げて歌うのであるから気分は良い、ストレス解消になる。何しろ回りは海、どんなに大声でも迷惑はかからない。1時間ほどやると腹が減る。アルコールは無いし健康的である。ただし音楽的な楽しい情緒はまったく無い、あくまでもこれは訓練なのだ。 先日までの後れを取り戻す為に、速力16ノットにUPした。 1800〜2000の間にトリニダート・トバコ島の正横を通過する。レーダーでしか見えないが小さな島が点々と写る中でそれと判るほどの大きさでレーダー画面に出ている。ここらは南米大陸のちょうど右肩あたりに当たる。往路第一の長航海の約3分の一ぐらいの位置である。針路はまだしばらく東南東116度に向けてすすむ。
遠航44日目
艦内バレーボール大会予選が始まって、ヘリ甲板では熱戦が繰り広げられている。海中に落ちたボールも2個を数えた。 訓練の合間を縫っての試合で各部忙しい様だ。中でも赤道祭の準備でCPO室は忙しいようだ、室を覗くと、ロープの切れ端を解いていた。何に使うのかと聞いたら、赤道赤鬼等の髪の毛だそうである。 太陽黒点が異常に大きく見える、太陽の真ん中に大きな黒点が一つサングラスを通して肉眼でも見えるほどである。こんな時は電波伝播に影響がある。空間波が電離層を突き抜けて届かない事が多い。昨日から通信状況が思わしくないのも、太陽黒点のせいでろう。おまけに艦の主送信機が故障した。悪い時には悪い事が重なるものである。
遠航45日目
送信機の故障は復旧した。科員が徹夜で修理してくれた結果である。優秀な部下を持つと幸せである。 艦内バレーボール大会予選で第一士官室チームは乗員補給科チームと対戦、接戦の上敗れる。 今日は海上平穏、気温は27度で快適である。太陽黒点の影響で、10MHZ以上での通信周波数は東京からの感度がまったくない、通信杜絶の状況だ。しばらくはこの状況は続くかもしれないと電信室にワッチ強化を指示する。 本日の訓練献立、ハイライン、防水、溺者救助、応急操舵、と盛りたくさんだが順調に終始。
遠航46日目
通信杜絶の状況も0800頃から回復、次第に空間状況も良くなってきた、ノーフォークの通信所と連絡が取れて電報の処理を行う。 本日は訓練射撃、訓練投射が実施され海上模様の平穏お陰か無事終わる。訓練射撃も大変だが、訓練投射はB/F(ボフォ−ス)ロケット弾の発射であるので、これまた準備が大変だ。海上自衛隊の訓練用弾薬の割り当てはお話にならないほど少ないから、そう度々は実弾発射は出来ない。必然的に訓練は手続きのみになり実弾発射の機会がえられないまま、初めて実弾発射の乗組員も多い。そんな中での実弾訓練は、慎重にも慎重を期してその成功を願わずにはいられないものである。投射訓練には水中標的が必要となるので、標的を投入する運用作業も大変である、重量のある巨大な鉄製の標的を浮標とともに海中に設置するので、結構大掛かりな運用作業である。今日は進1海尉と同期の本艦W水雷長が主役、投入から投射、標的揚収まで責任が重い。無事全作業が終了し幸いである。僚艦の夕月でも無事終了したようである。
遠航47日目
艦内娯楽大会の始まり。囲碁、将棋、輪投げ、キャロム、それぞれ各班ごとに選手を出して、トーナメント方式で優勝を争う。本日は午前午後とも娯楽大会の日課である。 進1海尉はキャロムの士官室チームの一員として出場、緒戦で惜敗ざんねん。幹部では副長が囲碁で優勝したらしい。長い航海こんな日も有って良い。
遠航48日目
16時10分19秒赤道通過。西経37度15分針路120度速力12ノット。 海上はやや南西の風浪強く、うねりも有るが総員無事赤道まで到着だ。艦上では赤道祭が行われた。巫女に扮装した実習幹部に艦長以下士官室一同正装でお払いを受け、乗員が仮装した赤鬼青鬼から艦長が赤道通過の鍵を頂いて、仮に作った赤道の門を開けると赤道を通過したことになる。以後は喉自慢大会が有りなかなかの盛況だ、喉自慢、芸自慢、の役者が多くて皆大喝采、大爆笑である。中でも音楽隊員のマリリンモンローや、ビキニ美人にはやんやの拍手、ちょっぴり日本の彼女や奥さんを思い出したのでは。 彼女たちの髪はロープの切れ端を丹念にほどいて、黄色や赤色に染めて作った鬘で、CPO連中の労作である。それにしても化粧や、女性用の服などの細工の巧みさにはびっくり、本物とそっくりに作ってある。 赤道についてのジョークが有るが良く聞く話では、艦長が見張りに、「まもなく赤道を通るから赤い線が見えたら報告せよ」、というのが一般的だが、これに対して後部見張りが「艦橋こちら後部見張り、ただいま艦尾赤道通過」と言ったとか。 本日は訓練も机上対潜訓練と、占位運動であまり激しい訓練は無し。 夕刻から南十字星を見る、前回の遠航時にも見たがこの星を見ると南に来たのだなの実感が湧く。思ったより小さくて初めて見るものにとってはちょっと失望する。実習幹部も同じ感想をもらしている様だ。

遠航49日目
往路の最後の長い航海もいよいよ明日の仮泊で終わる。後は折り返し点のアルゼンチンのブエノスアイレスまで一息と言う感じである。艦内新聞はリオデジャネイロやレシフエの様子を載せて寄港地気分を盛り上げている。流れ星が奇麗である、港が近くなったせいか同航の船舶が多くなった。明日はブラジル第3の都レシフエに入港仮泊である。どんな国か楽しみである。 続く
遠航50日目レシフェ港外仮泊
1400レシフェLt110度2500ヤードのレシフェ港外に仮泊。 海から見る限りレシフェ(Recife)の街は立派に見える。前回の寄港地カルタヘナと同じくらいかな、とおもっていたが、認識を新たにする。さすがブラジル第3の都市だ。ここはブラジルのベルナンブコ州の首府、東北ブラジルにおける政治経済文化の中心地であると言う。レシフェとは「港をかこむ白い珊瑚礁」という意味だそうだ。またブラジルのヴエネツイアとも言われているそうである。市内を二本の川が流れ、川と川との間を運河が走り、到る所に運河を跨ぐ橋が掛けられているところからそう呼ばれているようである。明日の上陸で確かめてみよう。 港外は外洋に開かれていて、うねりが入っていて艦はかすかに上下の揺れを感じている。夕日が落ちる頃甲板に出てみると茜色に染まった空と街の夕景が実に奇麗である。 港内からの連絡船がつき、郵便を届けてくれた。進1海尉の家からも第4報の便りが届いた、家族皆元気の様子、気分は良いが帰心がちょっぴり沸く。 続く

遠航51日目レシフェ入港
0700仮泊地発1時間後0800レシフェ岸壁に入港横付。 どうやら市営桟橋のようである、岸壁は長くてすぐ側に倉庫が建ち並んでいる、ガントリークレーンが建っていて、クレーンの線路が岸壁に沿って走っている。ここはコーヒーの産地であるから、コーヒーなどの積み出しに使われているのだろう。 岸壁には邦人と現地の人々が迎えにきていて、盛んに日の丸の旗とブラジルの旗を振っている。ブラジル海軍の姿も見える。 人数は多くないが、歓迎の気持ちが伝わってくる歓迎ぶりである。ここは僅か2日しか停泊しないから、忙しい日程になりそうである。 午前には現地邦人のフルヤ氏宅に招待された。フルヤさんの家は養鶏農場である。成育鶏1万3000羽、幼鶏も5000羽いる立派な農場である。規模が大きくて、しかも使用人は僅か15名と聞く、どのような経営をしているのか想像もつかない。フルヤ氏の話によるとレシフェの人口は110万、ブラジルでは第4位の都市だそうである、現地邦人は主としてコーヒー園や、砂糖、などの工場を経営している人もいるとのこと。邦人が何人かは聴きそびれた。 午後は市内見学に参加、町中はポルトガル風と言うかヨーロッパ風の建物が多く、また緑が多い、それに運河がありまさにヴェニスのようである。市内中央にカロバリーベ川、とベベリーベ川が流れ運河がこの川を貫通している。中心街には寺院や高層建築もあって立派である、道路も広く車も多い。 中心街を外れると矢張りスラム街もあり、貧富の差がここでも見られる、若い国と言った印象だ。レシフェに隣接してオリンダと言う市がありそこは旧都であって、日本の総領事館がある。(本日の朝入港時上野総領事が来訪された。) オリンダ市にはポルトガル植民地時代の古い寺院があってオリンダの丘にあるサンペドロ寺院から見たレシフェの街の眺めは美しい。 夕食にシュラスコと言う料理が美味しいとフルヤ氏に聞いていたので試しに味わったが、大味でそれほど美味しいとは感じなかった。ただボリュームがあるので、家庭的料理としては良いようだ、それに料金も安い。 つづく

遠航52日目身振り手振りのポルトガル語
午後はE応急長とO補給士と3人で現地邦人のゲンバさんの家にお邪魔する、ゲンバさんの家は150年ほど前に立てられた建物で、近く取り壊して建直すとのことであるが、他にもこのような古い由緒ある建物が多いそうだ。 ゲンバさんの家を辞してから町中を見物する。土産物は案外高い、昔奴隷を捕らえて売買した市場が今では土産物の街になっていて、鰐革製品、や民芸品などを売っている。ブラジルの貨幣単位はクルゼイロ、1クルゼイロは100センタボ。50円である。売り子や街の人は親切である、ポルトガル語はさっぱりなので、手振り身振りと怪しげな速成ポルトゲールで話をすると辛抱強く対応してくれるのが嬉しい。結局何も買わずに帰艦することになった。まだ行く先は多く、ここで浪費は出来ないぞと安上がりのケチケチ見学である。 帰艦後夕刻から市内インターナショナルクラブでの総領事主催のレセプションに出席する。レセプションの席上では、ゲンバさんともお会いでき、京都大学のY教授夫妻と知り合い、Y氏は来年7月には帰国するそうである。奥さんナイスで、機会があればぜひ日本でもお友達になりたい人である。 レセプションは夜遅くまで続き、日系のセニョリータもいて実習幹部は楽しい一時を過ごせたようである。言葉は通じなくても、会話になるから不思議だ。 明日は出港、当地の寄港は短い。名残惜しい夜であった。 続く



遠航53日目さよならレシフェ
本日はいよいよレシフェ出港である。 朝早くから、見送りの人が集まって来ている。フルヤ氏が見送りにきてくださって、ゲンバさんからのプレゼントを頂く。ブラジルでしかいないと言われる、世界でもっとも美しいというモルフア蝶の飾り額を頂く。エメラルド色の蝶の羽で模様を作り額に収めたもので、見る角度で光の反射の関係で蝶の羽の色が変わる美しい額である。昨日の街の売り場でも並べられていたが、高いので手が出せなかったのである、感謝感激だ。次の寄港地リオデジャネイロにつくまでにお礼の手紙を書こう。 1000予定通り出港、岸壁には在留邦人、総領事夫妻、など約70名、ブラジル海軍関係者など約50名ほどの人々が、名残惜しく見送りにきている、練習艦隊が入港した翌日ブラジル海軍の艦が3隻本艦の前方に横付けした、その関係もあってブラジル海軍の制服姿が多い。 例によって本艦音楽隊員の演奏が始まりブラジル海軍軍艦の見送りを受けながら乗員の帽振れの挨拶を最後にレシフェを離れた。艦は、次の目的地リオにむけ一路南下、訓練の日々が始まる。ブラジル最初の寄港地は明るい印象を受けた。次のリオがたのしみだ。 つづく

遠航54日目洋上バレーボル大会
レシフェ出港後順調な航海、180度真南に向け一路リオへ。 本日は休養日課。午前夕月との対抗バレーボール大会があった、洋上に両艦は停止(これは行足を止めると表現する)夕月からは選手の外に応援団まで内火艇で本艦に移乗大熱戦を展開。 僚艦とは言え、矢張り対抗意識があるから、応援も熱が入る。 どちらも幟を立てての声援だ、幟は球技試合だけでなく、短艇競技等対抗試合には無くてはならない応援旗である。夕月応援団は小人数だが選手以上に盛り上がっていた。 試合の結果は2対1で山城が勝ったが、技量は夕月のほうが数段上のように見えた、ホームタウンゼントで山城が勝たしてもらったようだ。試合が終われば後は仲良く記念写真、夕月選手一同が内火艇で帰艦すると再び速力12ノットで航進開始、海上模様も穏やかで良い休養日課となった。 空間状況も良くこのところ東京との交信も順調、30通ほどの電報送信ができた。本艦装備の1KW送信機の威力を発揮している。 休養日課となると訓練が無いから当直以外は暇を持て余す、手芸作りをやったりして過ごすが、時折は我家を思い浮かべる。 レシフェで受け取った便りを再読、子供の写真を眺め、子供ばかりの写真ではないか、かあちゃんの写真もたまには入れて送ってこいと、つぶやく。 手紙には実家に子供を連れて帰っているとある。たまには羽を伸ばすのも良いだろう、遠航未亡人なのだから。 続く

遠航55日目刺し身が泳いでるぞ
昨日の好天が嘘のように、今朝からぐずついていた天気が雨になった、一日中雨中航行だ。東よりの風とうねりで左右に良く揺れる。 艦橋当直中鰹の群れが見えた、見るからに身の締まった美味そうな鰹である。刺し身を思い出す。そう言えばこのところ肉料理の献立が多く新鮮な魚に欠乏しているようだ。レシフェでは生糧品を搭載しているが、ブラジルでは魚を食べないのか?肉ばかり食べさせられる。俺は日本人だぞー魚食わせろ補給長。などと陰で言ってみる。 そう言えば昔の遠航時、エジブトのアレキサンドリア入港以後フランスのツーロン入港まで、肉と言えば鳩の肉をいやというほど食べさせられたっけ。我慢我慢、でもかなり太った。 本日の訓練は戦闘応急訓練、これはどちらかと言うと、被害を受けた時の対処訓練で、エンジンが故障する想定や、艦内に被弾し火災発生、水線下に破口浸水、とかで防火防水、ごちゃ混ぜの訓練であるから、なんとも忙しい。訓練が発動になると、艦内閉鎖となるので、通路は水密保持の為閉められる。水も出ない、空気も空調がとまるので暑い。大事な訓練だが、この訓練好きな人はいない。 艦内では次の寄港地リオでの買い物談義、軍資金使用計画など他愛も無い話が出ているが少なくとも海曹海士諸君のほうが士官室連中より買い物等は上手、かれらの話を聞くだけでも面白い。どこで仕入れてくるのか情報通である。 つづく

遠航56日目腹痛の原因は?
ラジオのニュースが入り公務員のベースアップを伝えている。 先任士官の砲雷長に言わせると、今年第1のニュースだそうである。後は転勤のニュースだけが楽しみだとか。 遠航が終了すると乗組み幹部全員が転勤する。勿論実習幹部も終了後全員新しい任地、配置に就くわけだから、彼等も次期配属先のニュースは一番知りたがることでもある。 艦の幹部も同様に次の配置はどこだろうと一番気にするのは理由がある。乗組み幹部はほとんど全員が家庭持ちであるから、転勤と移転とがついて回るから、勤務地によっては引っ越しをしなければならない。引越しは大変だ、家財道具一切を自分で荷造りして発送しなければならないし、その前に住む家を探さなければならない。官舎等はなかなか入れないから民家を借りなければならない者もいる。おまけに引っ越しは金が要る。転勤費用が若干出るが足らないことが多い。所謂転勤貧乏と言うやつである。 そんな訳で転勤のニュースは海上自衛官にとっては重大なこととなる。 大体遠航終了まじかにならないと次期配置は分からない。帰りのハワイあたりからそろそろ、自己発令の内報騒ぎが始まるだろう。 本日の訓練は旗旒信号訓練、戦術運動訓練、防水訓練。 旗旒信号訓練は問題の回答を旗旒を組み合わせて綴った旗旒信号をマストに掲げて、その速さと正確さを競うものである。 司令部が問題を出し、夕月乗組み実習幹部と、山城乗組み実習幹部の対抗試合である。問題の回答を信号書から探す者、得た回答を旗旒信号に綴って、揚旗線ですばやくマストに掲揚する者とのコンビネーションが必要で、信号書の内容を暗記していると有利である。実習幹部は普段良く使う信号は暗記したりしている。 艦艇要員の幹部は誰でもいくつかの信号を覚えているし、アルファベットの旗の識別は常識である。ただし艦船から下りて陸上勤務になると、たいていの人は忘れてしまう。艦船勤務でないと、なかなか身につかないものでもある。 実習幹部は遠洋航海中には海上自衛隊艦船勤務で使う信号はおおむね覚えてしまうものだ。この訓練は練習艦隊だけでなく自衛艦であればどこでも行われる訓練である。 ただ旗による信号は視認距離内の通信に限定されるから、古来の海上戦闘では、必要であったかも知れないが、現在のように艦艇間距離が遠く離れて運動することが多い場合には、使われない。使用範囲が昔に比べ狭くなっているのに、旗を使った訓練の意義が有るのかと言った疑問もある。信号書をすばやくめくって探す動作や旗を綴る動作には機敏性が要求されるから、その面では効果があるようだ。 本日は昼食時司令官との会食あり。その後急に腹痛をおこす、寝冷えの為と思う、司令官との会食のせいではない。 つづく

遠航57日目ゴールデンワッチ
今日はゴールデンワッチだ、ゴールデンワッチは一日のうち艦橋当直士官に立つ時間が一番少なくて有難い当直である、毎日当直士官は当直割にしたがって立直するが少しづつ時間帯がずれるので夜中に立直したり明け方になったり、一日に3回立つこともある。明け方4時から6時などは朝直と言う、朝直は直が終わっても朝食まで寝ることも出来ず、辛い、それに比しゴールデンワッチは夜中に「通信長当直時間ですよ」と当番が起こしにくることも無く朝までゆっくり眠れるから至福のワッチだ。真夜中に立つ直もある、2時〜4時は泥棒ワッチと言う。皆さんがぐっすりお休みになっている時働くからこんな名前がついている。泥棒ワッチは直が終わってから再び寝ようと思ってもなかなか寝付かれず、朝までベッドで悶々と寝返りを打つ羽目になる。 今日はゆっくり眠れそうだ、明日は入港直となるから忙しくなるだろう。 夕方幹部会報があった、明日のリオ入港に関する注意等があった外、「カルタヘナでの罹患患者が2名発生した、(性病である)良く部下に指導せよ」。との艦長指示があった。艦長はかなり気負って話をしていたが、逆に考えればたった2名で思ったより少なくて良かったのではと天の邪鬼の進1海尉は内心思っている。 いよいよ明日は待望のリオネデジャネイロである。 続く

遠航58日目リオ入港
予定通り入港とは行かなかった、pier Mauaの岸壁に着く予定であったが、岸壁お受け入れが手間取っていたらしく、しばらく沖合いで待たされる。その間、有名なコパカバーナの海岸線を見つけようとしたが、ざんねんここからは見えなかった。 入港岸壁は市の北方の外れで、リオの観光地らしい気配はちょっと無いが、遠くに話に聞いていたポンデアスカルの丘が見えて、リオに来たんだの感一入である。 予定より若干遅れて、0920に岸壁に横付け終了、本艦の外側に夕月が横付け、所謂目刺しである。 入港してしばらくすると、電話を取り付けに現地の作業員が2名乗艦して来て、電話の設置をすると言う。電話の設置等の通信業務に関する所掌は通信長だ、現地作業員には、最大の便宜を与えて、作業をしてもらうのであるが、何としたことか、この作業員、一日かかっても、電話回線が通じなく、結局食事だけをせしめられて終わった。 軍の作業員だと思っていたが、どうもそうではなく、一般の工事業者の下請けのまた下請けらしく、さっぱり要領を得ない回答で、また明日くるからと軽くいなされてしまった。 本日は当直士官、一日艦内、来訪者の応対、忙しい一日であった。何はともあれ、世界三大美港一つに入港だ。 明日からの見聞が楽しみである。 続く

遠航59日目 恐怖の砂糖パンの山
昨日の電話不通もどうやら復旧し、心おきなく上陸できる。 午前中は献花式に参加、献花式は、寄港地ごとにおこなわれ、司令官または、首席幕僚等が、日本を代表して、実施する。献花の先は所によってまちまちだが、ここではフラメンコ公園内の第2次世界大戦中の戦死者の慰霊碑に献花した。南米各国にはこのほか、独立時の英雄の像が町中や、公園あちこちにあって鎮座していて、どこに行っても見かけることができる。 コロンビアのカルタヘナには、スペインからの独立時の父シモンボリバール将軍であるし、当地では、フランスを追放したポルトガルのエスタシオ、デ、サ将軍などの立像が街のあちこちにある。日本では上野の西郷さんのようなものだろうが、上野の西郷さんの像に外国人が献花したなどとは聞いたことが無い。ただこのような記念物、記念碑が奇麗に手入れされてあるところは素晴らしいと思う、西郷さんの像は鳩のふんだらけだが。 献花式参加後、航海長、船務長と相談の結果、市バスで市内見学に行くことに決定。3人で出発、リオブランコ通り(市内には大統領の名前を付けた大通りが二つあって、リオブランコとヴァルガス通りがメインのストリートである)からバスでコルコヴァードまで行く。到着までの途中経過は、語学不足の為に大変な思いであったが、ブラジル人の親切に助けられて無事、当地第一の観光地コルコヴァードに到着する。コルコヴァードの丘には街のどこからでも見えるキリストの像が両腕を広げて立っていて、街の人々をすべて祝福しているかのように見えなかなかの景観だ。キリスト像のところまでは登山電車であがる。電車賃は8クルゼイロ(約400円)であった。頂上から見える風景はポンデアスカルの丘やポタフオーゴの白い海岸線に立ち並ぶ別荘地の色鮮やかな建物、素晴らしい美観である。まさにナポリに比しても引けを取らない風景である。 絶景かなと絶景かなと、3人とも写真を取りまくって景色を堪能、次の目的地ポンデアスカル(砂糖パンの丘というそうだ)に向かう。ポンデアスカルにはタクシーを飛ばすことにした、当地までの苦労を2度としたくないからだ。タクシーは思ったより安く、4クルゼイロ(200円)。麓からポンデアスカルの頂上まではケーブルカーである、これが13クルゼイロ値段も高いが高度もある。ケーブルカーは古く1912年製、いたって簡単な車体で、麓からほとんど垂直に昇る様子、恐怖を感じるほどである。 途中でケーブルカーをのりかえての頂上まで30分の景観は高所恐怖症の自分にとってはまたと無い試練となった眺めである。ポンデアスカルの丘と言うか山は390メートルの高さで、江田島の古鷹山の392メートルとほぼ同じの高度であるが、この地方特有の蛸坊主のような山形は実際よりも高く感じるばかりでなく滑り落ちるのではないかと言う恐怖すら感じるほどである。頂上は風が強く早早に退散することにしたが、帰る頃には夕闇が迫り、ちらほらつき始めた街の明かりが次第に増えるとその夜景はまた見事。幾分恐怖心も収まって、夜景を楽しみながら帰路についた。ナポリの風景とは違ってはいたが想像以上に美しい風景に大満足の一日であった。 帰艦後夕刻より艦上レセプションあり、参加当地には日本総領事館があり総領事他領事館の方や現地邦人、ブラジル海軍関係者等が来艦。進1海尉は専ら現地邦人のお相手を務める。ここには邦人は少ないそうで、石川島播磨造船所、日本電気、日立、等メーカー、住友、日商等の商社合わせて約30社ほどであるようだ。 邦人の方に聞くブラジル料理の代表は、またもフェイジョアーダ(臓物のごった煮)とシュラスコ(焼き肉)だそうで、当分肉類から逃れられない模様である。 本日実習幹部は現地邦人日本領事館主催の練習艦隊歓迎会に参加したはか石川島ブラジル造船所を見学、ご苦労さんの一日であった様だ。 つづく

遠航60日目 目の保養コパカバーナ海岸
昨日の市内見学にて、少しは街の様子も判り自信がついたので、今日は有名なコパカバーナ海岸をみようと決心(何も決心するほどのことはないのだが)一人で出かけた。 バスも間違わずに乗車、お目当ての海岸に到着、ここに したのはなぜかと言われるとちょっと苦しいが。まあ誰でも多少は興味があることだから敢えて語らず。 現地は冬と言うのに海水浴客で海岸は満員状態、さしも広いコパカバーナ海岸も人の波である。 泳ぎたかったが、海岸には脱衣所はない、泳ぎにきている人は、海岸縁のホテルから水着で出てくるのだ。湘南海岸とは大違いである。泳ぐのをあきらめて、海岸で日光浴を楽しんでいる女性の写真でも取ろうと思ったら、なんとフイルムを入れ忘れて来ているではないか。 仕方なしに、海岸通りの売店でフイルム(富士フイルムだ)を買う、それが1本30クルゼイロ(1500円)だから癪に障る。 再び海岸にもどると、トップレスの若いセニョリータが歩いている、思わず目を伏せ(嘘だ)カメラのシャッターを切る。これが当地を選んだ理由である。 海水浴の子供づれの若い母親が子供と一緒に被写体になってくれた。均整の取れた、黒色系の美人である。子供達は白色系だったから、多分彼女は母親ではなく、ベビーシッターではなかったか。 せっかくここまできたからには、もう一つ有名な海岸のレブロンまで足を伸ばすことにした。 この海岸は、若い人が多い、コパカバーナは、若い人も家族連れも多かったが、こちらは若者の海岸と言う感じである。 目のやりどころの無いほどあらわな裸のセニョリータが多く、目の保養になるが、普通の服で一人で海岸歩道を歩いていると場違いであるとの視線を感じてくる。風景ばかり写真にとって、ここは早々に退散した。 帰艦後午後は国立博物館を見学、付近一帯は公園で、アベックや家族連れが多い。この公園は元ブラジル王室の王宮後でキンダ、ボア、ヴィスタと言う。その庭だった園内にある動物園に2クルゼイロ払って入園。鳥類の数が多く、世界でも有名だそうだ。アリクイを初めて見た。 公園内でおそらくブラジル陸軍の初年兵と思われる隊員達が、軍楽隊の演奏に合わせて、体操をしていたが我々の体操と違ってリズム感があり大変楽しい体操に見えた。やっている当人達は、汗を流していたから、楽ではなかっただろうが。 本日は一人での外出上陸で緊張しながらも、景色も美人も十分拝見、リオ最後の日は楽しい一日であった。明日は出港、次の寄港地uruguayのモンデヴィデオへ。 つづく

遠航61日目リオからモンテヴィデオへ
陽気なカリオカの聞こえるようなリオともいよいよお別れである。練習艦隊は在留邦人、ブラジル海軍軍人や領事館の人々の見送りを受け0900予定通り出港した。 入港時とはまた違った感興をもってリオの街を振り返る。コパカバーナ、コルコバード、ポンデアスカル等々、美しい景色を堪能したし、ポルトゲルを駆使?してのバスの利用は大収穫であった。次のモンテヴィデオでも活用できそうだ、と思ったらウルグアイはスペイン語だ。 モンテヴィデオと言うと、海戦史上有名な、ドイツ戦艦グラフ・シュペー号の最後の地である。1937年12月17日、モンテヴィデオ東方140キロのプンタ・デル・エステ沖合で英巡洋艦エイジャックス、及びアークヒルズと砲火を交え、被害を受けたドイツ豆戦艦グラフ・シュペーはモンテ港に逃げ込み修理の為当国政府に停泊許可を求めたが中立国であったウルグアイではあったが、英米の圧力も有って、許可を出さず、この為撃沈を覚悟で出港するのを見ようと港には多数の見物人が集まる騒ぎとなった。 グラフ・シュペーの艦長は決断を持って、当国政府に、乗組員全員の上陸と保護を申し入れ、これが入れられると、艦を爆装し港外に出しみずから艦を爆破自沈させた。 モンテヴィデオの博物館には、シュペー号の破片と岸壁には鐘と錨が記念物としてのかっているそうである。チャンスが有れば見学できるかもしれない。 本日はENSIGN Day順調に経過していて、実習幹部の成長が感じられる。 針路220度速力 18Kt 続く

遠航62日目潮気の利いた訓練は
急に気温が下降し21度〜22度位となった。艦内艦外とも肌寒い。前線が航路上に有るようで、艦は今後の荒天を見越して昨日1200から18ノットに増速そくしている。 視界が悪くなって来ている、約1マイル(2000ヤード)ほどしかない。訓練は予定通り実施されてはいるが、低気圧接近の為海上模様は余り良くない、溺者救助訓練では、風の為溺者人形の揚収に時間がかかりすぎだが、実際はこのような状況下での場面が起こりうる。戦術運動でも前続艦の航跡をはずさないように操艦するのは、静穏時とは違って、見越しを十分とって号令を掛けないと上手く行かない。実習幹部には良い経験だ。こういう状況下の訓練が、潮気の利いた海上武人を作る。 続く

遠航63日目仮泊地近しガンバガンバ
今日も低気圧と前線の影響で海上模様不良、波5、うねり3乃至4、若干動揺がある。 風邪を引きかけているようだ、鼻が詰まり気味で、頭も重い。 いよいよ遠航もなかばになる、多分現職中は再度遠航に行くことはないだろう、なにかを掴んで帰りたいものだ。次期転勤配置も気になる。進1海尉ちょっと気が緩んでいる。 明日は仮泊地だ、頑張らなくては。 続く

遠航64日目モンテヴィデオ沖仮泊
風邪をとうとう引いてしまった。急いで冬用の下着に着替えるが遅すぎた。 1300モンテ沖仮泊本日は当直士官。艦内飲酒許可が出たが当直士官は飲めないよ残念。どうも艦内飲酒にはついていない。情報によれば、モンテヴィデオは政情不穏で、上陸許可は2100までとなった。新聞によると夜6時で街の灯火は消えているそうである。入港そうそう、余り印象の良くない感じだ。 仮泊地では艦内は整備作業で忙しい、艦内公開の準備や、各部の清掃、ペンキ塗り、時間の経つのが早い。 ここ仮泊地はラプラタ川の河口北岸であって、対岸の西200キロにはアルゼンチンのブエノスアイレスがある。次の寄港地である。仮泊地の水の色は茶褐色で、どうも川の水、塩分が少ないから、甲板の水洗いには最適。艦底の貝類も死滅するから有難い。 モンテビデオは観光地としても有名で、街全体が公園の中に有ると言った感じだそうである。楽しみである。 当地でのスペイン語会話3原則 ブエノス デアス(おはよう) ブエノス タルデス(こんにちは) ブエノス ノーチエス(こんばんわ) 何でもブエノスを付ければ良いようだ。 続く

遠航65日目進1海尉ダウンの巻
0745仮泊地出港0900モンテヴィデオ入港岸壁着。 艦は無事入港だが進1海尉は遂にダウンである。鼻詰まりとけだるさで具合が悪い、何もしたくなく、市内見学も取りやめて寝る。一日中寝ていると今度は身体が痛くてかなわない。 上陸した船務長は毛皮のコートを買ってきた、なかなか良い品のようで、20$とは安い。奥さん喜ぶだろうね。街の様子を聞くと、なかなか奇麗な町だよと言う。残念だが今日はとても出かけられない。仕方ないからまた寝る。 続く

遠航66日目ダウン続く
本日もベットに入ったまま、手紙も書く気がしない。 続く

遠航67日目モンテの一日
漸くベットから起き上がれるようになり、上甲板に出る。喉が痛いが昨日よりマシ、空気が冷たく気持ちはいい。 艦では9時から特別公開で、日系人子供達200人が来艦、初めて日本の軍艦を見て大喜び。在留邦人のクラタ氏を案内したところ午後からクラタ氏の農園を見せて頂ける事になった。 船務長、機関長との3人でクラタ氏の車(トラックの荷台では有ったが)に搭乗、郊外に向かう。走ること1時間半クラタ氏の農園につく、農園はカーネーションなどの花を栽培している。400平米の家と温室を持つ普通の農家で、決して裕福とは思えないが、奥さんと子供達4人の家族で、最近になって漸く市場に出荷できるようになったそうである。九州出身の方で移住後花を生産出荷するまで雹の冷害や、花の病気などで大変苦労をされたようである。現地邦人はたいてい郊外で農業に従事しており、市街には商社関係ばかりで、あまりいないとのことである。クラタ氏の農園続きの草原でうずら撃ちの経験をさせて頂いた。日本と違って自分の土地の中で狩猟ができるなんて驚きである。草原の空気を味わってクラタ氏に感謝しつつ、帰途に就く。 途中で街で下車し市内を垣間見ることにした。 モンテの街は冬のせいか斜陽の感じがする。モンテの丘あたり霧が出て、兵器館のあたりは旧世に出てくる町のような感じがする。道路があちこちで傷んでおり、修理工事の様子も無い。 政情不安と経済の悪化でインフレの為使用紙幣はやたらと高額のものや、新しい紙幣は単位が違うなど使う方には不便極まりない。カジノだけは盛況で有ったが。 町並みはヨーロッパ風の建物や寺院有り、観光地らしいところがある、それに記念像があちこちに有って、ここではアルテーガス将軍だが、独立広場から放射上に道路が伸び、独立記念の7月18日通りからは広場の中央に将軍の特大の像が見える。 街は街路樹の緑と、道路の煉瓦色とがマッチして奇麗ではある。しかしこの国はいま大変な時期を迎えている様子がなんとなく伝わってくるようだ。 予定していたグラフ・シュペー号の記念碑は時間の都合で見ることができなく断念した。 明日は当地出港対岸のブエノスアイレスにむかう。 南米は矢張り熱い夏が良いのでは、冬の南米は気の抜けたビールのようだ。 続く

遠航68日目モンテヴィデオ出港ブエノスアイレスへ
0800出港時北よりの風が強く回頭(艦首の 向きを変えること)に時期を失して、錨を使用しての回頭となった。曳船が思うように使用でき無かったのが、第1の原因。ラプラタ河は濁流一面で河とは思えない広さである。茶色の水の中での航路ブイを探すのに一苦労する。出港後航路の入り口のもっとも危険な場所を操艦し仮泊地にむかう。 ラプラタ河口では北よりの風が強いと海水と河の水とが入り交じって、汽水となる為、魚が大量に死ぬ。艦には冷却用の海水取水管が有るが、そこの取入口にあるこしきの網に魚が詰まって水が入ってこないことがある。今日もオスタップ二杯分の魚が取れた。 1630仮泊地投錨。 本日は艦長とM船務士の誕生日、士官室一同夕食時ワインで乾杯お祝いをする。 遂に遠航の折り返し点につく。当地には最も長い5日間の停泊であり見学には余裕が有りそうだ。 つづく

遠航69日目ブエノスアイレス入港
0615仮泊地発0900入港。 仮泊地から入港まで当直士官となる。良い経験をした。 天気は曇りで霧雨、肌寒い入港となった。係留岸壁は大きく立派な設備がある。付近には大型の貨物船が多数停泊していて、活気がある港のようである。 午前寄港地行事、例の献花である、ここでは2個所だ。サンマルチン将軍像とブラウン将軍像。どちらにもアルゼンチン海軍と一緒に参加。夕方から街探訪に出かける。 さすが南米のパリと言われるあって、大都会の風格がある街だ。ヨーロッパ風の街並みに賑やかな人通り、冬なので底抜けに明るいタンゴの町とは見えないがショウウインドウなどの飾り付けはセンスがある。民族舞踊のレストラン、タンゴを聞かせるナイトクラブを回る夜のコースに加わった。ダンス、タンゴとも迫力が有って素晴らしい。 食事に出てきたマトンの肉はいただけ無かったが。 毛皮が有名とかで、毛皮店にも入ったが相当高額である。ただし良いものが多い。 アルゼンチンは親日国であるためか、町中のあちこちに練習艦隊入港歓迎のたて看板や張り紙がある。上陸中の乗員や実習幹部はもてているようだ。彼等は制服、我々は私服だからチャイニーズと間違われるのみ。 要するにモンテヴィデオは田舎だが、ブエノスアイレスは都会。 続く

遠航70日目オペラ観劇に感激
午後、現地邦人や大使館、アルゼンチン海軍関係等の一部の方を招いての艦内特別公開があった。ブエノスアイレスには海軍兵学校が有り、昨日練習艦隊の実習幹部は兵学校を訪問した、今日の特別公開には海軍兵学校からも関係者が来艦された。 ブエノスアイレスは、1536年スペイン人のペドロ・デ・メンドサによって、作られたがこの移民は原住民との間であつれきが高まり結果的には移民は失敗し、その後にパラグアイからの移民者によって、再建された町である。 19世紀に農業の為に黒人奴隷が多数輸入され、人口が急増したが、後に流行病にかかったりして、ほとんどが死に絶え現在は皆無と言う。黒人奴隷の残した音楽は、スペインのアンダルシア地方のタンゴとミックスされ、現在のアルゼンチンタンゴが作り出されたそうである。 昨日夜のクラブで聞いたタンゴもそんな歴史が有ると聞くとなんとなく哀愁の響きが有ったようにも思えてくる。 特別公開が終了してから、W水雷長と街中で落ち合いshoppingに行く約束をしたが、時間ぎりぎりとなりタクシーを飛ばしていったところタクシーにぼられそうになって、運転手と喧嘩。 アルゼンチンではペソ紙幣の切り替えが有ってそのため新紙幣と旧紙幣とでは単位も違う。旧ペソ100で新1ペソとなる為間違え易い、旅行者などは此れにだまされるのが多いと聞いていた。タクシーも一定距離(市内は)定額であるのに余分に取ろうとしたようだ。やっと適正料金にまでダウンさせたが、親日国にも悪いやつはいるものだ。 街での買い物は、かみさん用に毛皮のコート、とハンドバック、今回の遠航でのもっとも高価な買い物となってしまった。 夕食後、世界的にも有名なオペラ劇場であるコロン劇場に入る。オペラの趣味はまったく無いが、先輩の応急長に此れを見ておく必要があるといわれると、そうかなと思ってしまう。主体性の無い自分であるが、まあ一度ぐらい見ておくのも後学の為と思いついて行く。 立派な劇場である。「NABUCCO」という外題であるが何のことか判らない。勿論中で演ぜられているストーリも言葉も、ちんぷんかんぷんだ。が、ソプラノ、テノール、アルト、(此れくらいは判る)のそれぞれの、歌手の声量、それと世界三大劇場と言われる劇場の建物の立派な威容と雰囲気を十分味わせて頂いた。 入場料金は僅か、9ペソ(日本円で225円)である。6階まである客席は各階3段の客席と立ち見席1段で構成されていて3000名の収容が出来る、総大理石の見事な建物である。 おおむね1階とか2階の観客は正装が多い。6階などは天井桟敷と言うのだろう観客は歌手が歌っている時はおとなしいが、歌の区切りで所謂見得を切る時の拍手と声の声援がすざましい。歌舞伎で言う(成駒ヤー)であろう。つられて我々も拍手はした。終演まで見るには時間が無いので1幕だけで劇場をでる。市内には30以上もの劇場があるそうである。なんとも文化的都市ではある。なんとなく気分も高揚しすこしは芸術を理解した気持ち。余韻を感じながら、艦に戻る。この街は面白い街である。 続く

遠航71日目タンゴを聞く
午後は現地日系人の、アサ−ド歓迎会に出席する。アサ−ドは骨付きの肉を野外で焼いて食べるものだ。 朝から晩まで肉を食べるアルゼンチン人であるが、ブエノスアイレスでは1週間おきに肉無しデーを作っていてその日は肉を食べない日ときめられている。ちょうど今日はその日に当たっているが、特に練習艦隊の為に肉を用意してくれたそうだ。 我々が到着した時には、すでに肉が鉄串に刺さって、地べたに直接置かれた炭火であぶられていた。 肉は大味で固いが、牛肉である。空腹も手伝ってか結構食べた。 毎日こんな肉を食べていたら大変な事になるのではないかと思うがどうだろう。 帰艦後夜の街探訪に出かける。現地の人に聞いた、タンゴを聞かせる有名な店「Cano 14」(カーニョ カトルセ=14インチ砲の意味)に行く。我々のガイドさんはラジオのデスクジョッキーで、この店の出演者のトレノ氏(アルゼンチンでは有名らしい)と友人と言うことで店に入ったら幸運にも当のトレノ氏が出演しており、トレノ氏とお話することが出来た。 店では我々が日本からきた海軍士官ということで司会者がお客さんに紹介をしてくれて、盛大な拍手を頂いたりした。 トレノ氏とシンガーの演奏をたっぷり聞く。演奏の外にタンゴのダンスも有り楽しい店である、店の名前が変わっていて、カーニョ カトルセという14インチの大砲と言う意味だが、何故こんな名前がついているのかは判らない。 この店にくる前にレコード店に行って、トレノ氏のタンゴのレコードを買っておいた。帰国して聞いたら今日の雰囲気を思い出すかもしれない。 12時近くまで居て、リクエストをしたりして十分に生演奏を楽しむ。 続く

遠航72日目一休み
午前にはタンゴの女王と言われる日系のCHIYOKO嬢が来艦ヘリ甲板で乗員にタンゴの曲を1曲披露してくれる。可愛らしいまだ若い女性歌手である。音楽とダンスの好きなこの国の人達であるから、きっとあちこちで活躍しているのであろう。 一昨日の特別公開にも来艦していたようだが気がつかなかった。午後は現地海軍少佐の連絡官サモラ氏と機関長、砲雷長と一緒に目抜き通りサンタフエ街を散歩、土産に大理石の置物を買う。 夜は再び街に出かけるつもりで有ったが、さすが3日連続は辛い、夕方ベットに入ったまま起きられなく朝まで熟睡。 遊び過ぎである、反省。 続く

遠航73日目珍客来る
当地最後の日は当直士官、艦内公開有り、艦上レセプション有りで忙しい。レセプションでアルゼンチン海軍フラギーオ大佐とお会いする。大佐は以前日本で大使館武官を務めておられて、一度東京の職場に視察にこれれた時お会いしていた。アルゼンチンに帰られたと聞いていたので、きっとこちらで逢えると思っていたところ、図らずもお会いして、挨拶したが、東京でのミーテングを思い出してくれたが、あまり興味はなさそうだった。 またこの日は別にも珍しい人の消息を聞いた。10年前のヨーロッパ遠航時にドイツのハンブルグでお会いしたMITUDA氏が当地におられると言う。その方から10年前のハンブルグで一緒にとった写真を現地の方が言付かって持参して頂いた。 写真を見ると確かに自分であるが、にても似つかぬほどスマートな体型である。10年間の不節制の証拠写真だ。 MITUDA氏は不思議な人で、定住、定職を持たないようである、ヨーロッパ内をあちこちと放浪の旅とか、大陸浪人とでも言うのか、かなり年配の方なのに家族も居ないようであり、いかなるお考えが有るのか。 世の中は広い、狭い日本の中だけで物事を考えていると、このような人の生きざまは、到底理解できない。 明日は当地ともお別れ、いよいよ帰途に就く。 続く

遠航74日目サントスへ
ブエノスアイレス最後の夜も明けて、今日は次の寄港地、サントスに向け出港だ。一日一日日本に近づくと思うと、帰路の長い航海も苦にならない。 出港直前に、昨日写真を言付けてくださったMANDA氏が来艦され出港前の慌ただしい中で5分間程お会いすることが出来た。 ヨーロッパでお会いした時よりも矢張りお年を召されていて、元気が無いように見受けられる。身なりも余り上等ではなく、国外で成功されているようには見えない、苦労されているようだ。日本の味を少しでもと思い、若干のお菓子を差し上げお別れした。 0900予定通り出港、サントスに向け北上。 今日は艦内静かである、総員忙しかったブエノスアイレスでの疲れを休めているようだ。 ブエノスアイレスの印象は、タンゴの曲で言い尽くされる。 続く

遠航75日目想い出話に花が咲く
休養日課。ほとんど一日寝て過ごしたようなものだ。海上模様は平穏であるが、横からのうねりで艦は左右に揺れる。初日は少々辛い。 ワッチに立つと、オットセイやペンギンが波間に見える、このあたりは寒流なので、南から流れてくるのかもしれない。 気温は12度ほどしかないので寒い。 士官室では、艦長、補給長中心に、ブエノスアイレスでの想い出話が出ている。今度の遠航では一番収穫の有った寄港地ではなかったかなと思う。次の寄港地サントスまでは1023マイル入港日が決められているので、6日間で走るわけだから一日あたり170マイル、つまり一時間あたり速力7ノット。 きわめてゆっくり走る事になる。なんだか帰国を焦らされているようだ。 針路045度 速力9ノット 続く

遠航76日目引き船引かれ船
水温も18度と上昇、気温も上がりしのぎ易くなった。 これから北上するに従って、また暑くなる。風邪を引かなくなるから寒いより良い。サントスでは夏服だそうだ。 慣れたとはいえ、低速航海は退屈だ、しきりに帰国してからのことをあれこれ考える。多少だれ気味である。 本日の訓練は「引き船引かれ船」。これは洋上作業訓練の中でも、準備に時間を要し、危険度も大きい訓練だ。簡単に言えば、故障した車をレッカーで引っ張るように、故障した船を引っ張るわけだが、此れが難しい、簡単には行かない。 艦船を曳航するには、曳航計画を立てる必要がある、天候状況、曳航距離、時刻、使用曳航索の強度、機関の使用限度、曳航速力、被曳航艦の抵抗等の検討が行われる。 曳航作業にはこのような準備があって始めて曳航作業が行われる。曳航索の強度や、曳索長を決め、後甲板には、運用科員による曳航準備がなされ準備が整ったところで、訓練が開始されるが、準備は大仕事である。 曳航索は甲板上に敷かれた道板(木製の板)に八の字わがねでならべられ、曳航索が跳ねないように、跳躍防止材で押さえて、わがねた索の各八の字の先端は小索で止める。繰り出す時此れを切りながら出していく。 曳索の先には、相手に渡す導索の小、中、大の順につないである、その他張力計や仮設ブレーキなどの準備がされる。 今日は護衛艦どうしの引き船引かれ船訓練であるので、引かれ船の抵抗や重量などは既知であり、曳航に必要な諸元は判っているので、準備は順調に行われるが、此れが実際に緊急に事態が発生し、荒天の中で実施するとなると大変である。このような時に対処するように訓練が行われるものであり、艦艇勤務の者は一度はこの訓練を経験している。 海上における艦の訓練の中で、艦長が艦橋を離れて操艦するのは、この種の海上作業のみである。引き船だけでなく標的とかを曳航する時の作業時には艦長は艦尾に来て、操艦の指揮を行う。曳航作業では、最初に引き始める初動時が一番肝心で、急激に機械を使って曳航索を切断することの無いように慎重に操艦するのだ。船は引き始めて動き出すとよほどの事が無いと問題はないが、動き始めと、停止する時は、運用作業の妙が試される。進1海尉は掃海艇の船務長勤務時に、艇長が艇尾で音響掃海具を揚収する操艦に当たっていた時艦橋で舵、機械を任せられたが、状況判断や艇長との連絡通信が悪く、掃海具のケーブルをスクリューに巻込んでしまった失敗がある。 本日はうねりが有って、結構難しい訓練になった。 引き船引かれ船は山城、夕月それぞれ一回ずつ、交替で引き船、引かれ船になり実施された。この種の訓練は航程に余裕が有るので、ゆっくり時間を掛けて実施できたようだ。 本日はこの訓練のみ終わる。針路045度 速力9ノット。 続く

遠航77日目〜79日目亀の歩みの航海
遠航77日目
低気圧が針路前面に有るようで、かなり風が強い。 艦内では「山城新聞」が発行されているが、この所ブエノスアイレスでの記事が多い。艦内新聞はCPOが中心になって編集、乗員の寄港地の話や,次の寄港地の案内など退屈な航海では結構面白い。本日はハイライン訓練のみ。特記事項無し、手紙を書く。ヨーロッパ遠航時の日記を整理を少しする。
遠航78日目
サントス入港日が8日決められている為、SOA9ノットでも早すぎる為、13時間の進みを調節、練習艦隊は同一海域をぐるぐる回ることになった。訓練らしい訓練も無く楽ではあるが、退屈極まりない。早く太平洋側に行きたいと帰心矢のごとしといった心境だ。 司令官も退屈なのか、本日は山城から、夕月に移乗し、夕刻まで帰艦せず。艦内万歳で送る。
遠航79日目
やっと明日は入港である。この航海は使用速力が9ノットと低速の為、操艦にはのんびりできたが、のろのろとした感じで、気分は良くなかった。全員がそう感じているようだ。 艦橋当直士官に立直していると、艦内全体の気分がなんとなく伝わってくる。矢張り艦橋は艦の頭、ここに居るとすべてが分かる。艦長が常に艦橋にいるのはこうした事からの経験則なのであろう。 この航海で感じたのは、「待つことの大事さと辛さ」である。 若いときもう少し忍耐強くあったならば、少しは人生変わっていたかもしれないと、反省する。遅かりしではあるが。 続く

遠航80日目サントス入港
霧が発生し入港は若干遅れた。霧中航行で入港、港外で一旦投錨仮泊する。横付け岸壁が急遽変更になった為か岸壁には歓迎陣は見えなかった。横付けが終了する頃になって漸く人々が現われ1000人ほどが見えられた。 係留した埠頭は私企業が持っている20番Pier、コーヒーの積み出し用コンベアーベルト装置があって、世界一のコーヒー搬出港の姿を見せている。 サントスは非公式訪問なので、入港の交歓行事はなくしづかな入港である。ここは、サンパウロに近く(サントスから約65キロ北西にある)邦人が歓迎にくるのに便利である他、サントス市内には日系人約2000人がいるという。 明日は一般公開であるので、相当の人数が見込まれるようである。 本日は一般公開ではなかったが、邦人の方々約1000人がお出でになり、入港を歓迎して戴き、急遽、一般公開部署を発動して艦内を公開することになった。 主に日系の方が多かったが、中には現地ブラジルの方も多数来艦され、遅くまで人の波は切れ無かった。 午後バスに乗り、市内、郊外を一巡大体街の様子が判る。係留岸壁に近い所に夜景の名所モンテ・セロの丘が有るというので、行ってみた。丘から見える街の夜景は実に奇麗だ。 丘の上には寺院が有り沢山の人がお参りしている。 今日と明日はこの国の休日だそうで、その為か、丘は日本の宵山のように、蝋燭などを灯してお参りをする人で混雑している。 小生も寺院に参拝する。寺院の祭壇には人間の腕や足の模型が飾ってあり、何の功徳が有るのか判らないが、参詣のブラジルの子供に聞いてみると、どうも腕とか、足とかの病を直してくれるマリヤ様を祭ってあるようだ。話は手振り身振りなので、正確性はないが。 ちょっと日本のお盆のような感じの夜であった。 続く

遠航81日目大混雑の一般公開
本日の一般公開は大混雑。朝からすごい人波である、艦の乗艦口では人が押し合ってスムースに行かない。乗艦人数を区切って整理しながら、入れる。午前中はほとんど日系人の方でまるで日本で一般公開をやっているかのようである。 艦内で、見学中に怪我でもされたら大変、整理員は汗だくで整理に当たっていた。 午後も延々と来艦者が続き、終わらない。時間ですといっても、遠方からはるばる見に来たといわれると断れない、特例で時間外でも乗艦してもらう。喜んで頂ければこちらもブラジルまで来た甲斐がある。 日系の方の1世は別として、2世、3世は完全にブラジル人である、顔は日本人であるが言葉は、ポルトガル語、日本語は通じない。 2世、3世のあいてをしていると奇妙な気分になる。向こうもそう思っていたのかもしれない。 実習幹部はその点、案内や説明が上手、特にセニョリータには親切である、これは実習幹部の特権だ。艦の幹部はそうはいかない。もっぱら1世の方のあいてをしている。 2世、3世は日本産ブラジル人というような感じであるが、完全同化はブラジルの為にも、日本の為にも良いことであると思う。 本日の一般公開来艦者 9250名。 事故も起きなく無事終了、広報担当幹部として祝着至極の一日であった。 練習艦隊係留岸壁の先に日本から来た最後の移民船ぶらじる丸が入港した。本艦の幹部がぶらじる丸を見学してきた話によると、移民約200名を載せてきたという、これが最後の移民だそうだ。まだ移民が行われていたとは知らなかった。今日の時代に異国で移民を決意された人々は、勇気のある人々である。今まで見てきた各地の邦人家庭は、皆相当の苦労をされて築いてこられたのを感じると最後の移民家族の今後の成功を祈らずにはいられない、 明日はサンパウロで日系人の方の練習艦隊入港歓迎会がある。本官も出席しなければならない。 続く

遠航82日目サンパウロの街
約5000人ほども居ただろうか、ものすごい数の日系人の歓迎である。サンパウロ市はサントスから65キロほどの近くにあるブラジルでは実質的に1番の都市である。邦人も市内に12万人ほど居るという。サンパウロ州にはブラジルに居る邦人の90%が住んでいるというから、まさにブラジルの邦人都市であろう。 サンパウロでは日本で作られているものはすべてあるという。またあらゆる部門に日系人が居て、ブラジル人と共存共栄し、生活している。歓迎会場の郊外の日本カントリー倶楽部に行く途中の市内は道路も広く高層建築が建ち並ぶ都会だ。東京と変わらない。車も多く渋滞も激しいとか。今日は休日ということで街は静かであった、緑も多く奇麗な街である。 歓迎会場ではシュラスコ大会である、日系家族が出身県別にグループを作って、隊員をもてなしてくれる。ここでのシュラスコ(焼き肉料理)は美味しい。進1海尉は京都出身なので、関西出身の方々と一緒にさせて頂いた。京都出身の吉本さんから石(トルマリン)を頂く、宝石の一種だそうで、未加工の原石だから、日本に帰ってから、加工しなさいと親切に教えて頂く。こちらは日本からの写真やお菓子などわずかなお土産しかお返しできなく申し訳無かったが。 いろいろと日本のことを質問されるが、こちらとてもあまり良く知らないことが多く、ご期待には添えなかったようだが、1世の方は、日本人と会話が出来たことで、日本を偲び、懐かしむ事が出来たのであろうか。 移民後の苦労話を聞き、2世や3世の方とお話していてして感じたが、ブラジルの印象は「一世の努力、二世の同化、三世の飛躍」に尽きる。 いずれにしてもこの国は建設途上若い国である。 続く

遠航83日目サントス出港
現地邦人の方に聞いた宝石店で家内から頼まれていたアクワマリンを買う。56$である。遠航の最初であれば、さして高いとは思わないのだが、今となっては痛い。まあこれが土産のメインだから仕方が無いかと目をつぶる。 本日は午後出港だが、午前中は一般公開を行う、停泊日数が少ない所に邦人が一番多い寄港地ならでの特別処置である。 入港以来本日の出港まで延べ3万人の来艦者があった。 1600予定通り出港、岸壁一杯の邦人や、領事館関係者の見送りを受け次の寄港地サルバドルに向かう。 サントス港は海洋からグアルジャ水道を5きろほどさかのぼったところの港であるので海洋に出るまでは狭水道通過の部署のまま航行する、海洋に開ける水道出口の岸辺に日の丸を掲げた人が盛んに旗を振り、手旗信号を送っているのが見えた、多分邦人の方で、旧海軍軍人か経験者であろうか、正確な手旗信号で、サヨウナラアンゼンナコウカイヲイノリマス」と書いている。思わずアリガトウオゲンキデガンバッテクダサイと返したら了解された。涙が出てきて困った。 停泊期間が少なくてあちこちは見学できなかったが、日本人の海外での進出ぶりに感銘を受けいろいろな意味で良い見聞をした寄港地であった。 続く

遠航84日目サントスからサルバドルへ
昨夕サントス出港後は海上平穏、前線の通過後を追いかけているので天気は良い。ただし進1海尉殿はおつかれの様子、サントスは日程が短く忙しかった。 訓練は戦闘応急訓練、その他航行諸訓練(これは各科ごとに行うので、艦の動きには関係ない)のみで割合静かな一日である。水温28度となって、暖かい。 針路035度 速力18ノット 次の寄港地サルバドルまでは約1000マイル弱だからSOA15ノットで3日の航程、明日の訓練の為に少し時間を稼いで走っている。 身体が痛くて立直が辛いが辛抱辛抱。 続く

遠航85日目セニョリータの食欲
ブラジルの印象は一口に言って、発展途上国の若い国と言えるのではないか。多種類の人種を融合しつつ今日まで来たのは素晴らしい。日本のような急激な成長は、この国の国民性から言って無理かもしれないが、豊富な資源と広大な土地を持ちエネルギッシュなラテンアメリカン気質の国民は、この国の将来の発展を約束しているように思える。何し広いのが良い。おまけに底抜けに明るいところも良い。体格も大きいのも良い。 ところでセニョリータの食欲もすごい、一緒に食事をしたが、食事の量たるや、我々の優に2倍はある、そんなに食べて大丈夫かと聞くと、これでも遠慮していると言う。 艦上レセプションでも作った料理は、奇麗に無くなっていたっけ。 暑い国は食欲旺盛でなければ駄目のようである。そのせいかセニョリータも20歳を過ぎると、皆さんビッグになっている。 スマートなのは、20まで。 ブラジルに生きる邦人や、2世、3世は中でも勤勉で粘り強いから、きっとブラジルでの中心的階層となるに違いない、サンパウロではその一端を垣間見ることができた。 本日はエンスンデイ、実習幹部も軌道に乗って来て、手慣れた訓練をする。各地の行事に主となって参加し、いろいろ経験や見聞を広めたようだ。立直中に実習幹部と話をすると、彼等の観察の鋭さには感心する。 進1海尉の実習幹部時よりしっかりしている。 帰国後の彼等の活躍を期待しよう。こちらも負けずに頑張らなくては、でも今日も疲れが取れず眠たい。 明日はサルバドル入港。 続く

遠航86日目サルバドル入港
サルバドルの街は南米の京都と言われるだけあって、大変エキゾチックな感じがする街である。0900港の入り口にあるバローダバッハ灯台を右に見て港内に入る、左手には砲台跡(サンマルセ−ロ砲台跡)が構えていて、ポルトガル植民地時代の外敵の侵入に備えていた昔の面影をとどめている。 海から眺めるサルバドル市街は斜面と坂の町である、それもありきたりの坂ではなく町全体が2段になっていて、海岸地域から上の町との間には崖があって、街を2分しているようだ。下町から上町には、巨大なエレベーターがあって、上下の街の交通機関となっている、坂は胸突き八丁ほどの坂で、車が登れるかどうかと心配するほどである。総体に下町は旧市街、上町は新らしい街のようである。とにかく巨大なエレベーターには驚いた。艦から見るとまるで東京タワーを四角にして立てたような建物が海に向かって突き出た回廊の先に建っている。日本ではちょっと見られない光景だ。明日は試しに利用してみよう。 寺院が多い、この街だけでも300ほどあるとか、それに街の作りが寺院風である、如何にも古都と言う感じ。京都の洗練された建築美とは違うが、古さの中になにか安心できる雰囲気がある。 黒人が多い。 かってスーダンから連れてこられた奴隷が住み着いた所で、アフリカの習慣や、服装が伝統的に残っているようとか。 今日は下町を重点に見学して回る。 寺院と砲台、要塞があちこちに有って(市内に11個所もあるそうだ)、昔の雰囲気がそのまま残って居る、と感じた下町であった。 艦内では特別公開(日系人)が行われた。日系人は当地ではまだ少ないようである。 つづく

遠航87日目サルバドルは古都
寺院はバイヤ州で300以上、有るらしく、サルバドル市内だけでも125くらいあるという。同僚のW水雷長と一緒に出かけた市内見学で立寄った、バジリカ大寺院の隣にある大学の学生に聞いた話である。 サンフランシスコ寺院は見事なほど美麗で、内部の伽藍は金箔で飾られている。黄金の寺と言われて居るそうだが、まさにそのとおり、太閤秀吉も吃驚である。 サンフランシスコ修道院と言うらしく、建設は1723年、ブラジルで最も名高い寺院だそうである。 モデーロ市場に行く、ここは巨大エレベータ乗り場の近くにある、露天市場である。民芸品を売る小さな店が所狭しと並んでいて、トルコの市場のようである。同じような店がいくつも並んでいるが、共倒れしないのだろうか? エレベーターに乗って上町に出た。エレベータは2基、下町上町の交通機関と言うことなのか、無料。黒人の人達と一緒に乗りむ、途中の階は無し、ゆっくりと上昇すぐ上の町につく。下町の庶民層が活用しているのであろう、のってみれば便利な交通機関である。ただし上町の人がこのエレベータを利用しているとはおもわれない。 上町では見学案内にある七つのランプの家と、ルイ・バルボーザの博物館はこんな所と思うような小さな路地の隅に有って、とても博物館とは思えない家だ。時間外であったので中には入れなかった。 昨日見学したバーラ要塞を見に行って灯台の写真を撮る、この要塞は灯台と一緒になっていて、景色の名所。 バーラ要塞の近くにあるサンタマリヤ要塞に向かう。この要塞も写真には写りが良い。どちらの要塞も海に向かって砲台が備えてあり、鋳造製の砲の模型が置いてある。昔の雰囲気が偲ばれるようだ。 上町の高台から眺める町は不規則な作りで、迷路のような道路が走っている。都市整備がなされていないと言うのか、それとも海からの侵入に備えて、町の中を迷路のようにしたのか判らないが、その不規則さ雑然さが気に入った。 この街は上町が整備され、ビジネス街などは洗練された街並みを見せているが、下町はこれから整備されるようで、あちこちで工事現場に出会う。寺院が多く古い街と思っていたがその不調和は、妙に面白い。 子供のお土産を少し買って艦に帰る。 本日は艦では一般公開が行われ、現地の方多数が来艦したそうである。明日は出港ラガイラへ向かう、ブラジルはここでさよならだ。 つづく

遠航88日目サルバドル出港
ブラジルの若いお国振りをサントスやサンパウロで見聞した後では、サルバドルは少しイメージが違って見える。古い町をそのまま保存したかのような、要塞や寺院、街並みは、またブラジルの多面的なところも見せてくれた。サルバドルの印象は、古都の外に、ブラックパワーであろうか。サンバやカリオカのリズムが町中から聞こえてくるような感じがしたが。 0900予定通り出港、現地邦人若干とブラジル海軍軍人等の見送りを受け、ブラジル最後の寄港地を離れる。なんとなくまた来てみたいと感じる町であった。ブラジルate logo(さよなら) 午後から訓練開始、今日は特に重い訓練は無し。各科訓練のみでおおむねNEに向けひた走る。 続く

遠航89日目休養日課
本日は休養日課。午前中は士官室トランプ大会が行われ、T水雷士が優勝。 トランプ競技は、コントラ(コントラクトブリッジ)である、このコントラは海軍軍人の必須の技能?とされているらしいが、難しくて、進1海尉苦手である。頭を使うしあいての手を読んで適確に応対しないと、「何だいまのコールは?」などと叱られる。 どうもこの種の技能には向いていない、要は頭が悪いのであるが。 手の札のカウントと対戦相手のコール、自分のあいてのコールやレスポンスをすばやく判断していかないと駄目。海軍軍人の素養に欠けるといわれそうだが、余り勝負ごとに熱を入れない質であるし、血液型O型である。 鷹揚なレスポンスや、コールでトランプ仲間に嫌われるのもなんだから、余り積極的には参加しない。 海上自衛隊の艦艇や部隊では盛んだ。昼休みなどは食事そこそこに、トランプを広げて、午後の課業始めぎりぎりまでやっている。本艦士官室は訓練等の都合もあり、あまり盛んではないが便乗者のみなさんは、結構楽しんでいるようである。 休養日課のお陰と、サルバドルでのまじめな見学が幸いして、出港後体調も良く楽である。 艦橋当直中鯨を見た。2頭の鯨が海面からジャンプしている。鯱かなにかに追われているような様子だ、体長20メートルほどの大きさ、鯨としては小型であるが、衝突すると艦にも影響がある。少し変針して鯨との出会針路を外す。 しばらくすると見えなくなった。ソナー室に聴音、探知を指示。成果無しの様子。 針路025度 速力15ノット海上模様静穏。退屈である。 続く

遠航90日目 夕日残照
南米大陸の右肩をなでるように、左へ変針302度の基準針路となった。いよいよ帰路に就いたの感。 水温20度、気温29度、日中30度を超える、赤道に向かっているわけだから、暑くなるのは当たり前。南西の追い風が船足を速めている、風速20ノット近く吹いている、追い風だから艦の動揺はない。スコールが時々降る。熱帯特有の気象状況である。 飛魚が姿を見せはじめた。太平洋側の飛魚、大西洋側の飛魚も皆同じように長距離を飛ぶ。滞空時間をストプウオッチで計って今のは30秒、すごい などと他愛も無いことをした。 訓練も一段と激しくなって来ている。ハイライン、防水訓練、溺者救助、各科訓練と、実習幹部は休む暇も無い。 夕焼けの残照が実に奇麗だ。訓練終了後の艦橋ワッチ、の一時、思わずカメラを取り出して、夕日の沈む水平線を写す。 遠航に来て良かったと一瞬思う。 続く

遠航91日目気分一新
実習幹部の分隊配属替えが行われ、新しい配置で実習が始まった。 1分隊の配属だった実習幹部は3分隊の配属などに変わると、機関当直に入ったり応急室で勤務したり、また一から始めなければ成らないので、面食らう。 機関関係の配属だった実習幹部が今度は艦橋当直にたつからこれまた大変。各実習幹部はあちこちで失敗しては話題を提供している。 遠航終了後あたらしい艦艇勤務でどの職種に就いても一通り勤まるようになるためだ。とはいえ、機関関係から、甲板に上がった実習員は大変だろうと同情する。進1海尉の実習員のとき一番喜んだのは3分隊機関関係の配置のときだ。この時の乗組み幹部であったE応急士が本艦の応急長である。E1尉は豪快であるが、実習幹部に威張ること無く、面倒見の良い幹部であったから、当時の実習幹部には絶大な人気があった。今も実習幹部には人気が有るようだ。 新しい配置での訓練が始まり、艦内はまた活発になった。ハイライン訓練、防火訓練、溺者訓練と忙しい。毎日多くの訓練が繰り返されるが、実習幹部個人にとっては、それぞれの訓練種目は1回か2回くらいしか、実際に主になって訓練できないから、回数を重ねないと意味が無い。 遠航帰国まで50日をきった。最後の長い退屈な航海に入った。ここを乗り切れば後は気分的にも帰国まで慌ただしいうちに過ぎるだろう。 2015赤道通過。夜中なので、当直員だけの赤道通過のような気分、勿論お祭りも無い、事務的に「通過」てな感じであった。 針路305度速力15ノット 続く

遠航92日目地獄極楽
暑い一日であった。 本日は戦闘応急訓練が一日中続く。実習幹部の配置替えが有ったので、また訓練種目も始めに戻った。戦闘応急訓練は、艦内閉鎖が行われ、冷房もストップ、時々換気もとまる。 喫煙者には地獄であろう。時々艦内閉鎖を破って、通路で喫煙している様だ。気温31度水温31度海水の冷却が利かないので、艦内は蒸し風呂である。 本日は艦橋当直が無く通信室での戦闘応急指揮だから、助かっている。戦闘配食が美味かった。他の部署に比べると進1海尉の配置は極楽である。 続く

遠航93日目 不思議な海
海の色が時折変わる。濃いブルーから突然緑になったり、今度は紫になったり、さすが大洋は広い。 幾つもの潮の流れが、海面の色を変え、表情を変える。海の中には川が流れているかのようだ。太陽の光線と、海水中の微生物や塩分濃度などの影響で、色が変わるらしい。本当に自然界には見たことも無いいろいろな事象があるものだ。 本日は戦術運動訓練である、本艦、夕月が交替で先頭になり航行する。後続艦は先頭艦の航跡に入るように操艦する。 後続艦でついて来ている夕月が、何かの間違いで反対舵を取ったとき、艦橋の司令官が夕月に実習幹部と当直士官の名前を問い合わせた。 なかなか返事がこなかったら、司令官がくどいほど問い合わせて応答を求めていた。ちょっと聞き苦しい程である。将官とも有ろうものが、些細なことに目くじらを立てなくてもよさそうなものをと、情けなく思う。 夕月の実習幹部も配置替えで、不慣れな実習幹部が操艦していただろうに。 進1海尉の知っている限りの将官にはそんな神経質な、指揮官はいなかったが。 せっかくの自然界の美しさに感動していたのに水を差された一日であった。 針路305度変わらず。 続く

遠航94日目 十五夜の海
水温と気温が逆転している。水温32度、気温27.5度。 こうなるとエンジンの冷却が効率不良となる。冷却には海水を使うが水は冷たいのが当たり前だから、艦内の冷房も気温より低いから冷却効果がある。今は空気の方が冷たくて、冷却用海水のほうが温度高いので冷却にはならない。応急長が所掌の艦内冷房、空調が利かないので、風当たり強いようだ。豪傑応急長はそんなことには無頓着、暑いときは暑いなりに我慢せよだそうである。 今日の訓練は船団護衛である。この訓練は2隻では余り意味が無いようだが、基本的なことは学べる。 仮想船団を想定して、船団直衛艦の2隻となって、護衛隊形の陣形を組んで航行する。訓練中には潜水艦探知が有って対潜掃討訓練が有ったり、対空戦闘陣形になったりしての基本的な訓練だが、実習幹部には理解できただろうか。 江田島ではこの種の訓練は図演等でしか経験していないから、実際の艦の運動を含めた訓練はこれが初めてである。 この訓練では交話訓練が伴うので、その点は為になる。 この航程も終わりに近づいてきた。今夜は十五夜である。ヘリ甲板には月見台を置き団子やバナナ、それにススキを飾ってある。ススキなど何処で調達してきたのだろう。 我が家ではどうしているのか、月を見ると、かぐや姫ではないが、なんとなく感傷的になるものである。 続く

遠航95日目 山城劇場公演
気温35.5度帰路の現在までの最高温度である。 トリニダードトバコ島を左右に見ながら一路ラガイラに向かっている。 午後は演芸会がへり甲板で行われた。落語有り、漫才。喜劇有り、果てはストリップまである。ブラジル風のサンバが有ったり仮想セニョリータが大勢出演である。赤道祭の時のように準備も結構やっていたようだ。セニョリータの衣装もなかなか立派である。音楽隊員の海曹が落語を演じてくれたがこれが実に面白い、何でも本人は、退職後落語家になる積もりでいるとのことだ。彼なら落語家になれそうである。乗組員には芸達者が多い。実習幹部の寸劇では艦長始め各科長等のもの真似が巧みで思わず拍手喝采である。演芸会は夕刻まで続いたが、残念なことに途中で当直時間となって中座した。 こんな日も有って良い。 続く

遠航96日目 艦上即売会
休養日課である。午後からヘリ甲板でカンビョウ大会有り。カンビョウとはスペイン語のcambiar(カンビアール=交換)の日本語なまりである。即ち遠航で購入したお土産の交換即売会である。パナマで仕入れた鰐細工や彫り物始め、アルゼンチンでの毛皮、宝石、かばん等々、よくもこんな物まで買ったねというほどの品物まで、さながら、サルバドルの市場である。 中にはせっかく買ったが、財布が心細くなって仕方無しに売る者もいて、大盛況である。2分隊では売り上げ約90$あったとか。バナナのたたき売りもどきの売り上手な乗員がいて、その口上に拍手が出たり、和気藹々の市場である。 次の寄港地カラカスは艦内新聞によると、土産らしきものはあまり無いとの情報であるから、皆この市場が最後の買い物であるかも知れない。 午前中に鰹の大群を見る、鯨も1頭見た。トローリングをやったが成果はなかったようだ。 今朝は休養日課と言うことで、朝遅くまで寝坊を決め込んだ。 毎朝士官室の当番君が朝食時間ですと、起こしにくるので、寝てはいられないのだが(士官室の食卓が片づけられないので、当番は無情にも必ずおこしに来る)今朝は昨夜から次の漢詩もどきを書いてドアの外にはっておいた。効き目有り。朝食抜きで寝かしてくれた。 「我不要朝飼 多謝労給仕 願余人声無 欲故郷夢見」 明日はカラカス入港である。針路西に変針240度、速力6ノットカラカスは近い。 続く

遠航97日目ラガイラ入港
0930ラグアイラ海軍桟橋に入港本艦と夕月は目刺しである。 当地は公式訪問国であるので、親善交歓行事が行われた。実習幹部は、バスでラグアイラ市内の見学、保養地ロス・カラカス、及びベネズエラの首都である、カラカス市内を見学する。 カラカスの市内は、さすが石油成金だけ有って、道路は立派、高速道路並みの道路が整備されていて、街路樹の緑とマッチして奇麗だ、道路行政が進んでいるのだろう、東京の道路とは比べ物にならない。 公園もまたしかり、手入れが行き届いている。またご多聞にもれず記念像なども立派、ここは独立の父シモン・ボリバールの生家があるから、記念像はあちこち。 市街地はブラジルと趣きを異にしている、まるでヨーロッパの都市と変わらない。ただ市外地の山麓には貧民窟が点在するから、矢張りここも貧富の差が激しい事もあらわしている様だ。 ここは物価が世界一高いと言われている。 カラカスには大使館があるので、鶴賀大使を栄誉礼でお迎えした。とにかく暑いとこではある、の第一印象だ。 続く

遠航98日目海水浴の巻
とにかく暑くて、日中はあまり外に出かける気はしないが、桟橋からバスで10分ほどの海岸沿いにエル・パルマというところが有りそこは、いわば海水浴場兼別荘地帯だが、今日は海水浴に行こうと思い立って、バスに乗って出かけた。(バスは安価な交通手段、利用方法にもすっかり慣れた)当地は海岸まで山が迫っていて、良い砂浜がないため、防波堤で波を防いだ内側のプール状の海水浴場だ。 土地の人間は海水浴などしないのかと思っていたが、この小さな海水浴場に結構大勢の人が入っている。毎日海の上にいるのに海水浴もないもんだが、まあたまには気分転換とばかり水着に着替えて少し泳ぐ。しばらく泳いで地元(どうか判らないが)の姉妹とおしゃべりをして半日遊ぶ。帰りがけに岩の上に乗った時足を滑らせ、小砂が足に刺さり、びっこを引いて帰る。 普段やりつけないことをすると天罰が下る。 続く

遠航99日目南米最後の夜
本日は当直士官 上陸員の話でも、ラグアイラ、カラカスの物価はべら棒に高いと言う。ここでの通貨はボリバール(独立の父シモン・ボリバールからつけたのだ)1ボリバールは100センテイモ約70円である。旅行者は交通費を除いて一日30$(約1万円)は必要だそうである、本艦士官室もあまり上陸しない空気だ。 カラカスのOld cityあたりはなかなか面白そうであるが残念。 ラグアイラ市からカラカス市に掛けてケーブルがかかっている。標高2000mは有るそうで頂上まで約30分かかるそうだ。 本日は当直士官で参加はできなかったが艦上レセプションが有り、艦内は賑やか。 南米最後の訪問国の夜は忙しく過ぎた。 続く

遠航100日目ラグアイラ出港
0800ラグアイラ出港、南米最後の港を後に一路パナマへ。 ラグアイラ出港時、港外で英国軍艦フリゲートF122、及び潜水艦1隻と入れ違いになる。お互いに軍艦の敬礼で挨拶する、外国軍艦といえども軍艦同士の挨拶は行うのが常識、挨拶には指揮官の階級にる敬礼の作法がある。 挨拶を交わす時には階級が下位のほうから先にラッパや号笛で(各国海軍の礼式により異なる)挨拶する。上級者はこれを受けて同じようにラッパ等でで返礼するのが慣例となっている。英国軍艦はフリゲート艦で将旗ではないからこちらの司令官の方が上級者だ。英国フリゲート艦、及び潜水艦からも挨拶があった。 さすがブリテン海軍である。国によっては作法も常識も無い海軍軍艦もいるが。 この海域はパナマ運河通峡のためや、カリブ海域の海上交通の輻輳する海域であるから、夜間は、行合船が多い。艦橋の中のレーダーレピーターにも目標が入ってくる。時々司令官がレピーターを覗いて、目標を見つけては、「レーダー目標を早めに報告させよ」などと当直士官を叱りつける。艦の運行は艦長の責任であって司令官には直接の責任はない、直接、艦の運用に口を出す事は普通はしないものだ。司令官は指導しているつもりで言われているのだろうが、艦にとっては面白くない。艦長がその場にいたら気分を壊すだろうがと、もう少し将らしいご指導をと内心おもうが口には出せない。 気まずい当直であった。 続く

遠航101日目帰心矢のごとし
昨日に続いて、今日は本艦M船務長が司令官にやられた。 訓練の始めには司令部からの指示によって本艦と夕月の陣形などが示される。この時の各艦の運動指示に不手際が有ったのがそもそもの原因だが。 このところ何やら艦橋が騒がしい、帰路の心理的な疲れと弛緩がそうさせるのであろう。乗員の誰もが一日も早く帰国したいと考えている様だ。こんな時には事故が起こり易い。訓練は休みなく行われている。本日は砲戦訓練、戦術運動、応急操舵訓練、訓練の定番だ。ちかじか、訓練指導官による個人の成績評価が行われることも有って実習幹部は皆真剣に訓練に参加している。 今日はヘリ甲板では手旗信号の試験が行われていた。乗員の航海科員による手旗文を読み取るのだが、手旗を書く速度が結構速いので、慌てているようだ。夜には発光信号の試験も有るとか、ご苦労さんである。 明日はパナマのカリブ海側入り口、クリストバルに仮泊の予定。パナマは近い。 続く

遠航102日目クリストバル沖仮泊
夕刻パナマ運河の大西洋側入り口の港クリストバル沖に仮泊通峡待ちとなる。明日運河通峡し、再度バルボアに入港の予定である。今夜は特に何もないと思っていると、夕食後幹部会報だ。遠航も終わりに近づいて、練習艦隊の士気ももゆるみ勝ちになったと思われたか、司令官からの指示が伝えられた。 もろもろのご注意があったが、中でも以後の寄港地での上陸に際して、幹部といえども帰艦時刻を23時とするとか。 帰国まで無事に無事故で遠航を終了させたいとお考えの事であろうと推察するが。ちょっと神経質すぎるではないか? 無事故で帰国は良いが、遠航の目的には、親善交歓も有るのだから、あまり厳しくするのはどうかと思うし、幹部を信頼していないのだろうかとこれまた、勝手な思いをしたりしている。 司令官という指揮官の責任感と艦乗組み幹部の責任感の重さの違いだろうと諦める。 何はともあれ遠航の3分の2を消化し無事に太平洋に帰れるようですね何だか疲れましたねと、同室のM船務長と話しながら休む。今夜は飲酒許可もなく、静かな艦内である。  つづく

遠航103日目パナマ運河通峡
0720出港予定が、パイロットの乗艦が遅れ0810となる。 往路と逆に最初にガツンロックに入りガツン湖には0920に入る。途中の閘門も順調に通過、予定より30分早くバルボアに着いた。往路と同じく今回もかなり早い通過記録となったようだ。7月26日の往路の通峡時より涼しく、楽な通峡であった。通峡中は2時間だけ当直士官として立直して交替。 後は艦橋付近で運河両岸の地形を観察、写真に取ったりして過ごす。スエズ運河と違って景色も美しい。 いよいよ太平洋に出る、ここまで来ると後わずかという気分が一入感じられる。 入港後郵便物が各艦に届けられた。自分にも家からの手紙が着いていた、家内の手紙はなく子供達のだけでちょっと寂しいが子供達の書いた絵のような手紙に、成長ぶりが感じられやや気分を良くする。 バルボア入港は1600であったので、本日は外出せず。 続く

遠航104日目買い物DAY
バルボアには米陸軍基地がある。ARMYの基地内のPX(売店だ)にW水雷長と、足を伸ばす。子供達のお土産を買うためである。ARMY PXとはいえ、大きいショップで、日用品から食料品、衣類、機械、何でも有る、子供用のオモチャ売り場まであるから、さすがだ。組み立てブロック、フライホイール付の自動車のオモチャ、合計8$95¢。その他内地お土産用たばこ6$15¢。安いとはいえ、結構出費。遠航は土産代が結構かかると、出発前に聞いていたが、ホントだ。 午後も再びPXに行く、明日は出港であるし、外出は往路で堪能したので、専ら土産の買い出しに専念。 JAPAN NAVYの行くところPXとBARのみ。米陸軍基地は海自隊員で占領されていた。 夕刻、地元の民族舞踊団が来訪、ヘリ甲板で民族衣装を着た踊り子が舞踊を見せてくれた。かるやかなリズムと軽快な動き、派手な衣装に大拍手。PXで購入した絵葉書の民族舞踊の写真の裏に踊り子にサインをしてもらう。何と書いてあるのか、スペイン語のつづりで判読不能だが、多分踊り子さんの名前なのだろう。 日中はかなり暑かったが、夕刻になると海からの風で涼しい。 バルボアの街の明かりが奇麗である。この港も明日はお別れだ。往路ほどの感動はなかったが、運河再通峡は貴重な体験として残った。 続く

遠航105日目〜114日目ロスは遠し3000マイル
遠航105日目 前途けわし。
バルボア出港は定時0900。 次の寄港地ロスアンゼルスまでは2993マイル9日間の復路2番目の長航程。さあ何が起こるか、気を引き締めていこうぜと、科員に話を したとたん、一科員が金銭問題で泣き付いてくる。 友達に預かった土産用の金を使い込んでしまって、返せない 何とかしてくれという。 まったくしょうがない奴だがほっとくわけにも行かない。たいした金額でもないので、給料日返済で返すように、補給長から借金させる。この調子では帰国まで何が飛び出すのか判ったものでない。 本日はエンスンデイ。訓練も順調である。指導官もかなり楽になって来たようだ。

遠航106日目碁敵は?
艦内生活は単調だが、ブリッジに上がって、当直中海を眺めていると気が休まる。鯨を見たり夕焼けの美しい空を見ていると我を忘れるほどである。これが訓練が始まるととたんに騒がしくなって、その都度揉め事が起こるが、これも長期航海の影響だろうか。 最近は同期のW水雷長と碁ばかり打っようになった。両人ともヘボ碁であるが無聊を慰めるには格好のもの。進1海尉は八級程度、W水雷長は少し上、進1海尉の碁は良く言えば直感的、言葉を変えるとおおざっぱ。W水雷長は理詰め、堅実、結論出るまで時間かかる、遅い。両人の性格そのままだ。大体焦らされて負けるのは進1海尉。 本日の訓練 ハイライン訓練、溺者救助訓練、の二つ。溺者救助訓練は実習幹部にとっては個人の技量が直接認識されるから、真剣であるし、見ていても為になる。その号令のタイミングでは回りすぎるぞと内心思っていると、矢張りその通りの結果になって操舵号令と、艦の動きのタイムレートを体感として捕らえられる。実習幹部が操艦する時は、口出しをしない事になっているので、ひやひやするが、最近はそんな事も無くなって安心して見ていられるように成った。実習幹部の技量も向上しているし、又個人個人の性格も、癖も良く判ってきたので安心である。実習幹部は交替時間が艦の幹部とは違って1時間ほどずらしているので、艦の幹部の当直中には実習幹部が入れ替わるので、一日には最低4組か、多い時は6組の実習幹部と顔を合わす。100日も同じ艦の中で生活しているのだ。今では個人個人の名前が判るようになっている。 彼等の方には、気心の合う幹部といやな幹部とが有るようで、立直中概ね艦橋の両舷の見張り台付近にいて、あまり艦橋内にはいってこないのは、いやな幹部と一緒という事なんだろう。 こちらは司令官と艦長に挟まれているので、逃げようがない。 辛いところである。 針路318度速力15ノット

遠航107日目原動機付ヘリコプターが飛ぶ
本日は遠航始まって始めて、DASHの飛行訓練が有った。 DASHは無人操縦のヘリコプターで魚雷を2本搭載し、艦からの無線操縦で遠距離にある敵潜水艦付近に飛行し攻撃する兵器である。夕月型護衛艦には2機搭載しているが、山城にはない。 このDASHのコントロールはなかなか難しいそうだ。進1海尉の同期生が始めてこの無人ヘリコプターの管制官になった程海上自衛隊の対潜武器としては新しい。 ただし、その形や飛行ぶりをみて我々は、これに綽名を付けている。称して、第3種原動機付対潜ヘリコプター。 同期の管制官と合うといつもこう言ってからかう。 DASHは夕月を発進して、フラフラと揺れながら飛行し、山城のヘリ甲板に無事着艦、又飛び立って夕月に帰投した、海中に落ちたら沈んでしまうので、はらはらしながらの見学だ。 無事夕月着艦が見えて、拍手。 本日の最大イベントであった。

遠航108日目安らぎの海よ
戦闘応急訓練有り。 本日は司令官風邪を引いたとの事で、艦橋には一度も顔を見せなかった。司令部幕僚の顔が明るい。 日没時の写真を撮る。夕月が横列陣形で並んで航行している時が写真のチャンス。夕日を背に航行している夕月の艦影が美しい、一昨日はもっと奇麗だった。自然は一日たりとも同じではない。 針路295度速力15ノット

遠航109日目バルチック艦隊?
午前防火訓練、戦術訓練。午後休養日課。 司令官は喉が化膿しているとか、幕僚が話をしている。司令官がダウンしている間に、と思ったかどうか判らないが、今まで陸岸から離れての航路だったが、急に沿岸寄りアカプルコ沖10マイルまで針路を変えて接近した。 幕僚が司令官の顔色をうかがう様では、バルチック艦隊と一緒ではないかと、心底穏やかならず。
遠航110日目漁船との出会い
休養日課。第2回艦内娯楽大会。トランプ、碁、キャロム、輪投げなどなど、前回と同じ。海の男達もまるで子供に帰った見たいである。 昼ごろ漁船第72共和丸及びほかの1隻と行き会い、行き足を止めて、漁船と交歓、こちらから、ビール、酒、等を渡す。漁船からはマグロを貰った。 漁船の話によると、メキシコのマンサニヨあたりを基地として操業している模様。彼等の話によると日本漁船はメキシコ海軍には痛い目にあっているらしく、もう1隻の漁船はこちらをメキシコ海軍と間違えて、逃げてしまったようである。 お互いの安全を祈りつつお別れ。別れ際に漁船の乗組員が手を振っていたのが印象的であった。良くぞこんな遠くまで操業に来るものである、改めて日本の漁業資源が遠洋の地にまで伸ばさざるを得ないのが実感として感じられた。漁船の安全な操業を祈らずにはいられない。

遠航111日目 日誌の種は?
昨日の漁船との出会いについて、実習幹部から早速日誌に所見がしるされていた。日本の漁業の実態と、海上保護のあり方など普段頭で考えていた事が実際に体験見聞できた事が、物事に対する考え方を深めた。と言うような所見。彼等の目は若いが鋭い。綜合試験が迫っている事も有って、気分も引き締まっているようだ。9年前の自分を思い出す。 当時と同じく実習幹部は当直勤務を終えると次直の実習幹部に申し次ぎを送る際日誌を書いて艦の当直士官と指導官に見せてから次直に渡す。この日誌が結構大変、毎日同じような変化のない日課では、所見の種が尽きる。何を書こうかと頭を絞ったものだ。今の実習幹部も概ねそのようで、苦労しているようだ。何しろ所見無しなどとは書けないから。 本日の訓練は対潜掃討訓練。これは時間も長くかかるし海上自衛隊のお家芸だから、訓練するべき要素も多い、運動盤解析、目標プロット、交話訓練、号令、指示、報告要領など、主としてCIC室と艦橋、UB(対潜室)との3個所での連携訓練だから訓練としては効果の上がる訓練だ。僚艦夕月との連携動作も有るので、艦の当直士官も真剣である。 今日の日誌には所見も書き易いだろう。

遠航112日目 海は自然の宝庫
艦上運動会が行われた。 進1海尉暗中模索競技では3位、艦上打撃戦では優勝の大活躍。暗中模索競技とは、二人一組、目隠しをした者の背中に乗って、目標を回って帰る所謂目明きとオシの二人組の競技。 艦上打撃戦は生卵を二人一組になって、互いに卵を投げて受け取りその距離の長さを競う。最初は5メートルから。卵を落としたりつぶすと失格。勝ち残り組は投げる距離が増え、10メートル、15メートルとなり、優勝。最後にエキビジョンで20メートルに挑戦したが相棒が卵を受け損ねて失敗。本競技決勝までに割れた卵は数知れず。補給は大丈夫かなと心配。 練習艦隊はカルフォルニア半島沿いに北上いている。ここらあたり海面は北流と南流の境界に入った模様で、海面には無数の海老の稚魚が層を成して一面に浮かんでいる。赤い味噌汁の中をかき分けるようにして航行する。この海老の稚魚は、(稚魚と言うよりプランクトンに近いが)多分深海から海中の上昇流で浮きあがって来たのだろう。いまだかって見た事もない現象である。地球上の水産資源にはまだまだ未知の物が有るようだ。

遠航113日目 ロスへ急げ
明後日の午後ロス沖に仮泊の予定で進んでいた練習艦隊は、山城乗員の一人が虫垂炎の疑いが有って、急遽増速、ロス沖仮泊を早めるため、訓練を取りやめて航走。明日の仮泊地着は0700頃の予定。
遠航114日目ロス沖仮泊
0720ロス沖内防波堤の約1000メートル付近に仮泊に仮泊。 あたりに米軍艦艇が多い、さすがここはアメリカだ。モンテセロに似た丘が左手に見える。遠くにかっての豪華客船クインメリー号が見える。今はホテルになっているらしい。せっかくのロスアンゼルスを前に、頭が痛い、空調がききすぎて風邪を引いたようだ。 明日の入港が楽しみ。 つづく

遠航115日目 ロサンゼルス入港
0800仮泊地発0900ロングビーチ米海軍基地9番pierに横付け。 さすが米海軍だけ有って今までの寄港地の受け入れ準備と違って、万事に抜かりがない、準備万端である。横付けすると、直ちに桟橋が着けられるし、連絡官が乗り込んでくる。電話工事が同時に、水の補給がすぐ出来る、スマートである。合理的であって、気持ちが良い。音楽隊や花束の歓迎よりも有難い。 港内には横須賀ほど艦船はいなかった、多分出港している艦が多いのだろう。基地内は広く完備されているようだ。ドル危機で病めるアメリカなんて何処に有るのか。 日本でのアメリカ観が如何に浅薄で嘘が多いのが良く判る。 実習幹部達は入港そうそう市内見学に出発、当地には2日しか停泊しないので、忙しい見学になるようだ。バス5台で出発、ロキード社など見学する。本当のアメリカを見て来て欲しい。 続く

遠航116日目ロスの町で思う
午後市内見学に出る艦の乗員用見学バスに便乗する。 矢張りロサンゼルスは全米第2の大都市である。リトル東京にいく、思ったより小さくて期待外れの感がした、
雰囲気は日本とまったく変わらない、日本以上に日本的かもしれない。 メキシカンtown、シテイホール、ハリウッドボール、サンセット大通りなど、アメリカらしい風景。ビバリーヒルズでは西部劇で見た俳優のビクターマチュアの家がこれと紹介された。どれもこれも大きい美邸で良く判らなかったが。 チャイニーズシアターなどは面白かったが矢張りバスで走った、フリ−ウエイ、ハイウエイ、サンセット大通りなどが、アメリカを象徴しているように見えた。
チャイニーズセアターの道路にある有名スターの足型がある。 エリザベステーラの足型を見つけて、足を合わせてみる、大きい。 チャップリンの足型が新しく出来たと言うので、それも足を載せたが、これは小さい。近くにはウイスキーアゴーゴーの店黄色い壁が印象的、昼間なので静かである。 帰路に大きい住宅街を抜けた、バスの案内者がここは退役軍人の住宅地域です、と紹介してくれた。老後をここで過ごす元軍人の町で、静かな閑静なたたずまいの住宅街である。我日本では考えられない。ここにもアメリカのパワーが見える気がする。 わずかな時間の見学であったが、アメリカを垣間見る事が出来て満足。いつか個人的に旅行の出来る時代が来るだろう、サンデイエゴとロスアンゼルスにはもう一度来てみたい。 続く

遠航117日目ロス出港
0900出港米海軍関係者、在留邦人の簡素な見送りを受ける。見送りの中に司令官の奥方が見えられている。ロス入港に合わせて日本から来られたようである。 最後の寄港地ハワイに向けての航海が始まる。艦内では士官室囲碁大会が始まった。初対戦相手はD砲雷長、強豪相手であるから正攻法では勝てない、奇手で虚を衝き見事緒戦突破。 勢いに乗じ電信士と対戦、相手を軽く見て失敗、負ける。油断大敵、おごれる平家だった。反省。 時刻帯変更が有りお陰で1時間ワッチで済む。 続く

遠航118日目北斗七星再見
エンスンデイで音楽隊員の演奏があった。中南米音楽を堪能させてもらった。いつ聞いても音楽隊員の演奏は素晴らしい。吹奏楽団としては、日本でも屈指のうちに入るのであろうか。 音楽隊員は全国から集められた音楽隊員を東京音楽隊に集めて、遠航前に派遣員を決定し、寄港地毎の演奏曲目や国歌をリハーサルして準備されて来ている。個人個人も勿論チームとしても一流であるとの話である。寄港地で特に在留邦人には日本の童謡などが好評であったし、現地の人には、今流行りのジャズやラテン音楽が喜ばれたそうである。 艦内では囲碁大会が引き続き盛んである。士官室は碁会所の様相を呈している。海上平穏、一路西へ艦は進む。夕刻北斗七星を見る。 時刻帯変更+8時間 針路258度速力15ノット 続く

遠航119日目新聞の種
訓練射撃有り、水上射撃、対空射撃、ボフォース投射をまとめて実施。射撃可能海域でなければ、訓練が出来ないから、米軍射撃訓練海域内の実弾射撃である。射撃は順調に経過した。 新聞事件発生。山城艦内新聞に投稿予定の司令官の原稿が締め切り日を過ぎた為記事にならなかった。これを見て司令官が原稿を引き上げもう書かないと駄々をこねる。新聞担当士官が困っていた。何をお書きになったのかこうなると次回には是非見てみたいけど。 針路255度速力15ノット 続く

遠航120日目モーラ事件
ハイラインで司令官が夕月に移乗する。 昨日は新聞事件、今日はモーラ事件。モーラとは南米の民族的な手芸の布で大きさはハンカチ大から風呂敷き大等様々でお土産に観光客が買って帰る民芸品の一つだ。このモーラを飾るために木の枠を使ってモーラの生地をはると、室内装飾品として、壁掛けなどになる。 この木の枠を応急員が司令官用に造ったところ、艦長にはないのにと、一悶着。昼食時艦長とE応急長との間に不協和音。 長い航海でストレスが溜まっているのだろうが、つまらぬ事で良く騒ぐ艦である。針路248度速力15ノット 続く

遠航121日目コカコーラ事件
今日はコカコーラ事件。夕月が山城に販売を依頼したコカコーラの話である。 艦内の酒保(艦独自の売店である)は艦内で販売する飲料品やたばこ、菓子類、その他日用品などを出港前に基地の厚生科から購入して積み込み艦内の乗員用に販売する。(市価と変わらないが仕入れは少し安いので、販売するといくらかは利潤が出る、この利潤は、艦の酒保係が管理していて乗員の福利厚生に使われる。監査は艦の幹部が担当する) 完売しないと負債となって繰越さなければならないから、出来れば完売したい。夕月は山城より乗艦者数が少ないので、予定より売れ行きが少なくて帰国までかなり残りそうな気配であったようだ。 そんな訳でハイラインで司令官が山城に帰艦する際に販売を依頼したコカコーラも一緒に移送された。 ところが、この件が司令官の耳に入っていなかったらしく、司令官がお小言を言っていると、後方幕僚から一言あったと、艦長が立腹。というお粗末な事件でした。 帰路になって始めて映画を見る。喜劇「体験旅行」おおいに笑う。ハワイは遠し。 針路248度速力15ノット 続く

遠航122日目流れ星一つ
昨夜は十三夜であった。青い月が中天に輝いていた。 夜のワッチ中に大きな流れ星を水平線の近くで視認する。まるで航空機が墜落するかのような速度で、一瞬はっとしたほどである。日中の日差しが強くなって来てハワイが近いと思わせる。旗甲板で日光浴を行う、うねりが大きい、まったく平面かと思うようなうねりで、よく見ると遥かかなたの夕月が時々見えなくなる。太平洋は広し。 短波放送で「ルパング島で元日本兵発見」のニュースを伝えている。戦後17年間今日までどうして生きていたのかなと思う。 本日の訓練対戦掃討訓練。 針路246度毎日少しずつ西寄りに変針している。速力15ノット 続く

遠航123日目誤算
士官室の囲碁大会はまだ続いている。今日は便乗者のF技官と対戦。弱敵ござんなれと、甘く見てかかったのが失敗、負けてしまう。残念至極、まったく雑兵に大将首を取られた感じである。それほどでもないか。 便乗者は本艦に13名ほど乗艦している。派遣元はいろいろで、F技官は技術研究本部の主任研究官だ、まだ若いが、主任研究官はたいしたものである。他にも施設庁や調達庁、防衛大、内局部員とか、職場にあっては主要な人々だが、わざわざ遠航に参加させるのは、暇であるわけではなく、今後の防衛施策に役立って貰うためである。皆紳士である。狭い艦内にも不平をもらさず乗員幹部達と良く話をしたりして、船乗り仲間として振る舞っているのは偉い。 提出課題の作成と、実習幹部の勤務成績点を付ける。 皆同じようにしてあげたいがそうもいかない、配点に苦労する。昨夜の流れ星は球電と言って雷の一種らしいと船務士Bが教えてくれた。どおりで普通の流れ星とは見えなかった訳だ。 本日の訓練戦闘応急訓練。 針路243度速力15ノット 続く

遠航124日目〜126日目ハワイに乾杯
遠航124日目みよあれがダイヤモンドヘッドだ
0945オアフ島沖仮泊
右舷正横にダイヤモンドヘッドが見える。思ったより貧弱に見えた。全体に小さくて、南米の海岸のように雄大さはないが沖に仮泊後見えるワイキキの浜辺は美しい。 仮泊している艦の側をヨットやボートが走り手を振っている、よく見るとトップレスの美人である。矢張りハワイだ。 空港から飛び立つジャンボ機の姿が印象的。 仮泊後明日の入港を前に整備作業だ。 飲酒許可が出てE応急長、K副官と飲む。 いよいよ明日はハワイ入港。初めてのハワイである。

遠航125日目アロハ ハワイ
0745仮泊地発0900パールハーバー入港 かっての連合艦隊、航空部隊が必殺の殴り込みをやったパールハーバー我々は平和に入港した。アリゾナの記念館は今は観光名所となっている。この狭い湾内をどうやって航空魚雷攻撃をやったのだろうか。戦史に見るハワイとはまったく別の表情を見せている湾内である。 午後から市内見学に出る。アリゾナ記念館にいく。いまだに海底から沈んだアリゾナの重油が少しずつ浮き上がっているのが見える。戦死者の遺体は引き揚げずにそのままでここが墓地ということだ。日本とは違ったものの考え方なんだろう。かって死力を尽くして戦った敵国日本の海軍の後裔である海上自衛隊を迎えて、深海の英霊達は何を思うだろう。 ホノルル市内はすっかり観光都市化していて日本と似ていなくもない。ヌワヌパリ、ダイヤモンドヘッド、アラモアナショッピングセンター、パンチボール、ハナウマ湾、ハロナブローホール、カピオラニ公園、などの各名所を回る。何処の海岸にいっても奇麗なのは良い、このあたりが日本と違うところだ。 市内は車が多く渋滞有り、急激な人口増加を表している。町中の店は日本語が通じて、新鮮味がないが気楽だ。 夜は総領事主催のレセプションに出席した。

遠航126日目ハワイの夜
今日は休養日課 一日中基地内のPX及びワイキキ近くの、アラモアナショッピングセンターで買い物に費やす。 ショッピングセンターで買った土産は、made in japanだった。夜はオフイサークラブで軽く一杯。ハワイの夜は更けた。 続く

遠航127日目〜いざ横須賀へLast voyage
遠航127日目 飲酒操艦?
昨夜はオフイサーズクラブで調子にのって深酒をした、今朝はお陰で二日酔いの酷い事。 出港直での2時間の辛かった事、車なら飲酒運転どころか泥酔運転ものである。アルコールに弱いのに、のみすぎは禁物と判っているのに、ハワイ最後の夜と言う気持ちが有ったのだ。 Officers clubで一緒だった中国海軍士官2人との会話は一体何を話したのだろうか、今朝になっても判らない。反省。 0930予定通り出港、米海軍、在留邦人等の見送りを受けてハワイを後にいよいよ最後の航海訓練に向かった。 横須賀入港まであと12日2週間弱、長いような短いような気持ちは複雑。 ハワイでは日系新聞が発行されていて、日本内地の事柄も乗っている。昨日24日の新聞を読むと、源田 実氏の投稿が論壇欄にあった。「防衛力の限界とは何か」 という題である。 論旨は、「田中総理が北京会談の際、周総理に我が国の防衛費は、GNPの1%以内にとどめる旨を述べ、周首相はこれを了解したと言う事であるが、一国の最高責任者が外国の責任者に対して、民族の生存をかける国防政策を検討もしないで軽軽に語るとはいかなる事か?」とあるのを読み、同感。 遠航に出て、各国の民族意識などを感じると、真に日本は平和ボケの感がする。練習艦隊は海外では海軍と認められてそれ相当の対応を受けて来ているが、日本に帰ると、とたんに軍隊ではなくなるのだ。いつの日にか、海上自衛隊が海軍となる日が来るのであろうか?。 二日酔いがやっと夜のワッチまでには直ったが、一日中苦しい出発の日であった。

遠航128日目 通関対策教えて
実習幹部の成績審議があった。実習幹部には指導官付の幹部がすべて面倒を見るので、艦の幹部が細かいところまでは、タッチしないが、指導官付がまとめた成績一覧をを艦の分隊長以上の幹部で審議する。概ね我々の評価と指導官付の評価と大きくは変わらない。複数の目で見ると大体正確に評価できるものである。今回の実習幹部は粒がそろっているとのことだった。 艦内では帰国に際しての税関準備がはじまって、いろいろ煩わしい。無税品や数量の制限が有るので、それ以上の物を購入してきたものを調査しなければならないが、其の調査を各分隊長がやる事になって、入管検査で問題が有ったら、分隊長の責任であると艦長がいったとか、で各分隊長が憤慨。 最終責任は、いつでも艦長だろうと、怒っている。 艦長としては検査をしっかりやってくれと言う事だろうと解釈する。 遠航からの帰国は、税関では外国往来船として、扱われ。それなりの資格と責任を持つことである。入国手続きには乗組員携帯申告書を提出し、買ったものの領収書や譲与されたもの、使用中のものなどと書いて準備する。免税には数量制限が有って、3ヶ月以上の航海では酒2本、時計1個、たばこ250g以内などであるが、実はそれ以上でも何とか通してくれるそうである。毎回遠航に参加している乗組員はこのあたりに詳しい。

遠航129日 最後の実弾射撃
水上実弾射撃が行われた、遠航最後の実弾射撃である。成績は残念ながら、32番砲右砲が発火停止、海中投棄3発。最後の射撃で有終の美は飾れなかったが、標的命中弾有りでおおむね良好、事故なく無事終わる。 砲術科はご苦労さんだ、射撃後の手入れが大変である。手入れを怠ると故障の原因、それよりも砲はいつでも射撃発射が出来るように維持しておくのが常識、事後の手入れのために艦は動揺を少なくして、手入れがやり易い様にする。激しい動きの訓練は行わず概ね直進航行。 艦上では体育日課で、甲板をグルグルと走る乗員、実習幹部で賑やか。スリムな体型維持のため、進1海尉も走る。このところ体重増加激しい。5キロは太っている、帰国までに減量しなければ。

遠航130日目 忍耐も訓練
船団護衛訓練、今回はSAU派遣訓練なども取り入れて、やや高度な訓練としている。あいにく海上模様荒れ気味で、CICルーム内の実習幹部は苦しそう。狭い中に大勢詰め込まれているから、息苦しい様だ。おまけに室内は暗くしてあるので、尚更気分も良くないだろう。これも訓練のねらいがある。船団護衛や、対潜掃討などは実際、何日も何時間も継続して配置に就いていなければならない。特に人員の少ない艦では一人で何時間もの勤務を強いられる。幹部は1人配置であるから尚更だ。忍耐力の訓練にはちょうど良い。 遠航の訓練も概ね今日の訓練が最終的な訓練となったようだ。

遠航131日目 土産配分悩みの種
少々荒れていた海も穏やかになって快適な航海となった。いよいよ艦内は土産品の整理が始まった。居住区で皆それぞれ荷造りに忙しい。進1海尉も僅かだが整理してみるが、よく見ると余り大きな買い物はない。気合が入らないこと。 土産の内訳は、我が家だけでなく、どうも慣例になっているようなので、遠航出発前の勤務部隊元に持っていく土産を考え、配分先を整理する。 元上司、更にその上の上司、更に其の上ときりがない。同僚の選別には苦労する、あいつには上げたいが、こいつにはどうかな、など、艦内の誰もがそんな事で悩んでいる。 日付変更線通過、

遠航132日目 艦内不穏?
日付変更のため本日は消滅 日本も近くなってきたのに、艦内士官室空気は余り良くない、艦長と副長の間も宜しくない様だ、性格的に対照的であるから仕方がないか。一方は女性的、他方は気が利かないタイプ。合う方が不思議。 そんな中で実習幹部は可哀相。早く帰国して新任地にいきたいと思っているだろうと察する。進1海尉も同じ気持ちである。 もう少しの辛抱だ、お互いに頑張ろう。

遠航133日目 癒しの音楽隊
エンスンデイである。音楽隊の演奏会が有った。 スッペの「詩人と農夫」の演奏を聞く、代表作には軽騎兵がある、帰国してから我が家のレコードでもう一度聞いてみよう。 音楽隊長の話では、コーヒールンバはサルバドルの大学生が作った新しいリズムで、メチスタのリズムだそうである。ラ、クンパルシータはウルグアイで生まれたものであるそうだ。ラテン音楽のリズムにはブラジル国歌で代表されるあの軽快なリズムが主体となっているのだそうである。音楽には疎いが、なるほどそうかなと感心する。 音楽音痴でも演奏を聞くと気分は良い。音楽は癒しの効果有るのだろう。少なくとも軍歌訓練とは違う。

遠航134日目 海の暴走族!!
自衛隊記念日である。記念行事は無し。 艦内は倉庫整理などで通関対策に励んでいる、自衛艦が不法通関などで指摘されると、とんでもないになるから、きちんとした整理をして置かなければならない、無事に通関を通るように書類やら現品チェック各部の点検に時間を取られて忙しい。 かなり厳格に点検するが、いつの世でも、上に政策あらば下に対策有りで、いたちごっこ。目の届かぬ事も有るだろうとは思うが。 実習幹部は綜合試験の受験勉強で、本日から艦橋当直には立たなくなたので、艦橋はがらんとしている。少し寂しい感じである。彼等は目下試験勉強に最後の追い込みであろう。 本日は反転入列と高力運転が有った、高力運転は、艦の最大速力まで、速力を出して、航走するが、艦の最大速力は、簡単に出るものではなく、ボイラーの圧力を徐々に上げて、タービンの回転数を上げていくが、一挙にこれらを行うと、機械は故障する危険がある、これらの使用限度を見極めながら、徐々に高力運転に移行する。その際の各エンジンの補機類の状況も監視しながら、機関科総員の配備である。艦の定められた最高速力まで、必ずしも発揮できるとは限らない、各部の機関補機類、すべての状態が良好でないと、全力発揮は難しい。 高力運転の発令から、発揮までの時間の計測や実効速力の計測などの一連の試験的作業であって、艦固有の力の見せ所である。自衛艦はドックに入り整備が終わって試運転の時には大体高力運転試験をやる。 昔乗った、DD型の艦で、試運転時に高力運転を経験した。 30ノット以上の高速力で走ると壮快であるが、そんなに長時間は航走しないから、面白くない。大体10分ほど最高速で走れば終わりだ。これ以上走るとどこか故障する。また燃料ももったいない。陸上暴走族の様にはいかない。 で本日の高力運転は無事終了、機械の故障もなし。めでたしめでたしである。

遠航135日目 横須賀まで1000マイル
シャワーに入ったとたん背中の筋を痛めてしまった。風邪のせいか、歳のせいか? 一日中ひびいて痛くてかなわない。医務班長にみてもらったら 、あまりもんだりしない方が良いとの事なので、じっとしている。海上模様は、前線通過で、一日中雨。 倉庫点検実施、自分のお土産はほとんどなく、コーヒーとパイ缶だけ。 横須賀まで1000マイルとなった。訓練はなし。針路284度速力15ノット

遠航136日目 実習幹部綜合試験
実習幹部は総員試験で付近に一人も姿を見せない。山城実習員講堂にこもりっきりのようだ。今の実習幹部は幸せだ、大きな講堂が有って、自由に使える。練習艦が無かった頃は、狭い護衛艦の中で、机などなく、食堂のあいた時に利用したりしたものだ。とは言うものの今の環境であっても、自分の成績はそんなに良くはならないだろうけど。 傷めた背中もだいぶ良くなってきた、艦橋では日本も近く気分も緩んだのか、海上の幽霊などの話が出て、笑いが出ている。 実習幹部はしきりに人事電報を気にして、聞いてくる。 気持ちは分かるが、まだだ、電報は。

遠航137日目 悲喜こもごもの人事電報
休養日課。1350頃P2V49号機が飛来、新聞等を投下。 この少し前から前線通過し、雨しきり、40ノットの風が吹く。8時過ぎから、実習員の人事電報が入電する。実習幹部それぞれの新しい配置勤務地が決まる、喜ぶものがっかりするもの、いろいろだが、これから幹部として独り立ちの出発だ。 今夜は彼等は多分興奮して、寝付かれないだろうよ。 今度は船務長が背中を痛めた。帰国目前に可哀相。

遠航138日目 最後のワッチ
遠航最後の夜のワッチ、8時〜10時の立直。 およそ遠航中二百数十回立直したそうであるが良く我慢してこられたものである。我ながらご立派。遠航の成果の一つは忍耐を学んだことだ。 明朝6時〜8時がいよいよ最後のワッチとなる。 艦内大掃除、午後休養日課 続く

遠航139日目 日本視認一番乗り
朝6時〜8時をもって遠航中の当直士官を終了した。7時過ぎに洲崎を視認、本艦で進1海尉が最初に日本を見た事になる。 雨のため視界が悪く2マイル程しか無い。海上も時化模様だ、練習艦隊帰国と言うのに、何だこの天気は。 1040横須賀港防波堤内検疫錨地に投錨。着いたのだ。 午後から通関検査が有った。何事も無く通関。やれやれ。 最後の飲酒許可、各分隊とも盛り上がっていた。ジャイロ室で深夜劇場を開く???。
遠航140日目 遠航終了横須賀着
予定より若干早く0900横須賀入港出迎えもあまり大袈裟で無く静かな帰国となった。 岸壁横付けも無事終了、「機械舵宜し」の号令で140日に及ぶ遠航は終了した。終わったにしては、特に感慨にふけるでもなし、いつもの行動の後のような気持ちで、遠航が終わって、やれやれと言う感じはしない。それどころか、部下の今後の人事異動の調整やら、書類書きで気分は落ち着かない。 朝から人事の件で、副長と遣り合ったり、忙しい。 午後から総監部に行き、人事の調整にいく。 3時過ぎに上甲板に出てみると、家内と子供達それに弟が迎えに来ていた。おお慌てで荷物をまとめて、弟の車に積み込み先に帰ってもらう。遠航最後の日は精進悪く当直士官であった。 続く

帰港後1日目
帰国一日目は身体検査有り。体重増加3.5キロ。これは大変である。冬の制服までに身体を合わせないといけない。 午後から練習艦隊帰国歓迎会が有り出席する。 午後4時過ぎ艦を出発、家路に就く、午後7時に市原の官舎着途中の道路が変わっていた、車も人も多く、外国とは違った活気に満ちている日本である。やっと帰った感じがした。 家内は少し色が黒くなっている、子供達は元気で、大喜び、守るは幼児の域から少し少年になったか。 夕食は水炊きで一杯、夜は総員枕をならべてお休み、子供達がなかなか寝なくて困った。 明日朝は艦に帰らなくてはならない、横須賀まで3時間はかかる。まんじりともせず夜が明ける。 明日から又仕事だ。 終わり

あとがき
本日記の中の進1海尉は遠航終了日の感想は、終わった気がしないと言っているけれども、筆者はやっと終わったとしみじみ感じてます。 日記を読み返していると、当時の艦内のざわめきや、海風の感触がよみがえる気がしないでも有りませんでした。当時が如何に若気の過ちが多かった事が如実に書き込んであり我ながら恥ずかしい事も有って、書こうかかくまいかと迷う事も有ったのですが、矢張り正直に其の当時の気持ちで欠かないと、日記にあらず、小説になって仕舞うと思い、結果的には面白い読み物にはならなかったのですが、有りのまま書いたつもりです。 仮名を使ったりしてますが、事象は日記に有ったそのままですから、遠航なんてこんなものと言う感じで読んで頂ければ、これから初めて遠航に出発す機会のある方には何か参考になってもらえればと思います。 平成13年3月 じんさん


















JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN