本文へスキップ

 

東北温泉旅日誌


 温泉好きの榎本さんから東北温泉便りを携帯メールで頂いておりましたが、そのまま消去してはおしいと思い編集して見ました、雪の中の温泉の情景がうかがわれる楽しいお便りです。 
                                                (じんさん)


 お正月気分が抜けたところで、温泉好きの小生、東北温泉めぐりを計画、雪道を心配する家内をなだめ、マイカーで4泊5日の温泉巡りにいざ出発。

1日目(1月17日) 東北道は雪景色

道路は空いていて順調、最もこんな時期に北へ走る人多い訳がないかあ〜。
仙台通過・・・・東北道は福島から雪景色、景色を見るのは助手席だけ、「昨日降った雪がかなり残っているわ、貴方運転注意してね!!」  「ハイハイ」

長野原のパーキング着。
牛タンあり・・  焼き肉屋のギュータンに比べ本場モンは美味  (おすすめの一品です)

15時休暇村岩手網張温泉到着、明るいうちについてよかった。
 
 2日目 温泉入りびたり

休暇村から第1報
現在気温は氷点下、あたり一面銀世界。休暇村のすぐ裏手が網張スキー場になっていて、たくさんのスキー客が休暇村の施設を使っています。
昨日は15時にチエックイン、まずは温泉と早速隣接の網張温泉へ。

  暖簾をくぐると注意書きが!!「当館は100%源泉かけ流しで循環施設はありません」いやがうえにも期待が高まる・・・いざ入浴。 見事なにごり湯に強烈な硫黄臭  マチガイナシ!!

温泉は露天からの雪景色も見事ですが、遠く盛岡市内の街並みも見下ろせて絶景。
昨日だけで3回、朝風呂も入って計4回の入浴。さすがに我がかみさんもいささか呆れた様子。
当地は携帯の圏外、昨日のレポートは届かなかったので本日の分とまとめて後日送信することにします。
今日は角館を廻り、田沢湖経由で乳頭温泉郷に入ります。
 
  3日目 幻想の夜   乳頭温泉

本日は秋田の乳頭温泉郷の鶴の湯に来ています。部屋の外は雪が深々と降り積もり、宿の人は雪おろしに精を出しています。
鶴の湯は秘湯中の秘湯といわれていますが、近年雑誌に紹介されたおかげでファミリーやカップルが押し寄せ、その意味では秘湯ぽくありません。但し部屋にはテレビもないし窓の外は一切の静寂。
何もないのが逆に最大の魅力です。(チョットおじんぽいか?)


宿泊施設から少し歩くと鶴の湯内湯に着きます。写真の棟は源泉が違う白湯・黒湯と名付けられている男女別の内湯です。夜になるとランプの灯りのみとなり、なんともいえない風情を醸し出します。
内湯にはシャワーなんて快適なものは当然ありません。石鹸で体を洗い浴槽から桶でお湯をすくって体にかける、いわば昔ながらの銭湯スタイルです。外気温が低いためどこからかすきま風が入り、三分と体を洗っていられないほどです
 
 各パンフに出る鶴の湯混浴露天風呂の外観です。手前に先達川(?)が流れ、露天へは橋を渡って行きます。
かやぶき屋根の所が脱衣所になっていますが、露天からは丸見えになります。当然露天に入る客からは注目の的となり、女性がここで浴衣をぬぐのは相当勇気がいると思います。
混浴露天は時々女性が顔を出しますが、なかなか入ってきてくれません。 残念!!
  
 
 冬期の毎夕5時になると、鶴の湯の人たちがかまくらにロウソクをたて灯りをつけてまわります。
かまくらの前にある【本陣】は全部で5室あります。本陣は部屋食のため、夕方6時には宿の人が夕飯を部屋に運びます。お膳をいくつも重ねて不安定な状態ですが、慣れた足どりでさっさと運びこんでいます。これは素人では絶対真似できません。
本陣の前にある『かまくら』は夕方5時になるとロウソクに灯がともり、幻想的な雰囲気を醸し出します。 
 休暇村より裏山を望みます。この日は午前10時で氷点下3度でした。駐車場が横にありますが、前夜からの暴風雪で車が埋まりました。車の雪をスコップでどかすのに10分、エンジンかけてフロントリアガラスの雪を溶かすのに10分。合計20分でした。その間も休暇村の脇を除雪車がひっきりなしに通ります。
話変わりますが、休暇村からさらに20分ほど山方面に歩きますと、【黒湯温泉】〜(冬期休業)に着きます。10年前の全山紅葉の頃に一度行きましたが、旅館の鄙び具合は右に出るものがないほどでした。ぜ
 
 4日目 会話が弾む囲炉裏

鄙びた温泉宿に必ずある囲炉裏。囲炉裏を囲むと初対面同士でも会話が弾みます。今年の東北は暖冬で積雪が例年より1メートル近く少ないとか、昨夏に鶴の湯に日帰り入浴に来たら1時間待ちの入湯制限があったとか。とりとめのない話に体ばかりか心まであたたまります。 囲炉裏を囲んだ会話はいつしか夜更けまで及びます。
部屋にテレビが無い旅館もよいものですね。
 
 5日目 癒しの温泉巡り

午前4時、空には満天の星が煌き肌を刺すような冷たさの氷点下6度の中、露天風呂へ、すでに先客がいました・おじいさんがここで5分ほど体操していました。もちろん裸!唖然!!自分ではきっと30秒と耐えられません。旅先ではいろいろな人と遭遇しますね。

今日は乳頭温泉郷の一つ〔大釜温泉〕に日帰り入浴〔500円〕にきています。
昨夜から雪がしんしんと降り積もり、積雪一晩で50センチ。
暴風雪の中、雪見露天をしました。風の音とブナの枝から落ちる雪の音以外は一切の静寂。
10分も入っていると髪の毛が凍りつきました!

乳頭温泉は来る度に新しい発見がある場所なんですよ。だからこそ私達は10年来、毎年足を運んでいます。(少し行き過ぎかなあ)
お勧めの本陣(1泊2食9800円)は6ヶ月先まで予約が入る人気宿ですから要注意。
山の芋鍋などの囲炉裏で頂く料理は格別おいしく体が温まりますよ。
温泉は源泉が三つあって、ランプのもと入るお風呂は最高に癒されます。

乳頭温泉湯めぐり帖なるものがあって、7つの宿泊施設に泊まれば誰でも
1500円で温泉のハシゴが出来ます。どこの宿も鄙びていて最高に満足できますよ。
また、乳頭温泉の魅力は日本の原風景がしっかりと残っていること、囲炉裏然りランプ然り、どこか懐かしい匂いがそこかしこから発せられ、それを感じるために沢山の人々が訪れるのだと思います。
角館で稲庭うどんと比内地鶏の親子丼を食べました。どっちの料理シヨーで取り上げられた名店です。
 
 後記 温泉は心と体のリフレッシュ
現実の世界に戻りましたが、旅を振り返ってみると岩手ー秋田の五日間は夢のような時間と空間を体験したと感じました。
ちなみに乳頭温泉は全部で7宿からなっています。
今回は鶴の湯に初めて宿泊してみましたが、風景の素晴らしさはもちろん人間の温かさに触れることが出来ました。
旅レポートを書くことはこの素晴らしさを相手に伝えたいとの思惑もありますが、自分自身にも常日頃から感性を研ぎ澄ませるという利点があります。
      
楽しい旅でした  通称 えもやん こと榎本 :記
 










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN