本文へスキップ

 

榎本浩樹の北海道の旅


 実に3年ぶりに北海道へ来ました。これからどんな風景に出会えるかホント楽しみです。もちろん、食べ物も楽しみです。

今朝は4時起き。6時45分の全日空機で千歳に向け出発しました。
空港に着くと、サミットの影響でしょうか、警察官が至るところに配置されています。怪しい風体の人には職質もしているようです。
神奈川県警の制服着た警察官もいました。道警だけでなく、全国レベルで警察官を召集していますね。平成20年6月16日 記事と写真:榎本浩樹
今日の宿泊地は小樽。千歳から小樽へは札幌を経由するので、札幌市内でさっそく美味しいものを散策しました。
まずは大通り公園のトウモロコシから。とうきびワゴンで有名なこの露店には、メニューに「ゆで」と「焼き」「じゃがバター250円」の3種類しかありません。おばちゃんに聞くと、とうきびは「焼き」の方が圧倒的に出るそうですが、甘味の点では「ゆで」に勝るものはないと笑って言ってました。
僕たちは1本300円のトウモロコシを「焼き」と「ゆで」1本ずつ買い、その甘さに舌鼓。ベンチで貪りついて食べていると、いつの間にか鳩が沢山寄ってきました。鳩はこぼしたトウモロコシが目的。そんな鳩を眺めながら、朝からベンチでまったりしていました。昼飯は札幌ラーメン。「純連」という全国区のラーメン屋に行き、これまた感動。濃厚な味噌ラーメンは後ひく旨さでした(写真1)

曜日ということもあり、店内は家族連れで大変賑わっています。
写真は味噌チャーシュー1050円也。こってり濃厚のスープと
中太縮れ麺が実によく絡む至高の一杯。まいう〜でした
本日の宿は「朝里クラッセホテル」露店風呂(温泉)からは新緑の山々が見渡せ、癒されました。最高に幸せ気分です。長風呂からあがると、寝不足からベッドですぐ寝てしまいました写真からはわかりずらいですが、垣根の向こうには新緑の山肌が。素晴らしい眺望の露天風呂です。
横で入浴している方もいたので、全体を写せませんでした。
遅い夕飯は小樽市内の贔屓の店「庄坊番屋」で寿司三昧。腹も満たされ最高に満足でした。(写真2・3)
「庄坊番屋」は小樽に行くと必ず立ち寄る店。観光客より地元の人間が多い、隠れた名店です。
写真は「親子丼」1900円也。いくらが口の中でぷちぷち弾けました
「生ちらし」2000円也。沢山の具が大盛りのシャリの
上にのっている一品です。新鮮な寿司ネタも美味しかった!
2日目
今朝の小樽は生憎の冷たい雨。露天風呂につかっていると風も冷たく、火照った体には心地よい。鳥の囀りも聞こえ
どれも大変美味しい!朝からいささか食べ過ぎました。朝里クラッセホテルではジャガイモも玉葱も、
野菜は本当においしいですヨ。オススメいたします。
さて、今日の最終目的地は函館大沼です。ドライブしていると、悪天候からか途中の峠は猛烈な濃霧。視界不良に悪戦苦闘しながら徐行して走行です。
暫く走ると霧の中からソフトクリームの看板が見えてきました。
「山中牧場」という、小樽にも支店のある人気店です。さっそく立ち寄りソフトクリームを購入。味はまったりして最高のソフトクリームでした。バイキングで腹いっぱいのはずなのに、我ながらよく食べます。
ドドライブは、長万部を過ぎた頃から天候が回復。時折薄日がさしてきました。
八雲ハーべスターで遅い昼食をとる頃にはすっかり晴れ、眼下に見事な眺望が展開しました。
ところが、変わりやすい天候にまたまた泣かされました。
函館に入った夕方からはまたまた靄が立ちこめはじめ、夜景は絶望的に!函館山も断念です。次回リベンジします。

(画像6)八雲ハーべスターより太平洋を望む
 
はせがわストアの絶品「焼鳥弁当」

「はせスト」では注文を受けてから豚串を焼きはじめます。
秘伝のタレにくぐらせて、海苔弁当の上に乗せて完成です。肉は実に芳ばしく、本当に美味しいですよ。
地元民に支持される理由がよくわかります。この味は日本全国、函館でしか味わえません
 今回は格安ツアーのため、ホテルに夕飯は一切つきません。そのため、夕飯は地元の大人気コンビニ「はせがわストア」で焼鳥弁当を購入してホテルで食べることにしました。焼鳥といっても実は豚串です。(東松山の焼鳥と同じ概念です)
はせがわストアは函館市内に14店舗ありますが、日本全国、この他の地域には一切ありません。言うなれば函館市内でしか絶対に食べられない為、毎回立ち寄ることを楽しみにしています。
さて、味の方はと言うと、焼鳥の秘伝のタレとご飯の相性が抜群!ここの焼鳥弁当はホントに旨いです。箸が止まりません。またもや贅沢な夕飯を頂きました。


明日はニセコに向かいます。
 3日目 
   3日目にして、はじめて朝から晴れました。朝食前に1回、朝食後に1回温泉露天風呂に入浴。昨日は3回入ったので1泊で合計5回入浴です。
毎度のことですが、横で嫁が呆れています。

大沼プリンスの露天風呂は庭園の池にせりだしています。源泉掛け流しのため、暖かい温泉が時折池に注がれます。池では鯉が餌を求めて泳いでいます。鯉に影響ないのでしょうか?少し心配になりした。
さておき、小鳥の囀りを聞きながらのまったり入浴は、何物にも変えられない贅沢です。
 大沼プリンス庭園露天風呂
昨日はサッカーJ1の川崎フロンターレの選手たちが合宿に泊まっていました。
露天風呂で仲間どおし、景気のよい話をしています。庶民とは金銭感覚がかなり違います。ちょっぴり羨ましかったです。
大沼温泉の泉質は単純アルカリ泉。美肌の湯らしく、ヌメヌメとした泉質です。朝から長湯して、のぼせました
 
   チェックアウトが12時のため、ホテルで二度寝。正午少し前に次なる目的地に向けて出発しました。
気がつくと2回の入浴で小腹が空いています。
そこで、B級グルメ御用達の「ラッキーピエロ」というファーストフード店に行くことにしました。
昨日の「はせがわストア」同様、ここも函館市内にしか店舗はありません。さらに、普通のハンバーガーチェーン店と一線をかくしています。
すなわち、サイズの大きさ、安さとメニューの独創性の3つでないでしょうか。
15年前にはじめて訪れた時には、あまりのボリュームに食べきれなかった苦い思い出があります。
例えば「酢豚バーガー」だと、アメリカンサイズのバウンズに、でっかい酢豚が3個挟んであり、パンの上からそれをがぶりつくスタイル。味・量とも大満足でした。
 ラッキーピエロ」はこれまた函館にしかなく、独創性的なメニューを安価で提供しているチェーン店です。
画像は人気No.1メニューの「チャイニーズチキンバーガー」350円也。普通の女性は1個でも充分満腹感を得られます。
他に「土方歳三ホタテバーガー」などもありました。

(画像9)ラッキーピエロのNo.1メニュー「チャイニーズチキンバーガー」

 
   午後3時、ニセコに着くと羊蹄山の輪郭がしっかり見えました。羊蹄山は標高2000m弱ですが、その雄大さは富士山にも決してひけをとりません。いつ見ても素晴らしい名山ですね。
 アンヌプリミルク工房より羊蹄山を望みます。天気がよく、北海道らしい風景をようやく感じることができました。

ニセコのアイス工房でジェラート、シュークリーム&プリンの甘味三昧を食しました。どれも甘いうえにコクがあり、とても美味しかったです。
 
   もうひとつの画像はミルク工房で買った「ジェラート・プリン・シュークリーム」のセット。コクがあり、おいしゅうございました!

滞在3日目にして体の線が崩れてきました。カロリーオーバーのツケです。東京戻ったら、食生活だけでも元に戻さなくては(笑)
 4日目最終日 
   昨日の宿はニセコ昆布温泉にある「ニセコグランドホテル」グランドホテルとは名ばかりの普通のホテルでした。
但し、温泉だけは一級品。この地区最大級の庭園露天風呂は、もちろん源泉掛け流し。泉質は鉄泉の茶褐色の湯です。いかにも効能ありそう。これで羊蹄山でも眺められたら間違いなく人生最高の温泉施設になるでしょう。残念ながら、温泉の方角には羊蹄山ありませんでした!
 昨夜は混浴露天風呂でカップルが缶ビールを持ち込み乾杯していました(笑)
ニセコの雄大な景色に時間の経つのも忘れました。
 
 ニセコの羊蹄山 
羊蹄山は本当に美しい山です。見ていて全く飽きません!永住したいな〜。
榎本 浩樹(^o^)/~~
 羊蹄山を眺めながら、新千歳に向け車を走らせます。(画像12)ニセコの羊蹄山

北海道で好きな風景と言われたら、1つは阿寒湖のアイヌコタン村。2つめが美瑛〜富良野の原風景。そして3つめがニセコの羊蹄山です。羊蹄山は本当に美しい山です。見ていて飽きません。また絶対来ようと決意新たにしました!

今回の旅レポートはこれで最後です。秋にはまた旅に出て心身ともリラックスする予定です。
読みづらい点あったかと思います。お付き合いいただき、ありがとうございました。










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN