本文へスキップ

 

日本三大温泉&グルメの旅


  本日から3泊4日で恒例の旅に出ました。名付けて「日本三大温泉&グルメの旅」
                                平成21年6月21日 榎本

 三大温泉のうちに「有馬温泉」だけは遠くて行けませんが、代わりに「奥飛騨温泉郷」が入ります。
行程は、下呂温泉〜平湯温泉〜草津温泉です。それでは、暫く日記にお付き合いください。

本日は朝4時起床。横浜は朝から雨が強くてびっくりしました。カーナビに目的地「妻籠宿」を設定していざ戸塚を出発です。
ETC休日割引が設定されたおかげで、八王子→中津川間の高速道路代金が1000円でした。これは嬉しい。通常6100円なので5100円お得です。午前10時、妻籠宿に到着。雨は一層強くなってきました。近くの有料駐車場に車を停めてどしゃ降りの中、散策開始です。

まずは最初の目的地「やまぎり」へ。ここで朝飯の予定。事前の調査ではこの店の「五平餅」が美味とのこと。腹も減っていたこともあり、脇目をふらず一直線に歩きました。
「やまぎり」に入り、一本250円の五平餅を2本発注。
待つこと10分で焼きあがりを持ってきてくれました。
味は…、
表面カリカリの中はホクホク。
ごま味噌を絡めて食べると、これはまさに絶品でした。
秋田のきりたんぽに似ていますが、個人的にはこちらの方が美味しいと感じました
朝食後、妻籠宿の情緒ある町なみを散策開始。
散策者は意外と外人も多かった。
雨も小降りになり、朝靄の山々の景色と江戸情緒あふれる町なみのコントラストが見事でした。
さて、本日の宿は下呂温泉です。
チェックインまで時間もあったので下呂市内で昼食をとること。
「鶏ちゃん杉の子」
という地元民に大人気の店に行きました。
日曜日の昼食時なので、すでに行列。

そう、この店のメニューの「鶏ちゃん」とは、ニンニクベースで味つけした鶏肉とキャベツをジンギスカン鍋で焼いて豪快に食べるという料理なんです。
 店内はよい香りで充満。
いやがおうにも食欲が増してきました。
店員さんに、どんどんかき回してください!と急かされながら箸を回す。
なんか楽しかったな。
焼きあがり、あつあつの鶏肉を食べる。
これが想像以上に美味しくてまたまたびっくり。
病みつきになりました。
〆はやきそば。
絡めて食べるとこちらも最高に美味しかった。
恐るべし岐阜のB級グルメ!
食欲が満たされると今度はお風呂ですね。
さっそく、ホテル前の足湯へ。
下呂温泉は市内至るところに足湯があります。
そこでは老若男女みんなが関西弁でワイワイ楽しくやっています。
私も足湯に入りましたが、湯温がちょっと熱かったですね。
5分浸かると足が真っ赤になりました。
午後の湿気った風も肌に心地よく、とても気持ちよかったです。
下呂温泉は天下の名湯だけあり、泉質がよいですね。
肌にヌメヌメ感を与えてくれる美人の湯です。
下呂の街並みを見下ろす高台のホテルの内湯でまったりしました。
さらに午後3時過ぎは薄日がさしてきて、幻想的な景色が眼下に広がりました。
お楽しみの本日の夕食はバイキングです。
オブションで「飛騨牛300gの陶板焼き」をプラス。
ぽん酢と大根おろしでいただく飛騨牛は絶品!
バイキングもなかなか美味しかった。
また食べ過ぎました

総括すると、1日目から五感をフルに使い、大満足の旅でした。
明日は高山→平湯温泉に行きます。
明日もどんな驚きがあるかな。
楽しみです。
平湯温泉ひらゆの森
宿泊者用のお風呂入口。
館内は重厚な合掌造り。
スリッパはなく、畳の上を裸足で歩きます。
最初に内湯。
「浮遊物は湯の花です」と断り書きが書いてあります。
   露天風呂も源泉が違うのか、檜の風呂と岩風呂は見事な濁り湯です。
   昨夜の大雨が一転、まばゆい朝日が射していました。
男性用露天風呂は全部で7つの湯船があります。
泉質は含硫黄塩化物泉。
ph値は6、8の中性。
匂いを嗅ぐと鉄の匂いがしました。
森林浴としても最高の露天風呂です。
日本三大温泉という名称使っていましたが、正確には「日本三名泉」の誤りでした。
さらに食べ物はB級ばかり。
タイトルは「日本三名泉&B級グルメの旅」に、
謹んで訂正させていただきます。
<m(__)m>
   さて、旅もいよいよ佳境。
最終目的地の草津温泉に来ました。

今回は旅の開始からずっと雨に降られ続けましたが、最後にようやく晴れた。
そればかりか、今日の草津は汗ばむ陽気です。

湯畑付近は未明まで降った雨のおかげで、空気は猛烈な湿気を帯びています。
気温の上昇とともに不快指数も急上昇しました。
とにかく暑くて蒸します。
   昼食には蕎麦が食べたくなり、草津の名店に来ました。
湯畑駐車場に車を停め、歩くこと3分。
草津で一番有名な「三國屋」という蕎麦屋で昼飯をいただくことにします。
人気店らしく、午後2時でも満席。
   今日は店舗一押しの
「三國そば」〜2.5人前で950円〜を食べることにしました。
つけ汁は「都汁」か「田舎汁」を400円プラスで選びます。
都汁はアツアツ汁の中に…きざみ鴨、万能ねぎ、白ゴマが入る。
逆に田舎汁は…けんちん汁の具(ごぼう、にんじん、さつまいも、アゲ)が入る。
うちらはひとつずつ頼みました。
ほどなく石臼挽きの蕎麦が大皿で配膳。
あまりの量にびっくりしましたが、これがぺろっといけるくらいおいしかった。
都汁で食べる蕎麦が特においしかったです。
これはお勧めできます。
   今夜は四季倶楽部の「アイソネット草津」に宿泊。
ここ最近は毎年のように来ているお勧め宿泊施設です。
1泊2食付きで8400円、1泊朝食付きなら5250円と安いのがウリです。
可処分所得のないうちらみたいな家庭には優しい宿ですね。
   草津温泉はph値1.7の強酸性の温泉。
秋田県の玉川温泉ph値1.2に続く日本で有数の酸性泉。
温泉は源泉かけ流しで、無色透明ながら、ぴりぴりします。
今回は下呂温泉のアルカリ泉、平湯温泉の中性泉、草津温泉の酸性泉と、全く違う温泉に入りました。
泉質の異なる温泉に、1日5回ずつ入浴したので、若干温泉焼けしています。
しかし、こればかりは好きだからやめられません。
 総括すると、雨に降られまくった旅行でしたが日本三名泉とB級グルメをたっぷり堪能、楽しい旅でした。。

お付き合いありがとうございました。 それではまた・・ 榎本 浩樹(^o^)/~~
 










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN