本文へスキップ

 


9湯(酸ケ湯・青荷・藤七・後生掛・玉川・乳頭・黒湯・鉛・遠刈田)を廻り

 昨年は年明け早々1月17日から雪まだ深い岩手休暇村網張温泉や乳頭温泉など雪景色を見ながらの温泉巡りを楽しみましたが、今年は秋たけなわの秘湯を満喫しようと思い立ち9月11日から4泊5日の東北秘湯めぐりに行ってきました、結果5日間に9湯をハシゴし友人からは「呆れた人ね、よく体がふやけなかったわね」とのご感想を頂きましたが、ともかく秋の風情の秘湯の様子をごらんください。
                        榎本 (^o^)-☆


 昨日の宿泊地『青荷温泉』は携帯電話は終日圏外でした。
昨日はまず『酸ケ湯温泉千人風呂』に立ち寄り湯。そこは見事な日本の古き良き混浴文化が咲き乱れていました。男性も女性も心から混浴を楽しんでいる。
向こうから大事な所を隠さず堂々と歩いている女性が歩いてきました。逆に男性の方が大事な所を隠して歩いていきます。
それにしても自分を含めたエロガッパの多いこと多いこと。いくら濁り湯といっても男性の熱視線の前で若い女性が入浴するのは相当勇気がいると思います。
 酸ケ湯温泉入浴心得が傑作です。1つ)男性入浴者は女性入浴者を好奇の目で見るべからず。2つ)女性入浴者は男性入浴者を好奇の目で見るべからず。
 酸ケ湯温泉を堪能した後は一路青荷温泉へ。ご存知のように、この温泉宿は自家発電もなく完全ランプの宿です。この何もない贅沢を楽しむ筈でしたが、昨日は関西からの大学生らしき団体宿泊客が大挙して押し寄せました。ムードは秘湯だが、雰囲気は修学旅行です。
受付でらくがき帳を見つけました。そこへは青荷温泉への感謝の言葉がたくさん書いてあります。そのひとつ、思わず笑ってしまうものがありました。


『かあちゃん、青荷でルンルン気分。うちではとうちゃん、あんたが重荷』哀愁漂います。
 青荷温泉は敷地内や周辺も含めてしつこいほど色々な看板が立っています。しかし青森弁で書かれているため、何を言っているか殆どよくわかりません。 ・よぐきだねし→よくいらっしゃいました。 ・ひばり〜な→またお越しください!? ・ぐいっとハンドル→さっぱり不明?
  国道から青荷温泉までの6キロにはいろいろな道標がたっています。その数約50。何を言いたいのか、青森弁はホントよくわかりません。写真は中間点の距離で出てきた標語です。
『がんばれ、あと3キロ!』ですかね?
 
滝見露天風呂に向かう途中に渡る橋です。部屋からも渓流のせせらぎが聞こえ、とてもリラックスできます。
館内のランプ数は100個以上あります。ランプって決して明るくはありませんが、光は暖かみあるし、どこか懐かしい香りがしますね。
 
 旅も二日目、本日は八幡平周辺の温泉廻りをしました。
まず向かったのが秋田-岩手県境にある藤七温泉。標高1400mの雲上の温泉です。
標高が高いため日中も12度しか気温があがらない中、立ち寄り露天を満喫しました。あたりには独特の硫黄臭が漂い、湯舟には見事なまでの濁り湯が注がれている。開放感抜群で心の底から来てよかったと思いました。
六つある露天には最初誰も入っていませんでした。油断して真っ裸で歩いていたら、露天を覗く女性と急に目が合った。時すでに遅し、ばっちりサービスしてしまいました。
 藤七温泉八幡平温泉郷の中で藤七温泉の露天開放感は群を抜きます。 宿の前にバス停があるので、時刻表を確認したら1日1本(14時30分)しかありませんでした。乗り過ごしたら最期!?
 八幡平温泉郷は温泉の宝庫。国道沿いのコンビニやストアでも、あり余る温泉を足湯などにし観光客にサービスしています。
さて、藤七温泉の後は今晩の宿泊場所、後生掛温泉に入りました。昨日がランプの宿でテレビすらなかった。それに比べ今晩の宿は電気も通っている。『わあ〜テレビがあるよ。』横でかみさんが無邪気に喜んでいます。
後生掛温泉は木箱から顔だけだして暖まる「箱蒸風呂」と「泥風呂」が有名。露天もありますが、極めて小さい為ほてった体を冷やせません。入り過ぎて少々のぼせ気味です。
 後生掛温泉











後生掛温泉の泥湯の温度は体温と同じ36度。あまりの気持ちよさに、顔に泥を塗りたぐって眠りこけているおじいさんもいました。頭はピカピカでしたが、肌はスベスベかも!?
標高1500mの山頂より。写真ではすべてが伝わらず残念です。下界を望む風景の美しさには息を飲みます。  
混浴露天は全部で六つあります。どの湯舟にも地中からぷくぷくと温泉が噴き出ています。水で薄めないと熱くて入れません。  混浴露天風呂
 東北はもうすっかり秋。高原には赤トンボが飛び、ススキが風にゆらいでいます。
さて旅も三日目、今日は玉川温泉に行きました。ここは癌も治るという岩盤浴が有名な場所です。
午前10時頃に行きましたが、次から次へとバスや車が到着する。おじいちゃんやおばあちゃんがバスから続々と降り、手にゴザを持って歩きはじめました。注目すべきは歩くスピードの早いこと。この日を本当に楽しみにしているんだなと実感。
僕たちも暖かそうな場所にゴザをひき寝転びました。ほどなく地中の熱が体内に伝わりポカポカ状態
 
 岩盤浴に続いて内湯も入りました。日本一の強酸性のお湯だけあって、少しでも体に傷があろうものならぴりぴり痛くて入れません。
入浴者の年齢の高いこともこの温泉の特徴です。腰が90度曲がったおじいちゃんが湯舟につかっています。他にも高齢者が多く、さながら老人ホームの入浴施設のようでした。
玉川温泉を堪能した後は乳頭温泉黒湯に移動。雛びた旅館の風情は夕刻から夜にかけての時間帯さらに磨きがかかります。お風呂にはシャワーは当然なく、湯舟からお湯をすくって体にかける昔ながらのスタイルです。
 
 写真は朝10時の玉川温泉岩盤浴の風景。当日は天気がよく、殆どの湯治客は傘で直射日光を避けて岩盤浴を楽しんでいました。  玉川温泉岩盤浴
 乳頭温泉黒湯の混浴露天風呂。18時の日没の時間に入浴しました。空色の変化を眺めていると時間が経つのも忘れます。
夕食時ということもあり、独りで入っていたら宿の主人が来て棒で湯舟をかきまわしはじめました。湯の花が底にこびりつかないよう、明朝のためにかきまわしているそうです。
 
 久しぶりの携帯圏内、今夜は宮城県遠刈田温泉に来ています。
今回は短期間に色々な温泉に入り過ぎました。同じ泉質なら一日三回くらい入ることで湯治という概念になります。しかし違う温泉に沢山入ったため、すっかり湯あたりしてしまいました。顔が温泉焼けしています
 
 さて今日一日の行動を振ってみると、今朝は乳頭の湯を堪能。昼間は花巻にある鉛温泉藤三旅館で700円払い日帰り入浴。そして夜は前述の遠刈田温泉です。
かみさんは肌がかさかさになったと文句言っています。何事も度が過ぎるとダメなんですね。
 
 今回の旅でどうしても行きたかったのが、酸ケ湯と鉛温泉藤三旅館。今日、鉛温泉に行くことができ念願がかないました。
「白猿の湯」は混浴ですが、女性は主にレディスタイムに入浴するため、自分が入った時間は男性客数名のみでした。階段を降り更衣場所で衣類を脱ぎ、さあ入浴です。湯舟は意外と深くびっくり。温度も42度と適温です。
初老の男性が僕に話かけてきました。何でも現在3週間滞在中の2週間目とのこと。足が悪かったが、滞在期間にうそのようによくなったとも言ってました。ここは天下の名湯ですね。
 
 花巻温泉郷にある鉛温泉にて。写真は藤三旅館の有名な「白猿の湯」。
湯舟の深さは1.3m、立位浴としても全国的に有名です。中央の石の下からは600年間変わらず、お湯がこんこんと沸きだしています。
 白猿の湯
 藤三旅館の自炊部の一泊素泊まりは2100円。一泊二食付きにしても4200円です。館内には藤三売店があり、何でも揃います。信じられない安さのため、1〜2ヶ月滞在する人もいるそうです。  藤三旅館
 楽しかった5日間が終わり下界に戻ってきました。所沢も湿度こそあれ、温度はそんなに高くなく秋らしくなってきましたね。
5日間で9湯(酸ケ湯・青荷・藤七・後生掛・玉川・乳頭・黒湯・鉛・遠刈田)を廻り、すっかり体が温泉臭くなりました。顔には保湿クリームを毎日塗りましたが、温泉成分の方が強いらしくカサカサ状態です。
友人にそれ見たことかと言われそうですが、私たちは結構満足、楽しい旅だったことを最後に御報告いたします   榎本 (^o^)-☆
 










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN