本文へスキップ

 

裏磐梯奥日光湯煙の旅


 温泉好きの榎本さん晩秋の紅葉を求めて裏磐梯から奥日光へとグルメと湯煙の旅にお出かけです、旅先から楽しい便りを頂きました。 いつもながら旅の情景や雰囲気が伝わる名文には感嘆します。  じんさん

 11月18日裏磐梯よりの第一報です。本日の会津地方は低気圧の南下で、昼間から冷たい雨が降りました。気温も10度前後と肌寒い陽気。
裏磐梯ゴールドラインからの紅葉ライブと決めこみたかったんですが、風雨があまりに強く車の外にすら出れませんでした(泣)
昼飯にラーメンを食べるために喜多方へ移動。二人のお気に入りの「まこと食堂」に直行です。この店は喜多方でも美味しいと評判の大人気店。お腹が空いていたこともあり「中華そば」と「ソースカツ丼」の2品を一人分としてオーダーしました。味もボリュームも大満足。少し食べ過ぎたようです。横でかみさんが「流石B級グルメ王!食べっぷりが違うね」と呆れています。
喜多方は蔵の街であるとともにラーメンの街だと実感。とにかく街にラーメン屋が多いようです。
写真は『まこと食堂』の外観。わからずに通り過ぎてしまう車も結構多いです。
喜多方は蔵の街であるとともにラーメンの街だと実感。とにかく街にラーメン屋が多いんです。
写真は『まこと食堂』の外観。店がわからずに通り過ぎてしまう車も結構多いです。
まこと食堂の「中華そば」550円也。麺・スープ・チャーシューにいたるまで完成度高く、とても美味しいラーメンです。
昼食時ということもありましたが、ひっきりなしにお客さんが入ってきていました。
本日の宿泊先は「休暇村裏磐梯」。こがね色の源泉掛け流しの温泉がある施設です。チェックインで一回、夕食前に一回入浴しました。紅葉も終りかけた裏磐梯の露天風呂からは、早くも初冬の冷たく透休暇村裏磐梯の「こがねの湯」です。
冷たい雨がまもなく訪れる、寒く透き通った冬の到来を予感させました。
 
温泉成分には鉄分を含んでいるため、茶褐色(こがね色)に輝いています。透き通った空気の切れを感じました。
露天風呂は源泉掛け流しでしたが、内湯は循環。露天と内湯は違う泉質なのはちょっとした驚きでした。
今朝は裏磐梯に初雪が降りました。暖冬と言われた昨年を除き、例年より遅いそうです。
ちょうど朝ご飯を食べていたら、窓の外は雪が舞ってきました。
写真は標高1819mの磐梯山。曇天のためわかりずらいですが、山頂はすっかり雪化粧です。明日は大内宿〜日光へ行きます。
今回の旅行の最大の楽しみは大内宿。江戸情緒溢れる宿場町の風情を感じたく、昨夜泊まった裏磐梯から一気に南下しました。
行ってみると、なるほどオノさんが言われたように観光客のあまりの多さに閉口します。駐車場には観光バスが次から次へと止まり、観光客がどんどん大内宿に向かう。さながら夏休みの旧軽井沢銀座を彷彿させる人並みでした。
今日は昼間というのに、気温が2度しかない。こんな寒い寒い大内宿だが、不思議と活気はあるんです。それは訛った会津弁で愛想よく客に話しかけてくる店の人たちに起因するのではないでしょうか。とにかく一生懸命商品と自分を売りこんでいます。
ネギで食べる蕎麦を探し『三澤屋』に入りました。受付で聞いたら30分待ちと言われガッカリ。結局待ち時間なしの『こめや』で「おろし揚げ餅蕎麦」を食べました。これが味わったことのない食感で大正解!是非お勧めします。
風花が舞う初冬の大内宿。気温は寒かったが、店先で販売しているおばちゃんたちの活気だけは熱かった。
会津の方言丸出しで、「旦那さん〜!」と話しかけてくる。店先でお漬物とお茶を沢山いただきました。買物しなくてゴメンなさい。
山々の紅葉も終りかけ、寒い冬の風が山から吹き下ろされてきます。
店先では岩魚の塩焼の他に、おやきやおでんなど体が暖まる商品が販売されていました。
 背後の烏帽子岳?の終りかけの紅葉と、茅葺き屋根のコントラストが見事です。  
   山々の色づきも大分落ちてきたようで、紅葉も終りかけています。
写真は駐車場から見た周辺の山々。帰る時間になりようやく薄日がさしてきました。
 大内宿『こめや』の「新そば・イワナ塩焼セット」1500円也。
「新そば」は言うに及ばず、一緒に付いてきた「きなこ餅」に感激!暖かい餅にふりかけてある緑色のきなこが絶品。あまりの美味しさにうなりました。
「おろし揚げ餅そば」も『こめや』オリジナルで美味。会津では餅は揚げて出すものだよと店主が言っていました。ご馳走さまでした。
 
 へつり前の売店でお兄さんに「なめこ汁」をもらいました。体が温まり美味しかった!
へつりに架る揺れる橋は怖いですね。雪が舞ったせいで滑りやすくなっていて、石段歩くのも怖かった。
しかし、ここも観光客が多いですね〜(笑)。
 
   観光客があれだけ訪れるのに、柵などの安全対策が全くとられていないのはちょっとした驚きでした。
足滑らせたら、湖に落下?高所恐怖性の自分には、ほんに怖いですわ〜!
 JINSAN夫妻と逆のコースを辿り、奥日光に来ています。
今朝の湯ノ湖周辺は冷えこみました。氷点下2〜3度くらいでしょうか。
ホテルの窓からは湯ノ湖が一望でき、景色を眺めながらうっとりしています。あと一ヶ月もすると結氷するそうですよ。
宿泊施設の休暇村日光では、昨日の夕飯後に宿泊者参加型のイベントがありました。「新聞破きゲーム」という、名前聞いただけでは何のこっちゃ?というゲームです。ルールは制限時間2分間で大根のかぶら剥きみたく、いかに新聞を長く切れるかを競います。
結果はもちろん優勝で、ソフトクリーム券と全員からの暖かい拍手をいただきました(笑)やってみて気付いたんですが、新聞は縦方向に繊維が走っていて、縦には破けやすいんですね。
今回は大好きな温泉は、裏磐梯の鉄泉と日光の硫黄泉の2湯しか入りませんでしたが、早くも顔には温泉焼けの兆候が見られはじめました。かみさんにクリームを塗ってもらい完成です。
これから所沢に向かい帰ります。 
 湯ノ湖周辺は落葉樹が多く、風の通り道になっています。この季節は耳を澄まし風の音を聞くだけで、冬という季節の到来を感じさせます。
写真は休暇村日光の露天風呂。乳白色の温泉は心も体も癒します。
 
   休暇村では内湯も見事に白濁した硫黄泉です。温泉はやはりにごり湯でなければね。
掛け流しなので、風呂あがりにシャワーは浴びません。そのため、体中が硫黄臭くなりました(笑)
 10時でようやく0度。今朝は放射冷却で冷えこみました。
日光のスケートセンターは本日オープンとニュースで紹介されていました。
日光の長く厳しい冬がいよいよ始まります。
                       
                         終り
 










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN