本文へスキップ

 

新春雪見温泉グルメの旅

4湯(平湯・妙高・松之山・裏磐梯・グルメ
 今日から四泊五日で雪見温泉の旅に出ました。今回は平湯(岐阜)〜妙高高原(新潟)〜松之山温泉(新潟)〜裏磐梯温泉(福島)を周る予定です夜の宿は昨年露天風呂で転倒したひらゆの森です。外気温は氷点下5度。相変わらず寒いところです。チェックインを済ませ、日の入り時間に変わりゆく風景を眺めながら雪見露天をしました。あ〜極楽。
夕食は飛弾牛陶板焼きなどの郷土料理に舌鼓をうちました。
       平成19年1月15日榎本浩樹  
戸隠神社近くのうずら家にて。知人が日本一の蕎麦屋だというので来てみました。
味は勿論、風味・喉越しにいたるまで最高に楽しめました。横にいた外人客も満足そうにたいらげていましたよ。
今夜の宿は休暇村妙高高原。宿の裏がすぐスキー場になっていて、スキー客の滑りを見ながらの温泉三昧です。
友人のOIさんやONさんも晴れ女ですが、榎本も負けず劣らずの晴れ男です。今日も朝のうちこそ曇っていましたが午後からは晴れわたりました。ちょうどその時間に妙高に向け北陸道を走っていましたが、立山連峰の見事な景観に思わず息をのみました。
今回のもうひとつの楽しみがご当地グルメを味わう旅。昨日食べた戸隠蕎麦には感動をおぼえました。蕎麦が来るまでワサビを自分で擦りおろし蕎麦を待ちます。
ほどなく蕎麦が配膳されましたが、待ち時間も楽しめる演出に大満足でした。
戸隠では神社が近づくに従って蕎麦屋がどんどん増えてきます。しかし食堂は蕎麦屋だけしかない。これと似たようなものをどこかで見たなと思っていたら群馬の水沢でした。水沢も観音が近づくにつれうどん屋がどんどん増えますが、やはり食堂はうどん屋だけです。
食文化というものはその土地土地に独自に根付いていますが、他のメニューを排他するほど絶対的なものなんですね。明日は米処魚沼の近くからおいしんぼ情報をお伝えします。
昨晩宿泊した「ひらゆの森」です。ある雑誌の泊まりたい宿という読者投票で、東海中部地域第1位でした。それにしては宿泊客が自分たちを入れて5組だけ。オフシーズンは露天も貸しきりでしたよ。
松之山温泉(新潟)に来ています。ここは日本でも有数の豪雪地帯ですが、今年は暖冬で積雪が1メートル程度。ちなみに昨年同日は4〜5メートル。雪見風呂を楽しみにきている客に申し訳ないと宿の女将が言っていました。
松之山は南魚沼からも近く日本一の米処です。今晩の宿「ひなの宿千歳」では自家栽培のコシヒカリを食べる直前に精米して、僕たちの目の前で炊いてくれました。ご飯はつやつやで甘みがある。あつあつで大満足の夕飯でした。
正直最近食べ過ぎです!体重計にのるのが怖いわ〜。 
十日町市にある「名代生そば由屋」のへぎそば。これほどコシが強い蕎麦は初めて食べました。ややうす味のつゆともよく絡み、とても美味しかったです。
ひなの宿千歳にて。写真は回廊で結ばれた月見の湯。わかりずらいですが右側の回廊を登り露天に出ます。お湯はホウ酸を含み、湯上がりがとてもしっとりします。

暖冬で雪が少ないと思っていたら、裏磐梯は大雪でした。今まで走ってきた岐阜〜長野〜新潟の山道は除雪されていました。ところが、福島の道路は圧雪のうえに雪が積もるから、時々車体が横滑りします。ちょっと怖かった。
今夜は四季倶楽部の裏磐梯に来ています。全10室ありますが、紅葉の頃に予約入れた時は満室で断られました。それがなんと今夜の客は僕たちだけ。僕たちだけのためにイタリア料理が用意され、BGMもお風呂も貸しきり状態です。パンフに載った一番よい部屋が用意されていました。これで8400円は安い?
「ひなの宿千歳」の月見の湯。脱衣場が回廊中段にあり、そこからは裸で10数段登って露天に出ます。氷点下の裸歩きは想像以上に長く感じました。
自由に記載できる宿帳には、この宿のお風呂の素晴らしさとご飯の美味しさが沢山書きこまれています。これで1泊2食13000円は安いと感じました。お勧めです
おはようございます。旅行も最終日になりました。
今朝の東京は晴れているみたいですが、裏磐梯は現在も吹雪いています。車も埋まりました。
今回の旅行はオフシーズンということもあり、どの施設も空室が目立ちました。露天風呂はほとんどが貸しきり状態。雪こそ少なかったですが、静かな充実した連休となりました。
食事も充実していました。松之山温泉のひなの宿千歳は特に気に入りました。ぜひ一度訪れてみてください。接客含めすべてに満足されると思いますよ。
これから裏磐梯を出て栃木経由で帰ります。
 四季倶楽部コンフォート裏磐梯にて。飯豊という角部屋の一番よい部屋でした。コストパフォーマンスは高いです。  










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN