本文へスキップ

 

雪の休暇村温泉郷めぐり


 今回は 遅い冬休みをとり3泊4日の温泉めぐりの旅です。
旅の日程は、「休暇村乳頭温泉郷」に2泊、「休暇村那須」に1泊です。真冬の温泉めぐり、寒いからこそ温泉の暖かさが実感できます、雪の温泉卿の風景をご覧ください。
平成21年1月23日
深夜0時に横浜を出発。
結果、ETC深夜割引を使え、川口JCT〜盛岡IC間を5200円で来れたのはラッキー。しかし、東北自動車道600キロ北上は、さすがに辛く睡魔との戦い。

ともあれ、腹ごしらえをして、午後にいよいよ乳頭温泉郷入り。温泉三昧のスタート。
また嫁に温泉焼けして笑われそう
まず、昼飯に向かったのが盛岡にあるじゃじゃ麺の名店「白龍」。次から次へとお客さんが入店する大人気店。味は…うーん微妙。好きな人はハマるのかな。自分にはちょっとね…。
午後2時、「休暇村乳頭温泉郷」に到着。
宿泊者だけが購買できる「湯めぐり帖」を1500円で早速購入。
これは、7湯すべてに1回入浴できる、一年間の期限付のお得なチケット。

その足で休暇村から徒歩5分の「妙の湯」に直行。
「妙の湯」はこの温泉郷には珍しい近代的な作り。

女性客に支持される名旅館です。
露天風呂に入って素晴らしい風景に見とれていると、横のおじさんが声かけてきた。
こういう絶景の露天に入るのが楽しみで、あちらこちら廻っているとのこと。
中でも「黄金崎不老ふ死温泉」のサンセット入浴が素晴らしいと力説。
私はこちらの方が素晴らしいと思いますがね(笑)
横浜から来たと話すと、遠いところからよく来たね〜と喜んでいました。


明日は横手に焼きそばを食べに行き、こちらの温泉梯子もする予定。
 
乳頭温泉郷「妙の湯」外観
道路も除雪されていて、アクセスも楽。
本日の秋田は気温5度。雪ではなく、雨が降っている。
妙の湯」の雪見露天。

目の前を先達川が流れる滝見のロケーションは、心底癒される。
お風呂は金の湯(鉄泉)。
乳白色の多いこの温泉郷では珍しい泉質。


昨夜未明から降りだした雪は吹雪になったが、今朝は一転素晴らしい眺望に恵まれる。
乳白色の露天風呂。
湯船周りには人工芝が敷いてあるが、凍ってカチカチ。
滑りそうなのを堪えて撮った一枚。
休暇村乳頭温泉郷の内風呂
洗い場はすきま風が入り、寒かったが全く違う泉質の温泉を同時に楽しめる。
休暇村前を偶然バスが通り過ぎました。
バスは一時間に一本の運行です。
田沢湖駅に向かうバスのため、乗客は結構乗っていました
駐車場のマイカーにはうっすら雪が積もりました。
近くでは宿泊客が車の雪おろしをしています。
 今朝の最低気温は氷点下10度。

蟹場温泉前の駐車場も凍ってツルツルでした。
 
   本日はまず蟹場温泉へ。
休暇村乳頭温泉郷から車で5分とアクセス抜群。

嫁は風邪気味で露天をパスしたので自分だけが入ることに。屋根のところが着替えスペースになっていて、ここで裸になる。
脱衣場の床はツルツルのうえ、寒いったらありゃしない。

温泉は乳頭温泉郷には珍しい色なしのお湯です。
 秋田滞在2泊目。昨日の最高気温が5度だったのに、一晩中吹雪いていたらしく一気に冷え込む。
今朝の最低気温は氷点下10度。

車は雪にすっかり埋まりました。
 
   蟹場の露天風呂は宿から雪道を3分ほど歩いた所にあります

寒い脱衣場から急いで露天に入ると湯温もちょうどよく極楽気分。
時折、ぶなの木に付着した雪が風にあおられ、顔に飛んできて顔に当たる。ヒヤッとして何とも気持ちがよい。

ほどなく、老夫婦が入ってきました。
昨日同様、雪見露天という共通話題だけで会話が弾み、時が経つのも忘れました。
雑談では、私の実体験をもとに、東北の温泉の素晴らしさを話していると、若いのに詳しいですね〜とびっくりされました。
若くはないんですけどね(笑)
 昼飯は横手に。焼きそばの名店を事前に調べ、車を飛ばして行く。

ところで、「横手焼きそば」ですが、日本三大焼きそばのひとつに挙げられています。
 
横手焼きそばの老舗「ふじわら」
横手焼きそば四天王のうちの一店だそうです。
   
太麺に濃い目のウスターソースが絡みます。
麺の上に目玉焼きが載っているのも特徴。
つけあわせは紅生姜ではなく福神漬けです。
この焼きそばは実に美味しかったですよ!


大満足。
 再び、乳頭温泉郷に戻り、今度は「大釜温泉」へ。
山の分校という表現がぴったりの「大釜温泉」

どこか懐かしい雰囲気を醸し出しています。いささか湯あたり気味になりました。
 
   乳頭温泉郷で唯一の足湯。
有り余る温泉を有効活用してる。

 
昨晩、ドカ雪が降り一晩で積雪30センチ。
ものすごく寒い朝。

休暇村乳頭温泉郷の食堂よりの雪景色
 
   休暇村乳頭温泉郷の露天風呂

ドアが凍ってなかなか開きません。
 チェックアウトして駐車場に行ったら、自分の車が完全に埋まってる。

雪でドア開けられない。エンジンすらかけられない状態。

積雪50センチ、気温氷点下5度の中、何度も転倒しながらシャベルでほじくり返しました。
雪国の人の大変さがよくわかりました。

30分後、ようやく車を出し「鶴の湯」に向かう。

本日の大雪で日帰り温泉をする人はいないかと思ったら、とんでもない駐車場も沢山の入浴客でごったがえしています。
日本人はホントに雪見露天好きですね〜(笑)
 
   鶴の湯入口から「本陣」を望む。

ここでは鶴の湯冬の風物詩「かまくら」がたくさんできていました。
 乳頭温泉郷「鶴の湯」

氷点下5度の大雪の中、露天風呂に浸かりました。
石砂利の下からブクブクと温泉が沸いてきて、何とも心地よいものです。

 
   鶴の湯本陣に隣接する受付棟
屋根の雪は昨晩1日で積もったもの。

さすが豪雪地帯ですね。
  旅も最終日。休暇村那須の朝。今朝までの氷点下8度、ドカ雪状態に比べると、雪もあまりなく暖かいところに来たように感じます

ここのウリは、標高1200メートルの高地から眺める「サンライズ」
1月26日(月)は6時50分が日の出。

朝6時に目覚ましかけ、露天風呂でご来光を拝もうと考えていました。
ところが、あと10分寝ようなんて思ったばかりに、気がついたら7時回っていました。
ショック!
でも眩しい朝日を露天風呂でたくさん浴びました。

 
     温泉めぐりの楽しみかた
皆さん乳頭温泉郷行ってみませんか?
全山紅葉の10月中旬がベストですが(予約は早めに)
雪の中の温泉もまた格別です、都会の喧騒がウソみたいにゆっくりと時が流れる温泉郷で、温泉と風景を楽しんでみてくださいね。

さらにさらに!!!
温泉宿に宿泊すると「湯めぐり帖」の無料入浴券チケットがもらえますこれで7つの湯を巡るのも楽しみの一つ。
期間は一年間で、一枚1500円相当です。
今回泊まった宿では
・休暇村乳頭温泉郷
・黒湯
・孫六
3湯の日帰り入浴券がついていました。
私が惹かれる理由がきっとわかると思います。


乳雪の休暇村温泉卿めぐりの旅  終わり










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN