本文へスキップ

 

                             

2011年護洋会総会

平成22年度護洋会総会は東日本大震災(3月11日)の影響も有って、3月の予定を10月に順延、初秋のさわやかな気候に恵まれた10月6日水交会会館で行われました、昨年の総会にほぼ同じ47名の参加を得、遠路九州熊本からの杉田姉や北海道からの桑原夫妻、広島から駆け付けた西池兄、兵庫からは堂脇兄、静岡浜北市の鈴木博通兄,など遠路からの参加に加え、久方ぶりに村山兄も出席しての盛大な総会懇親会となりました。酒井会長の挨拶に13期クラスメートは全員古希を越えたとの報告がありましたが参加者皆元気に久闊を温め楽しいひと時を過ごした半日でした。最後に参加者全員の集合写真を撮り、また来春の再会を誓って散会しました。以下の写真は、大石が勝手気ままに撮ったものですので、失礼な場面がママ有りますが、これも余興、総会参加の記念としてお許しください。コメントは大石の想像創作です

   大石  仁平成23年10月6日

水交会理事長夏川兄のご努力で水交会は本年7月1日公益財団法人として発足しました.。次の目標は庁舎の新設または改修ですが、これもまた大変な事業です、できる範囲で協力しましょう。
本日の水交会での集まりは護洋会と海自支援協力委員会の二組だけでした 協力委員会の皆さんには大勢でご迷惑をかけました、済みませんでした<(_ _)>
事務局長の関口兄の司会で総会は定刻開始
22年度の経過報告と、遠路参加の会員を紹介。
いつもながら準備から実施まで御苦労さまでした。
次期事務局長にそろそろバトンを渡してあげないと・・・・誰か代わってあげてよ・・俺は無理無理、
酒井会長のご挨拶
年々お話が上手くなっている、ここ当分は会長は続けさせよう。 と  じんさんは決めた!
悲しい事に今年同期3名(両角兄、石塚兄、大友兄)が物故された。衷心から哀悼の黙とうを捧げます。
西池兄は広島廿日市からの参加、久方ぶりに元気な顔を拝見、往年の面影変わらず若いよ。
おなじ広島廿日市には河井君もいるのだが・・まだ一度も顔を見せないが、元気だろうか?
九州は火の国の女親分こと、杉田姉、旦那さまが一刻も離さないほど愛しているので?なかなか出てこれないところ、久方ぶりにお出ましを頂いた。

 ごっさんです、親分!
千葉在住の村山兄、本当に久しぶりに拝顔、感極まって関口兄が泣いた・・・訳ではなく護洋会総会に出られなかった理由を語った村山兄に感謝しているのです。
恒例の乾杯音頭は遠路参加の杉田姉。
いつもよりかカンパーイの声が大きかったぜよ。
土屋兄、西山兄も おそらく江田島以来初めて会ったのではないかな?話が弾んで村山兄は飲む間もないようだ。
杉本兄と西池兄、何やら深刻な話か?

いや世間話、世間話よ・・
佐藤兄と飛田兄 多分孫の話かな?
佐藤兄の故郷福島の原発被害の話でしたか?
 住永兄睨まないで・・
シャターのタイミングが早すぎたんだ
御免なさい<m(__)m> 写真撮り終わりました、どうぞ食べてください。


 でも皆さんだんだん食が細くなった様で、飲み物も料理も余るねえ〜
猪塚兄は話が面白い、昔からだがね。千葉の地震時の話も有ったかな?
何年か前の総会から、立席スタイルから椅子席になったお蔭で、ゆっくりと駄弁ることができたのは良かったね、
でもなぜか立ち話が好きなご仁もいるようね・
杉田女史の話を独占する悪い奴め、奥村兄そろそろ代われ!!。
いよっ 直さん久方ぶりね。。
 えっ先週会ったよ
 ああ そう忘れたハハハ
海野提督もすっかり好々爺ですな・・・同期で一番貫録有り。
塚原兄とはおそらく現職中も顔を合わせる機会が無かったのでは・・話尽きず
そういえば村山兄は航空職だったね、道理で会う機会が無かったわけだ・
岡本兄と〇〇兄   誰だ俺の顔忘れた奴は。
俺は西池だ、いや木村だよ  何?後だけでは判らんぜよ
長沢兄と大熊兄  この二人がそろうと難しい話のようだね、秀才二人噺の最中だ・・ほっておこうっと。
木村兄と夏川兄
ご両人とも多忙の中の出席感謝。

水交会の将来は13期OBの肩にかかっているんだよなあ・・そう思わんかい木村君。
新井君よ事務局長やってくれないかい?

俺見かけは頑丈そうだが、実は深刻なんだよ無理無理
勘弁してよ。
猪塚兄と勇士兄
あんた、横須賀で研究会の席上で議論したっけ、覚えてる?
そんな事有ったかな?
大島兄 中村兄

今年の夏は熱中症対策と節電で大変だったけど、大島君家ではどうだった?

夏は何とか無事だったが冬はちょっと用心していたよ、
この年で風邪はヤバイからね。

そうだね〜、お互い気を付けよう。

      お大事に・・じんさんより
夏川兄と木村君
話の続き終わらないね、ご両人。
廣田兄先日TVで横浜のガイドクラブの様子が報道されてたよ、君が出るかなと期待したが・・・

今はガイドより関連のイベントに忙しいんだよ。

へーそうなんだ、だから元気なんだな。
俺はカレンダーの予定は月1個有るか無いか・・ククク
渡邊兄と鈴木兄

浜北市ってどんなとこ?
気温温暖、スローライフには最適の風土、一度見にこないか畑仕事やらせてあげるよ。

  止めとこ・・・
桑原夫人を囲んで:谷兄、酒井兄、飛田兄、皆さん同期のご夫人には優しい・・家に帰ったら自分の奥様にも優しいかい?・
笹野兄大変だったね、驚異的復旧じゃないか!
リハビリ努力が効果を上げたね

彼はもともと頑丈だがこれも奥様のお蔭ですな。

井場元兄と岡崎兄

昼食会では時間が少なくて、話ができないが、どうかね、茨城、取手市だっけ、岡崎兄は。
川越のほうは我が家も大石のところも異常なしだった。
佐藤兄は郷里福島いわき市の悲惨な現況を語ってくれました。新聞TVの報道とはまた違ったリアルな現状には何とも言いようのないものです。
昨年は春の懇親会でおなじ場所からの眺めには若いカップルの結婚式があり、華やかな風景が見られました。
 懇親会もそろそろ終わりに近づきました、誰かわかりませんが終宴の挨拶、良く聞こえませんが楽しい懇親会でしたね。
今回は懇談には十分な時間とゆったりとした場所での懇親会が出来ました。

役員はじめ参加の諸兄姉、御苦労さまでした。写真を撮らせて貰って有難う御座いました。  
最後に参加者全員記念写真に納まり次回の開催と各員の健康と精進を祈念して散会しました。

平成23年は大東亜戦争(太平洋戦争)以来の国難の年になりました、戦後、平和ムードの中で、ぬるま湯につかっていた日本、このまま進めば3等国と言われた昔に戻るのは確実、政治、教育、文化、経済、等全ての分野で再生革新を図らなければ日本の衰退は避けられないのではと思う。昭和の時代に力を出しつくしたわれわれ年代は、のこった力がまだ有るならば多少なりとも平成の世に役立てて頂きたいものです。  次回総会まで健康管理に努めて諸兄姉と再会したいと願っています。     大石  仁          2011/10/吉日  
 
 
   
   









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN