本文へスキップ

 


護洋会の伊藤良紀君が平成24年7月30日から8月9日までの間キリギス共和国パミール高原へトレッキングの旅をされた時の写真と記録を送っていただきました、原画はこの写真より高精度ですがホームページの制限上圧縮してあります、いずれも大変美しい写真です、詳細な記事とともにご覧ください.なお原画を必要の方はお知らせください。
              JINSAN

 キルギス・パミール高原。レーニン峰BC滞在と ヘリフライト11日間の旅 伊藤良紀
 
   キルギス・パミール高原、レーニン峰BC滞在とヘリフライト11日間
              キルギス共和国
 キルギス共和国は中央アジアの北東部に位置し、西はウズベキスタン、北はカザフスタン、南はタジキスタン及び中国と隣接する。
 国土の94%は標高1、000m以上の土地であり、そのうち40%は標高3、000mを超える山国。さらにその75%は万年雪と氷河に覆われている。国土は東西に長く、天山山脈の支脈とパミール高原の一部が東西に走る。ほぼ中央に天山山脈の支脈があるので、国が北と南に大きく二分されている。
 面積は19万8千平方キロメートルで日本の約半分、人口は540万人の多民族国家である、キルギス人が全人口の70%を占め、続いてウズベク人14%、ロシア人8%となっている。
「キルギス(現地の発音ではクルグズに近い。)」は40の部族を意味し、長期に及ぶキルギス人の形成過程を物語っており、世界で最も古い民族の一つと言われている。 トルコ系モンゴロイド人種の民族であり、容貌は東洋的で、日本人と見間違うような人も多い。
      平成24年7月30日〜8月9日     伊藤良紀
日本からキルギスまでの直行使がない。そのためモスクワ経由の旅となった。
成田からモスクワまで10時間、乗り継ぎが5時間、そしてモスクワからキルギスのビシュケクまで4時間、合計19時間の旅(帰路はモスクワでの乗り継ぎが11時間)である。キルギス訪問は、暴動騒ぎのあった平成22年(2、010年)と今回で、2回目となる。
 今回の旅はキルギスの南部、タジキスタンとの国境にあるレーニン峰(標高
7、134m)を仰ぎ見ることが目的である。登山隊のベースキャンプ(標高3、600m)に滞在し、周辺の大草原、点在する湖、レーニン峰から流れる氷河、そして高山植物を眺めながらハイキングを楽しむためである。
   1:ビシュケクはキルギス共和国の首都である。札幌とほぼ同じ北緯43度に位置し、天山山脈の支脈キルギス・アラ・トーの北斜面にある。標高は900m、人口は78万人である。
 衛兵に守られた巨大なキルギスの国旗が、青空にはためく。その下に、馬に乗り剣を持つマナス王像がある。キルギスには1千年も昔から語り継いだ英雄叙事詩「マナス王物語」かおり、マナス王はそのヒーローで、キルギスのシンボルである。
   2・マナス王像を近くで見てみよう。
   
近くで、衛兵の行進が行なわれていた。ソ連式の大きな帽子が目立つ。
    3:アラ・アルチャ自然公園ビシュケク市内から南に30km、アラ・トー山脈の渓谷に沿って作られた自然公園がある。標高は2、300mで、高度順応も兼ねてハイキング。その時出会った若いロシア人ハイカー。色が白く、美人だ。
    4:ビシュケクから国内航空で40分、キルギス第2の都市であるオシュに着く。
南の首都と呼ばれ、人口は25万人。オシュから更にチャーターしたキルギス軍の大型ヘリコプターで、レーニン峰のベースキャンプに向かう。
所要時間45分。
 
 ここは、レーニン峰登山者のベースキャンプである。数十個の固定テント、食堂用テント、トイレ、サウナ付シャワ一室を備えており、屋外、屋内の照明もある快適なテント村である。ここに4泊した。 
  食堂棟テントの内部、到着後のティータイム。
   日本人のトレッキンググループが、このベースキャンプに宿泊するのは初めてとのこと。後方にレーニン峰を仰ぐ。
   5:ベースキャンプの近くで、朝日を浴びるレーニン峰を望む。手前の山とのコントラストが面白い。
   6・7:ベースキャンプの近くにあるユルタ(キルギス人が放牧地を移動するテント)を訪問。木枠に厚いフェルトをかぶせ、ロープで固定している。一つ のテントに、老人からつぶらな瞳の赤ちゃんまで大家族が暮らしている。
  7: ユルタ(キルギス人が放牧地を移動するテント)の入り口
  7: ユルタ(キルギス人が放牧地を移動するテント)の家族
   8:ベースキャンプ周辺には大草原がある。美しい湖が点在し高山植物が一面に咲き乱れており、皆それぞれに楽しんでいる。
   
   9:朝、ベースキャンプからプテシェビンコ峠
(標高、4,200m)へ向かう。後方にレーニン峰が見え、風が強く寒い。
   10・上:峠への道、急な登り坂が続く。ザレ場でよく滑る。
 
   下:3時間かけ、峠に到着。後ろを振り返ると、はるか彼方まで急坂が続いており、眼下に人が小さく見える。
   11 : 軍用ヘリコプターで、レーニン氷河の上空を飛行。2本の氷河が合流し、下流に向かっている。
   12 : 同上。まるで巨大動物の脊椎のようだ。米粒みたいな黄色のテント群が見える。
  13:ベースキャンプから軍用ヘリコプターで20分、
レーニン峰アタックキャンプ(標高4、400m)に到着。足元は、土を被ったレーニン氷河である。後方にレーニン峰が聳える。
  14:目の前のレーニン峰の雄大な姿に圧倒された。
頂上に手が届きそうだ。
   15 : 標高3、600mの大草原に咲き乱れる花々と動物。
  
   可憐な花達
   エーデルワイス
   可憐な花達
    可憐な花達
   ユキスズメの幼鳥を捕まえた。
   レーニン峰アタックキャンプでふと足元を見ると、氷河上に可憐な花が咲いていた。この厳しい気象条件に耐え生き延びることは、まさに驚異である。
    可憐な花達
   巣穴から出て、あたりを見渡すマーモット
   16 : ベースキャンプからオシュに帰ってきた。チャーターした軍用ヘリコプターが離陸していく。ロシア製で、武装兵±24名、貨物4トン搭載可能。
   17・:ビシュケク行きの航空便待ちのため、オシュの民宿で昼食、休憩。
 日本人は初めてと言う。民宿の子供達、ウズベク人である。中央の少女は12歳と10歳。
   キルギス南部では全人口の3割近くがウズペク人であり、その多くが国境に近い平野部と都市に集中している。オシュでもキルギス人はむしろ 少数派なのだ。 
  キルギス最後の夜、ビシュケクのアク・ケメホテルで民族音楽を楽しむ。
   18 : 同上。素敵な民族衣装とふくよかな美女に目を奪われた。思わずCD購入
(10米ドル)。
 終わり  
   










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN