本文へスキップ

 

川村君の江田島訪問記 

                                 
 ”人生最後”の江田島訪問記                  2013.11.15(金)  川村 巌
  

                    序
 昨年11月15日の江田島見学から既に3箇月が経過するも、まだ江田島見学の余韻覚め遣らぬとき、また、大石兄の立派な「じんさんのホームページ」が開設されたことでもあり、「旅行記」としては必ずしも相応しくないと思いつつも「枯れ木も山の賑わい」、あえて拙稿を披露させてもらうことにした。ご笑覧のほどを! 江田島と言えば、赤レンガの生徒館、花崗岩造の大講堂、大理石(鉄筋)の教育参考館に象徴される歴史的な建造物として、また、観光名所としても全国的に紹介され、ウエブサイト等を通じて多くの情報に触れることも出来る。
 小生は、今回の見学を「人生最後の江田島訪問」として、この地・場所に脈々として流れ続ける有形無形の歴史、伝統を、自分の目と肌で確かめてみたいという思いから、これをテーマとして見学に臨むことにした。



  • 記事1へ 教育参考館展示・保存資料が語る史実の数々
  • 記事1へ 戦時の海軍兵学校教育@・・英語教育
  • 記事1へ 戦時の海軍兵学校教育A・・情操教育
  • 記事1へ NHK終戦特集番組の検証



 記事1 教育参考館展示・保存資料が語る史実の数々
 <教育参考館について>
   ○ ギリシャ神殿風の教育参考館は、生徒の自己修養・学術研鑽に資する目的で兵学校卒業生の積立金と企業や篤志家の寄付金でもって昭和11年に建設されたものである。
軍艦、航空機、軍事建築物等、軍関連のものすべてが膨大な国費・税金でつくられたという一般の認識であろうが、このへんは明確に説明しておくことも必要と思う。
  現在の「水交会」の前身である海軍の「水交社」も然り、終戦まで名称、場所、制度等、紆余曲折、変遷を経てきたが、社屋の建設や運営維持経費はすべて海軍士官の出資金すなわち 毎月の給料から「本俸の100分の1」を、社費として源泉徴収(天引き)されていたのである。

  ○終戦時、40,000点近く保存されていたと言われる保存・展示資料等は、終戦時、占領軍による没収や散逸を防ぐため、一部の貴重な資料等は厳島神社や大山祗神社ほかに奉納され、他の多くは焼却処分されたと言われる。
施設が海上自衛隊に返還後、回収された資料等を含め、現在、約16,000点の資料等が展示・保存されている。

 ※小生の今回の見学は、必然的に教育参考館の展示資料等にターゲットを絞っていたが、時間的な制約に加え、展示資料の中身までは閲覧することができない、撮影不可等々の諸制約もあり、事前の調査研鑽や今までに得た知識等をも基にして、予め決めた「いくつかの課題」について、今回の見学でもって集成を意図したものである。

  従って、ここで紹介するいくつかの事柄は、必ずしも今回の見学が端緒となったものばかりではないということをお断りしておきたい。



 記事2 戦時の兵学校教育@・・英語教育
   ○日米開戦の気運が高まった昭和16年、大学等諸学校の修業年限が短縮された。
 海軍兵学校も、昭和15年入校の72期までは2年10箇月であったが(但し入校時期によりかなりの差がある)、昭和16年入校の73期以降は2年4箇月に教育期間が短縮されている。
 同時に教育カリキュラム・内容も戦時色が強まり、敵性語としての英語教育も廃止・縮小の傾向にあった。陸軍士官学校も英語教育を廃止し、入試科目からも英語を削除した。

  ○海軍では部内でも英語教育廃止論が高まる中、当時の井上成美校長が「世界の公用語である英語も知らぬ・話せぬ海軍士官は不要」という強い信念で英語教育の継続を主張し、校長廃斥運動をも退けて、最後(終戦)まで英語教育を継続したことは有名であるが、一方ではあまり知られていない。 
 参考館の保存資料「海軍兵学校教育綱領(S16.9.3改正)」でも、「会話」が削除されたほか英語教育が継続されている。終戦翌日の16日に英語の授業が行われた記録も残されており、戦争末期まで価値の高い英語教材が刊行され続けていた。

  ○英語教育の廃止・縮小に伴い、“国策として”外来語の使用が禁止され、各分野で珍奇な国語(単語)が登場することになり、中には戦後そのまま引き継がれているものもある。
<例>「当てこすり(マッチ)」、「富士音盤(キングレコード)」、「東條靴店(ワシントン靴店)」、   「野球、打者、死球、飛球、遊撃手、盗塁・・」等々

  ○海軍では英語教育の継続とともに外来語もかなり自由に使われていた。
技術・専門用語に限らず、戦時中の海軍の公式文書や報告・記録資料等(防衛研究所保存)の中でも、外来語が随所に使われている。
<例> 「チームワーク」、「インフレーション」、「バロメーター」、「ガバナンス」、    「ゴー・スターン」、「ゴー・ヘー」etc.



 記事3 戦時の兵学校教育A・・情操教育
  ○戦争さなかの昭和18年12月に入校した75期生徒全員に小冊子「音楽の話」が配られていた。(参考館保存資料)
  <表紙見開き>
 「本冊子ハ海軍生徒情操教育資料並ビニ趣味向上育成ノ目的ヲ以テ海軍軍楽隊東京分遣隊ヲシテ編纂セシメタルモノナリ  海軍教育局」
 冊子は、用紙が極端に払底した時代、体裁・装丁は貧相であるが、芸術の意義に始まり、音楽の形態、声楽〜管弦・吹奏楽、音楽の要素、節奏・旋律・・・等々“音楽(カラオケは別)を解さない”小生にも勉強になる内容だと思う。

 「武辺一点張りの武人教育」が、戦後の多くの人々の「軍事教育」に対するイメージ・固定観念になっているが、米軍の反攻がいよいよ本土へと向けられ、守勢一方を余儀なくされたこの時期・時勢に、教育の本義を重んじた軍人教育が行われていたことは特筆すべきことと思う。  
 海軍が音楽・美術を重んじ、情操教育に力を入れていたことは、次の絵画からもその片鱗をうかがうことができよう。

 ○教育参考館1階入口右側のホールに展示されている 横山大観画伯の作品「正気放光」   何号かは分からないがかなり大きい、畳1枚分?)
説明パネルには「昭和16年院展出品後、開戦直前に海軍に寄贈され、戦艦「大和」の守護神とされたが、昭和20.4沖縄特攻出撃直前に陸揚げされ教育参考館に納められた」とある。
 <小生の感懐>
 壮絶な最後を遂げた大和のかけがえのない遺品として、艦と運命をともにした2,700余名の乗組員の悲壮な思いが伝わってくるようである。

 <補説>2006.7.3付全国紙(読売ほか)に、B−29が徳山沖に停泊中の「大和ほか数隻の艦艇」を高空から撮影した写真(右)が掲載されていた。
撮影日時から、沖縄特攻出撃4月6日15:20の数時間前の姿である。
 可燃物類の陸揚げや対空兵装の増備等を終え、出撃命令を待っていたのであろうか。
おそらくこの絵画もこの時期に陸揚げされたであろうことは十分に考えられる。



  記事4 NHK終戦特集の検証  ≪教育参考館・特攻展示コーナー≫
 <コメント>
膨大な特攻関係の遺書・遺品等を丁寧に見て回るだけの時間的な余裕が無かったのは心残りであったが、小生の見学テーマでもある「史実の追究」・・表題の疑問(下記)を解決することで特攻で散華された英霊に報いたい。
 
※一昨年夏(H24.8.28)のNHK終戦特集番組
       「なぜ遺書は集められたのか・・特攻・謎の調査」
は、徒に視聴者の好奇心を煽り立てるものだった。それ以上に、この番組のシナリオ、ナレーションに対して憤懣やる方ないものを覚えた。見当違いも甚だしいと思うのである。
悲憤慷慨するだけでは問題解決にはならないので、自分なりに調べてみた。
“最後の鍵を握るもの”が、教育参考館にあることが分かり、今回の見学でこれを確認・検証することになった経緯である。
  ○話の筋は「終戦の翌年、巡礼姿の人物が全国の特攻隊員の遺族を尋ね、散華した隊  員の巡拝と称して遺書を回収して歩いたという。 病没するまでの6年間に北海道から鹿児  島まで2,000近い遺族宅を訪ね、1、800通余の遺書を回収したという。」

  ○番組はこの人物を「不審な人物(仮にO氏と呼ぶ)」として、それを陰で操る黒幕を  仕立て上げ、その一人に海軍省解体後の第2復員局(厚生省の部局)で復員業務に携わって いたT氏の名を挙げている。 T氏は、戦争末期、木更津の第3航空艦隊司令長官として、  特攻作戦を下令する立場にあった人物である。

  ○シナリオは、「特攻を下令する立場にあった人々が、特攻を正当化し、証拠の隠滅を図 るため、秘かに遺書の回収に奔走した」という設定のようである。
 回収された遺書は、厚生省を経て最終的には江田島の教育参考館に移管され、一部は展示、 あとは倉庫に保管されている。 これについても番組では、「(特攻の実態や遺族の調査結 果を)倉庫の奥深くしまい込み、隠蔽していた」というナレーションを加えている。 
    (海自としては濡れ衣を着せられたようで極めて不本意であろう)
 この問題の全体を理解する上で、O氏とT氏の接点や当時の復員局の対応等、まだまだ説明 が必要であるが、スペースの関係で割愛。
 今回の小生の目的は、参考館にある「O氏(民間の篤志家で名を秘す必要は毛頭ないが)の 奇特な行為、活動経緯・経過等を記した詳細な説明資料」をこの目で確認することであった 。 結果だけを述べると、この「説明資料」でもってすべてが“一目瞭然”である。 
 ≪所 見≫
  特集番組のシナリオ設定が、あまりにも“お粗末、幼稚過ぎる”の一語に尽きる。
 国の管理・保護のもと、受信料まで徴収する公共放送としてのモラルの欠如も甚だしい。
 フィクションは勝手であるが、史実の歪曲・捏造は断じて許されるべきではないと思う。
 ≪捕捉参考事項≫
  ○水交会の藤田幸生理事長が「水交」平成25年盛夏号に、特攻隊戦没者慰霊顕彰会の立 場から、この番組の真偽についての論証を掲載している。
  ○NHK取材陣も事前に上記の説明パネルや数々の展示遺書等を見ているはずであるが、 なぜこのようなシナリオが出来上がるのか、理解に苦しむところである。
  ○防衛研究所戦史部図書室には、当時、第2復員局がまとめた「O氏の活動経過記録」や  「未訪問遺族名簿」等の公式資料も保管されている。
                              <完>














JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN