本文へスキップ

 

伊藤君のチベットの旅

チベット三つの8,000m峰BCと ネパール国境の谷ハイキング 13日間
                                     
 チベットは、中国の西南部に位置するチベット高原を中心とした地域をいう。南北1,500㎞、東西2,500㎞、面積は250万㎢で、日本の国土面積の6倍の広さを有する。その文化圏は、チベット自治区、青海省、甘粛省、四川省、雲南省に跨る。
チベット高原は世界で最も広い高原で、生活環境が非常に厳しい所である。平均標高はチベット全体で4,000m、西部が5,000m以上と最も高く、東部でも3,000mを越え、世界の屋根と称されている。南のヒマラヤ山脈は急峻な山々が峰を連ね、ネパール国境にあるチョモランマ(英語名エベレスト)は8,848mに達する世界最高峰である。
チベットは、ヒマラヤ山脈などの高い山脈に四方を囲まれており、平均気温が低く乾燥しており強風が吹く。5月から9月にかけてが夏で、最高気温が15~20℃、最低気温が5~-5℃。10月から翌年4月までの冬は、最高気温が5~15℃、最低気温が-10~-20℃になる。


 平成26年11月4日~11月16日
チベット三つの8,000m峰BCとネパール国境の谷ハイキング13日間

チベットへの道程は遠い。成田から北京まで4時間。北京の空は、どんより曇っていて太陽が見えない。スモッグのせいだろう。北京で乗り継ぎ甘粛省の省都蘭州まで2時間30分、着後専用車で3時間、青海省の省都西寧に着く。西寧からチベットの青蔵鉄道で、標高3,000m~5,000mの高所を24時間走り、チベット自治区の首都ラサに到着する。

今回は、ラサとネパールの首都カトマンズを結ぶ中国・ネパール友好道路を四輪駆動車で走破し、日程は7日間、距離1,000㎞、ヒマラヤ山脈を越えてネパール入りする。そして8,000m峰のチョモランマ(英語名・エベレスト)、チョーオユー、シシャパンマの各ベースキャンプを訪れる壮大な旅である。

最後は、ネパールとの国境の谷をハイキングし、氷河と雪山に囲まれたタラ湖を訪れるものである。

平成26年11月4日~11月16日     伊藤 良紀
1・上:西寧は人口197万人、古くはシルクロードの南ルートといわれる唐蕃古道の要衝として発展してきた町である。空がどんより曇っているが、でも北京よりは良い。高層マンションが林立しており、建設中の建物が多数見受けられる。この建物は、臨時駅として使用されている西寧西駅。列車待ちの大勢の人々であふれている。駅の入口でパスポートチェック、手荷物検査、ボデーチェックを受けて構内に入る。ここから青蔵鉄道の一等寝台車に乗り、ラサに向かう。青蔵鉄道は鉄道世界最高地点のタンラ峠(標高5,072m)を越え、西寧とラサを結ぶ全長1,960㎞の鉄道である。
下:ラサ(標高3,607m)は人口50万人、チベット語で神の地を意味する。この建造物は、ラサ市西部の紅山に建つポタラ宮。ダライ・ラマの宮殿で高さ115m、南北300m、東西360m、総面積41㎢にも及ぶ。ダライ・ラマ14世がインドに亡命するまで300年にわたり、チベットの聖俗両界の中心地であった。主が居ないのに、大勢の巡礼者が訪れている。
2:ラサ旧市街にあり、7世紀中期に創建された吐蕃時代の寺院であるジョカン(大昭寺)。巡礼者が五体投地を行い祈りを捧げる場所で、そこの石畳は摩耗してつるつるになっている。女性二人が五体投地を行っており、その脇でスマートフォンを熱心に操作する女性 
3:ラサからトヨタ製の四輪駆動車7台による長い旅が始まる。
チベット三大聖湖の一つヤムドクツォ湖。ラサの西70㎞にあるカンパラ峠(標高4,794m)から望む。総面積678㎢の淡水湖で、名称はチベット語で高原牧場のトルコ石の湖を意味する。背景の山はニンジンカンサ(標高7,252m)である。
4・上:シガール(標高4,300m)へ向かう途中に、カツォーラ峠(標高5,200m)がある。峠の頂上は風が強く、無数のタルチョがはためいている。
下:峠を下り、褐色の大地を走る我々の車列。
5・6:チョモランマ・ベースキャンプの高台(標高5,154m)から仰ぎ見るチョモランマ(標高8,848m)。とても風が強い。この高台が停止ラインで、ここから先に進むことはできない。大きく迫る北壁が見事である。チョモランマの北側(チベット)は、南側(ネパール)のカラパタールから見るエベレストよりも前山がほとんど無いため、巨大な全容を仰ぎ見ることができる。今はシーズンオフのため、この大地にあるはずのテント群を見ることができない。 
 
   7:ティンリー高原を南下し、チョーオユー・ベースキャンプ(標高4,820m)に到着。ここは中国軍の管理施設で、軍の施設を写さないことで撮影許可が下りた。チョーオユー(標高8,201m)を仰ぎ見る。風が強く、砂埃が舞い上がっている。ここにもテント群の姿は無い。
   8:オールドティンリー(標高4,390m)からシシャパンマ・ベースキャンプを目指す。大地の彼方に忽然と白い雪山が現れ、段々と近づいてくる。  
 
 
   9:シシャパンマ・ベースキャンプ(標高4,850m)に到着。ここにも人が居ない。風が無く穏やかな天候で、広大なチベット高原にそびえ立つ山々は見事である。左にカンペンチン(標高7,281m)がある。平原の彼方に浮き上がる感じで山があり、この雪山の迫力はなんと凄いことか。 
 
 
    10:左に目を転じると、右がシシャパンマ(標高8,027m)で、左がマラメンチン(標高7,703m)である。
   11・上:ニャラム(標高3,720m)から、プーチュー谷をハイキング。同地は外国人にあまり知られていない場所である。ネパールとチベットとの国境のチベット側にある谷で、ネパールのランタン・シュガール山群の裏側に当たる。膝まで達する雪が残っている。そして酸素濃度が薄いので、体が重く足が上がらない。時々休み、深呼吸を繰り返しながら進む。プルピチャチュ(標高6,637m)を背景に、ツアーリーダーの説明を聞く。
   下:雪山に囲まれた聖なる湖、タラ湖(標高4,400m)にやっと到着。ネパールとチベットの国境にそびえ立つランタン・シュガール山群の展望を楽しむ。中央の山がペンタンリ(標高6,785m)、その左にある三角形の山がトライアングル(標高6,868m)である。
   12:ザンムーは、ネパールとの国境にある町(標高2,300m)である。ネパールへの出国手続きのため、早朝から並ぶ。ネパールとの国境に架かる橋。右のチベット側で出国審査を受け、徒歩で橋を渡り左のネパール側で入国審査を受ける。対岸はネパールで、チベットへ向かうトラックの列があり、その奥にネパールの国旗が小さく見える。

 
四輪駆動車の旅、ラサ出発から7日目でチベット側の旅を終えた。そして国境から車で6時間30分、ネパールのカトマンズに到着。長い車の旅が終了した。   
   










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN