本文へスキップ

 

                            

平成27年度護洋会総会写真


 

平成28年4月19日(金)平成27年度護洋会総会・懇親会が水交会でおこなわれました。
出席者は会員38名、夫人3名の計41名、昨年度より4名の減員でした。
今年も東京の桜の開花は早く4月も中旬には桜の盛りは過ぎてましたが新緑の若葉が香る東郷神社境内界隈は原宿の喧騒も届かない静寂に包まれ例年に見られる神社結婚式もなく水交会館での総会懇親会には絶好な日和でした。
今回はご夫人会員は夏川夫人、桑原夫人、新井夫人の三人だけでちょっと寂しい感じもありましたが昨年同様、遠路北海道から桑原夫妻、静岡県から鈴木博通君が出席してくれました。今回の総会では護洋会の解散に関する時期や事後の運営等について方向を決定するための議題が有り多くの会員からのメッセージ回答もあって懇親会の談話も例年より活発だったと感じました。
ことしも総会、懇親会のカメラは(大石、新井、井場元)が担当しました、以下の写真は重複を整理し出来る限り多数のショットを乗せるように編集してあります。カメラ目線のショットも多数有りますので、出席者41名の姿は必ず見つけられると思います。その他懇談中の画像は多少ぶれていたり、意味不明のショットもありますが、懇親会の親密さを表すものと御判断ください。なお失礼なコメント(内)は例年のとおり大石の創作ですのでお許しください。
今回の総会の結果、四年後の平成31年度を以て護洋会は解散する事となりましたが、解散後も江田島で結んだ同期の絆は最後の1人となるまで続くことを願って居ります。

                大石 仁  平成28年4月吉日
  
  
今年も定時より1時間も早く到着の諸兄
左から平田兄、新井兄、広田兄は何やら説明中、右は藤田兄 
(やあ!お久しぶりです)
新井兄と広田兄、何か旅行計画かな?
開会前の酒井会長と塚原事務局長の議事進行の打ち合わせ
(毎回ご苦労様です、感謝、感謝”) 
定時になり塚原事務局長の開会宣言 
27年度物故の故塚原智子夫人ならびに、故山下博嗣兄へ黙祷
酒井会長の挨拶
監査役川崎兄から引き継ぎ及び新たに塚原局長の
補佐役を受け持つ広田兄の役員就任の自己紹介
27年度報告及び護洋会解散についての議題の審議について
(何時もながら事務局長は多忙でご苦労様です 感謝してます)
塚原局長の説明を傾聴中の諸兄
手前 酒井、西村(義)、岡崎の諸兄
手前 渡邉、左から夏川、杉本、猪塚諸兄
議題傾聴の諸兄
右奥から前崎、西村(哲)、鈴木(康)、海野、奥村、
左奥から 堂脇、水村の諸兄
手前から宮本、針ヶ谷、佐藤諸兄
前崎兄、西村(哲)兄
左から、夏川、杉本、猪塚諸兄
左 西山兄、平田兄
左 桑原夫人、新井夫人、夏川夫人
左 室野兄、新井諸兄
左 溝口、池田、福塚諸兄
左 鈴木(博)、島崎、勇士諸兄 
左 新井、水村、堂脇諸兄
左 酒井、西村(義)、岡崎諸兄
左 鈴木(康)、海野、奥村諸兄
左 渡邉兄、桑原兄
(渡邉兄は最近新作小説発表と、酒井会長から
紹介が有りました、ぜひ読ませてもらいます。)
奥 藤田兄 左 鈴木(康)海野、奥村諸兄
左 酒井、広田、大石諸兄
左 夏川兄、杉本兄
(夏川兄は多忙、いつも携帯離さず)
桑原兄の乾杯の音頭 
(毎年北海道からご夫婦で参加は凄い事。いや〜羨ましい限り・・・)
手前後ろ向き 左 新井夫人、加藤兄、
左奥から 桑原夫人、夏川夫人、桑原兄
左 新井、水村、堂脇諸兄
加藤兄、新井夫人
(加藤兄今回は夫人同伴なしで参加、体調やや良か?)
 
 西村(哲)兄、藤田兄 (ご両人健在の様で何よりです)
渡邉兄、桑原兄  ( ご両人とも護洋会文士だな)
 
大石兄、広田兄
(広田兄は最後の一人まで面倒見てくれないか・・ナア)
西山兄、平田兄(このお二人は歳を取らないようです) 
針ヶ谷兄、宮本兄  
左 岡本、小峰、佐藤諸兄 
左 室野、福塚、杉本諸兄 
杉本兄、猪塚兄
左 桑原夫人、夏川夫人、助川兄 
鈴木(博)兄、助川兄
(鈴木(博)兄は蕎麦を栽培、手打ちそばを楽しんでいるそうで、
日頃は半分農家だとか 彼のホームページを覗いて見てください)
豪華な卓上料理
(おおむね高齢者用の内容ですが いつも残すようで、
モッタイナイと言うか、皆さん食が細くなったのですな。) 
豊富な飲み物
(準備の酒の中には都合で来られなかった
木村兄寄贈の高価な酒 が有ります)
 
懇談の様子
(懇談会が座席スタイルとなって以来、話も弾むようです。)  
左 岡本、小峰、佐藤諸兄
手前背面は西村(哲)兄、溝口兄? 
左 池田、広田、藤田、岡崎諸兄 
(右端 針ヶ谷兄 外して済みませんね)
左側横顔 佐藤兄 正面は溝口兄
(背中の二人は誰でしょう? 想像してみてください)
針ヶ谷兄 宮本兄 
 
(身を乗り出して 話に夢中の様です)
 
(高齢者の集いなれど・・・かっては、筋金いりの猛者たちの集い )
 
(以下 大変静かな 懇談の場はあたかもサロンの様でした)
 
同上 
 
同上 
 
出席会員41名中40名の総員写真
(途中所要で夏川兄欠)
 
 視力低下の諸兄姉用に名前入りを用意しておきましたが、
 それでも見えにくい方は拡大鏡で見て下さい。  (大石)
 
 諸兄来年の再会を祈ります。  記:大石 仁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN