本文へスキップ

 

                               

護洋会の作家達と作品


 
護洋会は海に生きた男たちのOBの集いです、彼等は日本の平和と独立を守るために昭和の半ば頃から海上自衛隊に身を投じ爾来海に空に活躍して来た猛者たちです。
今日護洋会会員は全員が定年退官し、第二第三の人生を歩んでいますが、今でも常に海を愛し、人を愛するSeamanとしての心構えを持った人たちです。
海の男達は「スマートで、目先が利いて、几帳面、負けじ魂、これぞ船乗り」というとおり、大変器用で、多芸多才の人物が多いのです、以下に紹介するわれら護洋会の、クラスメートはその特技を筆に託して後輩や市井の皆さんに海のおおらかさ、楽しさ、厳しさを、そして國を愛するという意義についても伝えたいと願っています。
近年軍事物が多く出版されていますが、以下に紹介する作品は著者の勤務体験を基に書かれておりいずれの内容もリアリテイに富み最後まで一気に読んでしまう程の面白さが魅力です、海上自衛隊を知る人も、知らない人もどうか一度手にとってご覧ください、きっと海が好きになると思います。

作品を紹介するに当たって一言

私の好きな図書の一つに故C.Sフォレスターの海洋文学の傑作といわれるホレーショ・ホーンブロワーの12巻に及ぶ物語がある、海外の作家による海洋小説はフォレスター氏以外にもジョン・エバンズ、アンソニー・フォレスト、ダドリ・ホープ等々数限りない、が中でもホーンブロワーの物語は海好きの人にとって、必読の小説ではなかろうか、その中身はさておいて、海洋文学で大変残念に思うのは、すべてこれらの作品が、海外の作家によるものであることだ。どうして我が日本の海洋文学が漂流文学にのみ語られているのだろうか、吉村昭氏は日本の海洋文学が漂流文学である原因の一つに日本の船の構造と内海航海にあると述べられている。確かに海洋国家と言う割にはわが国には純粋な海洋文学は極めて少ない。地政学的に類似しているとは言え英国とは同一に論ぜられない国家としての歴史も異なるから、止むを得ないとは申せ、海洋文学が、漂流文学のみであるとはいささか残念である、しかしわが国には古事記の昔から、海をテーマにした書き物は少なくはない、それらの多くが日本国内もしくは中国との交流に関連するものが多いのは事実であるが、海外に雄飛した海の男たちの話も無くはなく、ルソン助佐衛門や高山右近、山田長政などのほかに、隠れた形では倭寇などが存在する。
ところが、諸外国海洋文芸作品のように、わが国では近代の海洋に関する小説やその他の作品の隆盛を見たことはいまだに無いように思う、うがった言い方をすると海洋本は売れないからだ、つまり日本人の海に関する想いや認識は、わが国の海洋作家を満足させるほど深くはないと言うことであろう。
それは作品の良し悪しにかかわらず一般的にサスペンス物や、恋愛物、等身近なものを好む現代の風潮もさることながら本質的に日本人は農耕民族であるということではなかろうか。
そろそろわが国でも、海をテーマにした雄大な海洋文学を生み出しても良いのではないか、そうあってほしいものである、たとえホレーショ・ホーンブロアーほどの伝説的素材がわが国になくても。
前書きが長くなったが、このような思いを込めて、我が護洋会作家たちの作品を紹介する。願わくは読者が以下の作品から海に関する新たな興味と海上防衛についての関心を抱いて頂くことを、そして、著者諸氏が、今後とも海洋文学の戦列に加わって大いにわが国の海洋意識を啓蒙、啓発する作品の発表を期待して止みません。 

                                  じんさん 記

渡邉 直 桑原泰彦
帽ふれ 帽ふれ番外編 防衛大学校 我が青春の日々
続帽ふれ 海自マラッカ海峡出動 続防衛大学校 波と雲の青春
続々帽ふれ 海自邦人救出作戦 
 帽ふれ完結編      
書    名 著  者 概 要(じんさん 記) 出版社等
帽ふれ
小説新任水雷士
渡辺 直 「帽ふれ」は写実的に表現すると別れに際し送る人、送られる人が被っている帽子を振って挨拶する仕草である。
が、帽ふれは単に仕草を言うのでない。

海上自衛隊の護衛艦から一人の幹部自衛官が退艦し、艦から「帽ふれ」の号令が発せられるプロローグからこの小説ははじまる。作者がこの本の題に「帽ふれ」を選んだ意図には帽ふれの号令にこめられた数々のエピソードのエッセンスを感じてほしいと考えたのではなかろうか。
物語はこの主人公が海上自衛隊に入隊し、江田島の幹部候補生学校を卒業し、遠洋航海を終えて、最初の幹部としての勤務場所である護衛艦「さざなみ」に着任するところからはじまる。物語とはいえ述べられている内容は実際に著者が勤務した今日の海上自衛隊そのままの内容であり極めて正確、的確な表現で述べられているほか,登場人物、イベントもほとんど事実である、もちろん仮名を使ってはいるが、知る人が読むと思わず頬が緩みそうになるほどリアルである。また主人公と著者は同一人物の実像と影の関係を保ち、著者の言わんとするところを主人公をして語らしめているのが垣間見える。
護衛艦さざなみの水雷士として勤務する1年の期間中、主人公はさまざまな訓練や艦内生活を通じて、海上武人(シーマン)としての多くの経験と実力を身につけていく。記述されている色々な海上用語や、しきたり、海上自衛隊の訓練の様子は、事実そのままであり、海上自衛隊の実態を紹介している貴重な内容である。一般の人はおそらく聞いた事もない用語や、生活様式、そして自衛隊とはどのような集団なのかという疑問にも答えてくれるであろう。
また訓練や救難作業における海の怖さ、海の優しさを、主人公の体験を通して語らせ、私小説風に物語を展開していて読者を飽きさせない。
主人公結城 武はこの艦を皮切りに次第に昇任し最終的には隊司令として3隻の艦を統べる「司令の海」に登場する。この「帽ふれ」は次に続く「続帽ふれ先任士官編」「続続帽ふれ艦長を命ず編」「帽ふれ完結編司令の海」にいたる物語の第1作登場編である。全巻を通じいわば海に生きがいを求めた一人の男の生き方を書いた私小説である、ぜひとも通巻して読破されんことをお勧めする。
かや書房定価1835円
続帽ふれ
先任士官
渡辺 直 結城武1等海尉は大湊を母港とする護衛隊所属の護衛艦「しののめ」の砲雷長である。護衛艦「さざなみ」の水雷士として前編帽ふれで活躍してから早や7年が経った。階級も1等海尉に昇任いわば最も働き盛り、言葉を変えて言うなら一番酷使される階級だ。
そんな彼は今度は護衛艦の先任士官として活躍する、舞台はもちろん海の上、それも太平洋、カリブ海等世界の海である。護衛艦「しののめ」は江田島の幹部候補生学校を卒業した初任3尉を乗せて遠洋練習航海の隨伴艦として参加する。行き先は遥か中南米8カ国、総航程3万1千マイル139日間の航海である。
幾日も海ばかり眺める海上生活、狭い艦内での人間関係、楽しいとばかりはいえない遠洋航海で、武は何を考え、何を求めたのかそして其処で得た物は何だっただろう。時には怒り時には部下の優しい心に癒され、寄港地で、また艦橋で武は先任士官としての職務を遂行する。前編同様各種訓練の内容が詳細に述べられ、遠洋練習航海の様子が軽妙なタッチで書かれていて、楽しませてくれる。訓練の合間に眺める海の情景は読む人にも安らぎを与えてくれるだろう。遠洋航海を終えた艦は母港大湊に帰り厳冬の季節を迎える。大湊の冬は厳しい、吹雪の中での官舎生活、家族の事も気がかりだ。やがて長い冬も終わり新緑一斉に芽生える春、武は最後となる先任士官の勤務を終え、部下の心温まる見送りを背に、次の新任務に旅立つのである。
かや書房定価1835円
続々帽ふれ
艦長を命ず
渡辺 直 前作から数年後主人公結城 武は小型護衛艦の艦長勤務を終え海上幕僚監部、海上自衛隊幹部学校等の陸上勤務を経て2等海佐となっていた。今回彼は待望の大型護衛艦しかも就役したばかりの新鋭システム艦の艦長に発令される。母港も海上自衛官にとって所縁の深い呉だ。新緑の呉港を舞台に新艦長の活躍がはじまった。
艦長は一国一城の主であると構えているわけには行かない、200名を超える乗組員の統率、上司との軋轢、困難な訓練作業、さまざまな問題がシーマンとして、指揮官としての新艦長の力量が試される。結城武はこれにどのように対処して行ったのであろうか。
武には小型艦艦長時代から心に決めた信条があった、それは常に誠の心と自然体で物事に接することである、と決めてきたものである、今回の勤務で武は部隊指揮官としてさらに鷹揚な気持ちを信条に加える。
部下の副長へのこだわり、上官である隊司令との確執、それらを鷹揚な気持ちで難局を越えられるのか?、さまざまな訓練、演習、そして艦及び艦長の評価に直接かかわる訓練検閲のイベント等、結城艦長や如何に?
かや書房定価
1935円
帽ふれ完結編
司令の海
渡辺 直 1等海佐に昇任した結城武、本編では三隻の護衛艦を率いる第17護衛隊司令である。17護衛隊は海上自衛隊呉地方隊の所属で呉総監の直接的な指揮を受ける独立した艦艇部隊である。
呉地方隊の最強艦艇部隊の指揮官として、その任務は広範囲であり責任は重い。彼はこの文中で、幾多の訓練や事象を借りて、わが国の防衛の現状と問題点、平和とは何かと読者に問いかける。
射撃訓練jの途中に起こる難民船への対応や海上自衛隊演習中の国籍不明の潜水艦への対処等今日わが国の周辺で現実に起こっているこれらの問題を分かりやすく示し、わが国の危機管理の有り方について考えを述べている。
海のロマンとは何かという乗艦実習学生の問いかけに結城武は台風と遭遇する行動の中で自然の脅威と戦う海の男たちの姿を書くことで答えている。そこでは自然の力の大きさ、海の怖さ、優しさを読者に伝えようとしている。
圧巻は海上自衛隊のビッグイベント観艦式での結城武の活躍である、彼はここではなんと10隻の艦船部隊を指揮することになる、分秒が求められる観艦式の艦船の動き、10隻の艦艇を一糸乱れず動かすことの、難しさと、喜びを観艦式の情景とともに述べている。
ここにも彼の言う海のロマンが感じ取れるのである。
結城武の最後の海上勤務を飾るのは年度末に行われる海上幕僚長検閲の受閲である、呉地方隊の最優秀部隊として表彰を受けるまでの指揮官としての任務を彼は三っツの信条「誠、自然体、鷹揚な気持ち」に新たに一つ加わった陽転思考の4信条で見事に完遂する。
母港に帰った結城武は、そこで海上勤務最後の帽ふれをもって送られ帽ふれシリーズの幕を閉じる。
かや書房定価
2100円
三等海佐物語
帽ふれ番外編
渡辺 直 目次の最初に乗せた項、「悪夢」の記述は圧巻である。結城武は悪夢を見る。南北朝鮮半島に戦火が起こり、さらに中国軍の台湾侵攻が始まり、海上自衛隊に海上警備行動が發令された最中、娘婿の柳田誠は群司令として警備行動中に国籍不明機から攻撃を受け被害を生ずる。この事例に関する記述はわが国の危機管理の弱点を見事に説明していて、絵空事とは思えない。
この本は帽ふれ番外編となっていて単本としても十分読み応えのあるものであるが本編内の各物語に登場する主人公は、結城武とは別人の名を借りているにも拘らず、随所で結城武本人の姿と重なる。つまり帽ふれ各巻で述べられなかった艦艇勤務や陸上勤務での体験を本編で埋めており、それらはすべて結城武の視点でかかれていると言えそうだ。
中でも3等海佐物語の項は面白い、3等海佐とは民間の会社等ではいわゆる中間管理職(部課長級)の最も働き盛りの階級であり、上下にはさまれサンドウイッチとなる苦労の多い階級だ、若い隊員の教育指導のあり方、上司の命令への判断、私生活への不安を抱えながら,精一杯頑張る姿は職業の如何にかかわらず共感を呼ぶ。
駆潜艇物語であるが現在海上自衛隊にはこの艦種は無く、20年ほど前にすべて退役したがこの物語の時代には20隻あまり就役していて地方隊艦艇部隊の主力のの一つであった。小型で装備も護衛艦に準じた対潜武器を装備し、運動性能も良く、シーマンの養成には最適の艦艇であって、司令、艇長には海軍の生き残りの海兵出身の猛者が配置されていたものである。物語では駆潜艇の艇長として、津軽海峡を舞台に主人公が、機関の故障や自然との脅威に立ち向かい苦悩しつつ決断する様子が、描かれている、その描写には海鳴りの音と、潮風の香りを感じる程である。
同じことは本編に収められている「なみ6うねり7」の項でも同様で、大型艦の艦長であれ小型艦艇長であっても物事の決断を下す指揮官の立場には変わりが無いことを数々のエピソードの中で紹介している。
本編にはさらに舞台を瀬戸内海、玄界灘、奄美の海に移しそこを巡って繰り広げる海の男たちのロマンを収めている。一読をお勧めしたい。
かや書房定価
2100円
 海自マラッカ海峡出動  渡邉 直  著者の第1作小説新任水雷士から始まった「帽振れ」シリーズは第5作番外編の三等海佐物語で一応区切りを迎えたが今回新たに海上自衛隊の海外出動を舞台に実際に現在実施されている海賊対処処置を基本とする物語を発表した。小説派遣海賊対処部隊物語としているが、内容はまさに惹起した事件を基に今後現実に起こりうる海上自衛隊の部隊行動を想定した物語である

護衛艦ふゆづき艦長亀山2佐は艦長就任マラッカ海峡派遣豚に参加を命じられる。
本書では時期を20XX年としており海外行動上の法的処置はマラッカ海峡及び周辺海域の安全に関する特別措置法案に従い運用上極めて難しい条件下での行動を行わざるを得ない実態を訴える様なストーリを展開する。
本書が出版された2016年の現在でも平和安全関連法制が施行されたとはいえ現実には本書と同様な諸問題が起きると考えると本小説は危機管理に興味を示さない一般市民もぜひ一読し日本の置かれている現状を理解してもらいたい。
スリルとサスペンスの本書。
一読をおすすめする。
 潮書房光人社
本体価格
720円
+税
 海上自衛隊
 邦人救出作戦
 渡邉 直  前作マラッカ海峡出動に続く海自の活動第2編が完成、新たに邦人救出の活動がスリルとサスペンスの盛り込まれた傑作だ。
前回の出動で南海の虎と呼ばれるようになった亀山艦長を待ち受ける海賊たちとの2度目の対決、果たして結果いかに・
今回は邦人の乗った自動車運搬船が海賊に乗っ取られる、これを救出するが、無人島に隠れた海賊の根拠を急襲するまでの緻密な計画と果敢な指揮の下解決までの判断と行動力が丁寧に描かれていて、参考になる。また予想もしない結末など、前作と同様なスリルに富んだ海洋小説である。読者の一読を願う。
潮書房光人社 
本体価格
770円
+税
防衛大学校

我が青春の日々
桑原泰彦 昭和30年代日本は戦後10年をすぎ戦後の混乱期からようやく立ち直り各種工業生産や自動車産業の振興、貿易の成長に始まり東京では車の渋滞や夢の島ごみ埋め立て、京浜地区の煤煙など、問題を生じながらも國を挙げての活力が出始めた時期である。そんな昭和33年春、一人の純真な少年に近い青年が雪深き札幌から横須賀の小原台にある防衛大学校に入学する。入学の動機は週刊誌の記事にあった防衛大学校生徒のダンスパーテイ騒動の記事を読んでと、いうから面白い。海に憧れて船長の夢から、艦長の夢にと希望が変わったその日から主人公は4年間の防衛大学校生活を送る。この著書の内容は著者本人の青春像を描写しているが、決して過ぎ去った古き時代へのレクエイムではないと著者が言うとおり、何時の時代でもまたどのような境遇環境でも起こりうる人生模様の一齣であり、其処に秘められたヒューマニズムや喜怒哀楽が軽妙なタッチで描かれていて、読者を魅了して止まない。本編の後半は海上自衛隊幹部候補生学校の候補生生活の1年間の様々なイベントがリアルに記述されており、かつ、江田島の風土と人情も実感として伝わってくるような描写がなされていて楽しめる。日本一美しい学校と言われる江田島の幹部候補生学校の1年間のエピソードの紹介は、これから海上自衛隊に入ってみたいと思う若者には大いに参考になるであろう。
この作品は次の続編で海から空へと舞台が変わるが主人公は同じである。
この本は防衛大学校を、そして海や空を職業の場とする男を目指す若者にぜひ読んでもらいたい。
この本の著者は現在は北海道に在って、いまも変わらぬ海の男の気概を抱いて健在である。
かや書房本体価格1748円
続防衛大学校

波と雲の青春
桑原泰彦 本編は前編の青年が防衛大学校を卒業し呉の江田島にある幹部候補生学校の課程を終えて初任3尉となってヨーロッパ遠洋航海に出発するところから始まる。
幹部となっても3尉は幹部のどん尻である、遠洋航海では実習幹部と称され、訓練また訓練の毎日、涙あり笑いありの、遠洋航海を終えて、帰国した彼を待っていたのは、航空職域への発令であった、しかも主人公は視力が弱いにもかかわらずである。艦長の夢は儚く消えたが、主人公は持ち前の負けん気と明るさで新たな航空職域に身を投じ戦術航空士、機長として活躍する。ここではS2Fという現在では博物館でしかその勇姿を見ることが出来ないが、当時の海上自衛隊の主力対潜航空機であって、小回りの利く名機の様子が、訓練を通じて紹介されていて読者を主人公とともに大空に誘ってくれる。海から空へ、波と空の青春の真っ只中で、繰り広げられる物語の中、千葉県下総基地、鹿児島県鹿屋基地、徳島県徳島基地の各海自航空基地を巡って主人公が巻き起こすイベントは抱腹絶倒の笑いの中にもエアマンシップがにじみ出ており大空のメルヘンが読者を空に駆り立ててくれそうである。
かや書房本体価格1748円









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN