本文へスキップ

 

軍事関連歴史資料

昭和20年8月15日いわゆる終戦の日を迎え敗戦の屈辱を味わいながらも決して当時の勝者に屈せず戦後日本を粒々辛苦の末今日の国家再興に奮闘してきた大和男子が、次第に消滅し、代わって安易な生活に慣れ個人の権利のみを主張し、責任を顧みずただ日々の享楽のみを追求する日本人が多くなりました。今日本を取り巻く諸外国の理不尽な圧力は日に日に強くなってきているなか、平和を唱えていれば安全という能天気な危機管理意識、国益とは何かという基本を認識せずに日本を引きずってきた政治家たちにその責任の大半があると思うが同時にその人たちを選んできた国民一人一人にもその責任があるのです、歴史を学び歴史から考えることが疎かになってきたこともその要因の一つでしょう。
平和とは何か、国益とは、独立国家とは何かを考えるとき、この資料は過去の我が国の戦いの歴史資料の一つです、子供や孫たちに日本の歴史を正しく伝える資料として参考にしてほしい。 管理者JINSAN