本文へスキップ

 

戊辰戦争概説


 鳥羽伏見戦

嘉永6年(1853)米国のペリー艦隊が来航して日本に開港を強請するや幕府はその威カに届し,不利な条約に調印するに至った。
これが為,国内の尊皇攘夷(天皇親政の下に外国船を討ち払うこと)の思想は一層激しくなり幕府は厳しくこれ等志士を処断(安政の大獄)したが制止することが出来ず薩・長両藩を中心とする討幕運動は愈々盛となった。
慶応3年(1867)徳川慶喜は遂に京都に於いて大政奉還して大阪に退きここに王政復古(建国以来の天皇親政に復すること)が成った。

しかし大阪にあった幕府軍(会津・桑名・新選組等)は慶喜の意に反し「御所に嘆願のすじあり」として,明治元年(1868)1月3日,京都に向かったが鳥羽・伏見に於いて薩・長軍と衝突して敗れ慶喜は海路,江戸に引き揚げた。

鳥羽伏見戦

これに対し,薩・長を中心とする官軍(烏羽・伏見の戦の時,朝廷より慶喜追討令を受く)は直ちに東進し,明治元年(1868)4月には江戸(東京)に無血入城した。当時,江戸には徳川の遺臣を中心とする彰義隊等があり上野に陣して薩・長に対抗したが5月15日激戦の未,掃蕩された。

これより先,8月,榎本武揚の率いる幕府艦隊は品川を脱出して北上,10月には函館・五稜郭を占領し12月には北海道全島を収めて明治政府に脅威を与えた。これに対し官軍は明治2年(1869)5月11日,陸海を挙げて進撃を開始し17日,五稜郭を占領して榎本武揚以下を帰順させた。
この鳥羽・伏見の戦いから函館・五稜郭占領迄の戦いを戊辰戦争と称し,この勝利により明治政府は徳月封建制を払拭して名実ともに全国を平定し,近代日本発展の起点としたのである。








JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN