本文へスキップ

 

大東亜戦争初期南方作戦概説

大東亜戦争初期南方進攻作戦(昭和16年12月〜17年5月)

陸軍の南方作戦の目的は東亜に於ける米国,英国ついで蘭印の主要な根拠を覆滅し南方要域を占領確保するにあり,その占領を企図した地域は,比島,グアム島,香港,マレー,ビルマ,ジヤワ,スマトラ,ボルネオ,セレペス,ビスマルク群島,蘭領チモール等であった。昭和16年12月8日,宣戦布告せらるるや,次の如く各方面一斉に進撃を開始した。

l)マレー作戦:第25軍(山下中将)は航空撃滅戦開始と同時に二ケ所に奇襲上陸し3ケ師団をもって突進し2月15日には英国の牙城シンガポールを占領した。

2)比島作戦:第14軍(本間中将)は制空権を確保した後,12月22日,2ケ師団をもってルソン島に上陸し南北からマニラに進撃,1月2日これを占領した。その後,増援を得てバターン半島とコレヒドール島を攻略し5月7日,作戦を終了した。

3)香港作戦:第23軍(酒井中将)隷下の第38師団は香港要塞に対し組織的攻撃を企図していたが12月9日夜,前線一尖兵長の敵弱点に乗じた独断攻撃により,戦祝は急速に進展し,25日全英軍を降伏せしめた。

4)グアム島攻略:南海支隊(堀井少将)は海軍航空隊の攻撃成果を待って,12月10日歩兵1ケ連隊基幹の兵カをもって三ケ所より上陸し,その日の中に占領を終った。

5)ラバウル攻略:上記の南海支隊は昭和17年1月14日グアム島出港,長駆ラバウルに向い22日上陸し翌23日には占領を終った。

6)蘭印攻略作戦:第16軍(今村中将)はマレー,比島両作戦の進捗を待ち2月中句,先ず一部をもってパレンバン等の石油並に航空基地を確保した後3月l日,2ケ師団をもってジャワ島に上陸し12日には全島の攻略を終った。

7)ビルマ作戦:第15軍(飯田中将)は昭和17年1月以降,逐次泰緬国境を突破,3月上句にはラングーンを占領した。次で2ケ師団の増援を得た後,一斉に北進し5月上句には怒江に進出しビルマを平定した。

以上,初期作戦は統帥部の予想通り5月中旬をもって一段落をつげたがその成功の主要因は海軍の真珠湾攻撃等による東亜海域の制海権獲得並びに陸海航空部隊の迅速な制空権の獲得にあった。

開戦初期の南方作戦戦況図

 
蘭印作戦開始に先立ち速やかな航空基地獲得の為、海軍落下傘部隊がセレベス島のメナド飛行場に直下降下してこれを奪取した。(靖国神社遊就館蔵)










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN