本文へスキップ

 

日本海海戦について


日露戦役日本海海戦(日本海軍の大勝利

時:明治38年5月27日(1905年)

所:日本海

明治38年5月27日、連合艦隊司令長官東郷平八郎の指揮する日本海軍は、ロシアのバルチック艦隊を日本海に迎えてこれを撃砕し、戦史に輝く大勝利を収めました。このとき、旗艦三笠のマストに「皇国の興廃この一戦にあり各員一層奮励努カせよ」の信号旗が揚げられたことは有名な話です。旧日本海軍はこの日を記念し海軍記念日としてきました。

日本海海戦の詳しい経過は戦史に詳しくありますが、ここでは其の一部を簡略してあります。 日本海海戦概説日本海海戦日露戦争において,東郷平八郎大将の指揮する戦艦4隻,装甲巡洋艦8隻基幹とする日本の連合艦隊が,明治38年5月27,28日の両日,バルチック海から遠路回航してきたロジェストウェンスキー中将の指揮する戦艦8隻,装甲巡洋艦3隻,装甲海防艦3隻を基幹とするロシア太平洋第2・第3艦隊を,対馬海峡およびその北東方海域で撃滅した海戦。この海戦の結果,同年初頭の旅順にあったロシア太平洋第1艦隊主力の降伏とともに,ロシア海軍のほぼ完全な壊滅となり,ポーツマス日露講和会議への道が開かれた。日本側の勝因は,明治37年10月に太平洋第2を艦隊がバルチック海のリバウ軍港を出発したのを知ると,太平洋第l艦隊撃滅のため,陸軍による旅順の早期攻略を企図して成功し,余裕をもってロシアの海軍力を分撃できたことと,連合艦隊各艦艇の砲戦力の優秀さ,速力の優位,下瀬火薬の威力に加えて,東郷大将が捨て身の丁字戦法を採用し,ロシア艦隊の行動の自由を奪ったことにある。海軍はこの戦勝を記念し,5月27日を海軍記念日とした。

日本海海戦シナリオ

1905年、明治38年5月27日の未明、日露の戦局を一挙に挽回しようと、ロシア皇帝の命令により、はるばるヨーロッパ本国から遠征してきたロジェストウエンスキー中将率いるバルチック艦隊は、遂に九州北方の海上に現れた。午前4時45分、哨戒中の哨艦信濃丸からの通報を受けた連合艦隊司令長官東郷平八郎大将は、大本営宛て「敵艦見ゆとの警報に接し、連合接隊は直ちに出動、これを撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども波高し」の第一報を発し、根拠地鎮海湾を出発した.

前日5月26日朝、遼東半島付近にあった742ミリの低気圧及び九州近海にあった748ミリの低気圧の影響で、遼東半島、韓国、西日本、中部日本に雨が降り、低気圧の東進につれて、27日朝には北海道、東北方面に雨が降りはじめ、西日本では、天気が回復し、快晴となったが、西風が強く、波も高かったのである。

午後1時39分、蒙気を開いて現れた敵の大艦隊を認めた東郷長官は、旗艦三笠のマスト高く大戦闘旗を揚げ、次いでl時55分、z旗信号を揚げて、全軍を鼓舞した。「皇国の興廃此の一戦にあり、各員一層奮励努力せよ。」バルチツク艦隊は、日本艦隊を一蹴して一気にウラジオストックに向かわんとし、我が方は、一隻残らず全滅せんとする覚悟である。こうして相互の距離は徐々に縮まり、距離8000メートルに達した時、東郷司令長官の右手が大きく振られた。「取り舵一杯」の下令である。時に午後2時5分。旗艦三笠は、150度左へ大きく方向変換、針路東北束へ向けた。

砲弾の射程距離内で、反航戦から、一挙に、敵の行く手を遮る同航戦に転じた。T宇戦法である。これが有名な東郷長官の敵前大回頭(トーゴーターン)である。T宇戦法は、目的でなく同航戦に持ちこむための手段である。これを見た敵将ロジエストウエンスキー中将は、好機到来と判断し、砲撃開始を命じた。2時8分である。三笠の周辺には、忽ち、敵弾による水柱が集中した。しかし、敵主カの隊列は、2列のままで1列の戦闘隊形になっておらず、射撃できない艦もあり、加えて折からの荒波に命中できなかった。

2時11分。「スワロフ6、400m」ここで始めて束郷長官の「打ち方始め」が下令された

順次、戦列に入った日本艦隊は、砲身を敵の旗艦スワロフと手前の先頭艦オスラビアに集中させた。こうして祖国の運命を担った両国の艦隊は、力の限り戦ったのである。

日露の主力艦隊は、それぞれ、12隻。大口径砲を有する戦艦は、わが方4隻に対し、敵は新式7隻、旧式4隻計11隻、しかし、わが方には、中口径砲ではあるが、優速軽快な装甲巡洋艦8隻がこれを補う。常に敵を圧するわが艦隊の戦術と正確な砲撃によって、命中率は高く、敵艦の大破、炎上するもの続出し、隊列は、乱れに乱れた。旗艦スワロフは、2時50分、戦闘力を失い、重傷を負ったロジエストウエンスキー中将は、駆逐艦に移乗して指揮をネボカトフ少将に委ね、オスラビアも、3時10分、沈没。勝敗のすう勢ば、開戦30分にして明らかになった。

この航跡図に見るように、主力部隊入り乱れての激戦は数時間に及び、敵は、戦艦ボロジノ、アレキサンダー三世ほか3隻相次いで沈没、その他の艦艇も大損害を受けた。こうしてウラジオストックに逃走しようとする敵艦と追跡するわが艦隊の間に夕闇が迫ってきたため、午後7時28分、わが主力部隊は戦場を駆逐隊、水雷隊に委ね、翌朝の集合点欝陵島に向かった。わが夜襲部隊は、逆巻く怒涛を冒して敵艦に迫り、終夜魚雷襲撃を行った。

翌28日朝、空は晴れ上がり、風波も治まって視界は良く、残敵を求めるわが艦隊にとって、誠に好都合であった。ネボカトフ少将の率いる旗艦ニコライー世等5隻の一隊も忽ち発見、包囲され、遂に降伏した。重傷の敵将を乗せた駆逐艇プイヌイもわが駆逐艇の追撃により、降伏し、長官以下捕虜となった。その他逃走した敵艦艇も捕獲、処分され、2日間にわたる両国艦隊の全力を挙げての決戦は終わったのである。

戦果を総合すると、敵艦38隻のうち撃沈、沈没21隻降伏、だ捕7隻中立国等に遁入して武装解除7隻残る小艦艇3隻がウラジオストックに到着した。これに対し、わが方の損害は、水雷艇3隻世界海戦史上、まれにみる完全勝利であった。もし、この戦いに負けていたらどうなったか。兵に日本海海戦の勝利は、日本の危機を救い、日本の興隆の礎となったのである。世界史の流れ変えた世界史的な意義を有するものであることをここに忘れてはならないのである。











JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN