本文へスキップ

 

日清戦争概説

日清戦争(明治27年〜28年)
 黄海海戦図

本戦争の起因は朝鮮独立問題の見解の相違 であった。

清国は朝鮮を己が属邦と見倣していた。従っ て日本が朝鮮に修交の使節を派しても朝鮮は 清国に操縦されて之に応ぜず却って我が使節 等を侮蔑すること屡々であり遂には清兵と共 に我が公使館を焼き,居留民の多くを惨殺す るに至った。

ここに於いて日本は清国と天津 条約を結び朝鮮の独立を認めさせ,日清両国 とも撤兵することを定めた。

明治27年5月朝鮮に東学党の乱が起ると清 国は条約に違反して「属邦救援」と称し出兵 した。之に対し日本は居留民保護の為,大鳥 旅団を派遣したが清国は日本に撤兵を迫ると 共に自らは兵力を増強したので両国間の情勢 は緊迫した。

7月下句遂に豊島沖の海戦を惹 起,陸上では成歓の戦闘があり夫々緒戦の勝 利を収め次で8月1日両国とも宣戦布告する に至つた。 日本軍は第1軍(2ケ師団)をもって平壌を 攻略して北上し朝鮮の清軍を一掃,引続き西 北進して海城を占領し明治28年3月には遠 河平原の敵を駆逐した。第2軍(3ケ師団) は10月下句遼東半島に上陸,11月下句に は旅順を占領した。次で翌年1月下旬山東半 島栄城湾に上陸して威海衛を攻撃し2月17 日これを降伏させた。

海軍は明治27年9月17日,敵の北洋艦隊 と遭遇,これを撃破(黄海々戦)して制海権 を獲得したので陸軍は計画通り作戦し得たの である。

清国は遂に講話を求めるに至ったので3月 19日,下関で談判聞始,4月17日,調印 を終わった(下関条約)。この結果,日本は 台湾と遼東半島を得たが露,独・仏三国の要 請により遼東半島は返還した(三国千渉)。

この三国干渉は目本国民の憤激を買い後年の 日露戦争の誘因となった。 小国日本の大勝は世界を驚倒させ従来3等国 と目されていたが先進国の仲間入することと なり,かつて徳川幕府が結んだ不平等条約の 全面改訂を促すに至ったのである。

黄海海戦図









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN