本文へスキップ

 

日露戦争概説  


 奉天会戦:明治38年(1905)3月(日露戦争)
 
奉天会戦:明治38年(1905)3月(日露戦争)

明治38年2月末から3月中句,奉天(現中国 遼寧省瀋陽)付近に集結し決戦を企図する口 シア軍に対して劣勢な日本陸軍が総カをあげ て攻勢をとり,放胆な包囲によって勝利を得 た日露戦争最後の陸上会戦である。

交戦兵力 は日本軍25万,ロシア軍32万人に及び, 兵力規模,戦線の長さで当時としては史上最 大の会戦であった。しかしながら日本はこの 勝利を直ちに戦争終結に導くことはできなか った。 会戦は2月下旬,最東翼の鴨緑江軍(川村景 明大将)の攻勢前進に始まり,3月1日から 満州軍(大山巌元帥)の本格的な攻勢が開始 された。

旅順攻囲から転じた第3軍(乃木希典大将) がロシア軍右側背へ進出し,鴨緑江軍と第l 軍が左側背に迫り包囲態勢をとった。ロシア 軍(クロパトキン大将)は反撃を試みたが不 徹底に終わり,3月7日から退却に移り,日 本軍は3月10日奉天に入城した。

ロシア軍の損害は約9万人,うち捕虜2万人 以上,日本軍の死傷は約7万人であった。陸 軍はのちにこの日を陸軍記念日とした。











JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN