本文へスキップ

 

ノモンハン事件概説


ノモンハン事件概説
 

昭和14年5月、日本側が国境と考えるハルハ河を渡って、ノモンハン付近に進出した外蒙軍と、満州国軍が衝突した契機に、日ソ両軍の戦闘に拡大した。


満州国防衛の任を持つ関東軍は、逐次兵力を増強し、3度攻勢をとったが、ソ連軍は優勢な兵力で反撃し、更に8月20日から猛烈な砲撃のもと、圧倒的多数の戦車をもって日本軍陣地を到るところで分断、包囲攻撃を行った。
これが為、日本軍は壊滅的な打撃を受けた。 その後ソ連軍は、自己の主張する国境線から前進せず、9月15日に停戦協定を結び、極東の安全を固めたのち17日からポーランドに侵入を開始した。


本事件は日ソ両国とも拡大を欲せず自制したので局地戦ににとどまったが、戦闘は激烈であり、関東軍出動部隊の死傷者率は32%に達し、火力と機動力においてソ連軍に遠く及ばないことが明らかとなった。


ソ連軍の最高指揮官はジューコフ中将(当時)であり、この戦闘の功績により、スターリンは彼の才能を買い、その翌年から始まった独ソ戦に重要なポストに任じ、幾多の重要な会戦にはその都度強大なドイツ軍を撃破し、第2時世界大戦における最高殊勲者となったのである。


注: 7月2日第23師団主力はハルハ河を渡河、左岸の敵を攻撃、これに呼応して右岸の敵陣地に対して安岡中将の指揮する第3戦車団(歩64連隊その他配属)はハルハ河、ホルステン河合流点に向かい突進したが、ソ連軍の構築した堅陣に阻まれて攻撃は頓挫した。 これがため玉田大佐の指揮する戦車第4連隊はこの夜連隊全力を持って夜襲を決行し、折りからの大雷雨下に敵を攻撃し多大の損害を与えた。

挿し絵:当時連隊本部の書記深田軍曹の描いた当時の光景 (靖国神社遊就館蔵)

ノモンハン事件戦闘図









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN