本文へスキップ

 

連合軍ノルマンデイ上陸作戦


 ノルマンデイ上陸海岸

連合軍ノルマンデイ上陸作戦

ノルマンデイ上陸海岸
連合軍ノルマンデイ上陸

(1944年6月6日) 第二次世界大戦に於いて英仏の連合軍は1940年の春のドイツ軍の電撃作戦にもろくも敗れ英軍は本国に逃げ帰り仏軍は消滅して欧州大陸に於いてはソ連が独り東部戦線で敢闘していた。

ソ連のスターリン首相は早急に西欧に第二戦線を持つことを英米に要求していたが英米軍の北阿上陸、イタリア進行もその一環ではあったが何としても北部フランスに上陸して直接ドイツの中心地を狙う作戦が切望された。

そこで連合軍はアイゼンハウワー大将を総司令官として計39ケ師団の陸上兵力(米20ケ師団、英14ケ師団、加3ケ師団、フランス、ポオーランド各1ケ師団)約1万機の空軍、戦艦7隻以下艦艇1200隻を主力とする海軍及び4200隻の輸送艦船を以って大上陸部隊を編制し、1944年6月6日北部フランスのシェルプールカラ、ル・アーブルに至るノルマンジーに史上最大の上陸作戦を展開した。
ドイツ軍はルントシュテッド元帥を西方軍総司令官に任命し、又、国民的英雄エルウイン・ロンメル元帥の指揮するB軍集団59ケ師団(実力約1/2)が所謂「大西洋の壁」と呼ばれた大要塞に拠って対抗したが延長1,500キロに及ぶ大防衛線では予想上陸地点を想定する事が出来ず、又敵上陸後の反撃方法(水際決戦か内陸決戦か)の結論が出ず、又最高司令官たるヒトラーも適確なる作戦指導をすることが出来ず、遂に連合軍の上陸を許し、その後は圧倒的な連合軍の物量作戦に抗しきれず、8月25日にはパリ陥落と言う決定的段階を迎えた。

又、ドイツ軍は7月2日ルントシュテッド元帥解任、ロンメル元帥負傷(後服毒自殺)ルントシュテッド元帥の後任のクリューゲ元帥もヒトラー暗殺事件に連座して自殺と悲劇的事件が続発して遂に連合軍の軍門に下ることとなった。又この時太平洋戦線においてもニミッツ元帥指揮の米陸海軍部隊は日本のマリアナ列島を攻撃し、東西呼応して枢軸側に打撃を加え、第二次世界大戦の大勢を決した。
上陸作戦図1
ヨーロッパ戦線図









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN