本文へスキップ

 

レイテ沖海戦


 浜松基地出撃の特攻機

レイテ沖海戦


浜松基地出撃の特攻機
浜松基地出撃の特攻機
比島沖海戦(レイテ湾海戦)

比島方面の決戦を予想する日本海軍は、空母4隻を中心とする機動部隊が瀬戸内海に,世界に誇る大和、武蔵の戦艦を中核とする第一遊撃部隊はシンガポールの南方地区に巡洋艦主知あの第二遊撃部隊は奄美大島に、そして第一航空艦隊は比島、第二航空艦隊は台湾という構えであった。
比島開放を狙う米軍はマッカサー元帥の指揮する大遠征部隊が10月上旬からレイテ島に向かっており、戦闘艦艇157、水陸両用船420、哨戒及び掃海艦艇84、輸送船100、護衛空母18、計約800隻と称せられるもので、まさに史上最大の兵力であった。しかもこれに協力するハルゼー中将の第三艦隊は、空母16隻を中核とする約100隻の強力海軍であった。
レイテ決戦の序幕は、米第三艦隊による陽動作戦で始まったが、日本海軍は、先ず9月中旬に中南部比島において零戦70機以上を失い、次いで米軍の10月10日からの台湾方面大陽動作戦においては、太平洋戦争中最大と言われた大航空戦が行われ、我攻撃機は延べ648に達し、被害も174機に及んだが戦果は意外に少なく、空母1、巡洋艦3、駆逐艦2に損傷を与えた程度であった。
しかるに大本営は台湾航空戦大戦果として空母撃沈11隻、戦艦撃沈2などを発表して国民を狂喜させ、陸軍がレイテ決戦を決意する要因となった米軍の陽動作戦は見事に成功した。

10月17日米攻略軍の先頭は、レイテ湾の入り口、スルアン島に上陸、20日上陸するクルーガー中将の第六軍を護衛する護衛空母18、戦艦6等の大艦隊は、レイテ湾に姿をあらわした。これに対し大本営は18日、捷1号作戦を発動して決戦方面を比島とし、これによって小沢中将の機動部隊を20日豊後水道を、栗田中将の第一遊撃部隊は22日ブルネイをそれぞれ出発した。
台湾近くに居た志摩中将の第二遊撃部隊は、レイテ湾の南スリガオ海峡から突入するよう命じられた。
第一遊撃部隊は、シブヤン海にて日本の誇る戦艦武蔵の外、旗艦愛宕等を撃沈されたが、大和を中心として25日午前1時、サンベルナルヂノ海峡を通過した。
一方小沢中将の機動部隊は、ハルゼーの大空母部隊を北方に牽制するため南下し、全滅を覚悟して米空母に攻撃をかけたため米艦載機は25日朝から次々と来襲し、遂に四空母は撃沈されたが牽制目的を達することが出来た。
栗田艦隊は25日朝サマール島沖に進出し、驚いた米艦隊は悲鳴の電報を打ちつつ退却を開始した。栗田中将は約2時間追撃したが、必死の米機は反撃を行い又、米駆逐艦も勇敢に反転して魚雷を発射する有様で、形勢不利を感じた栗田中将は九時すぎ集合を命じて北に反転し28日ブルネイに辿り着いたのである。
南のスリガオ海峡から突入した栗田艦隊の一部西村艦隊は米艦の待ち伏せ攻撃を受けて全滅し、後続の志摩艦隊は、これを知って反転、退却した。待望の第一航空艦隊は消耗のどん底にあり、司令官大西中将は機数と練度不足の苦悩から遂に肉弾攻撃特攻を命じた。
最初の特攻は25日である。
比島沖海戦図









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN