本文へスキップ

 

上海事変概要


 
昭和7年(19332年)1月18日上海市内で起きた日蓮宗僧5名が三友タオル工場工員による暴行を受け1名が死亡他の者も重症となった事件をきっかけに第1次上海事変が勃発、5月5日の停戦協定発効までの間4カ月にわたって上海周辺で日支両軍の戦闘が行われた、この戦闘に参加した日本海軍の部隊は艦船だけでも出雲を始め62隻に及び、海軍関連の死亡者だけでも145名に達した激戦であった。
この記録は海軍陸戦隊と艦艇の戦闘経過を第三艦隊が残した記念帖からの抜粋です。各艦艇乗組員の氏名も亦この戦闘での海軍の戦死者名簿も写真帖の資料には有りますがここには乗せてありません。
当時の情勢下で、日本海軍が取った作戦行動が、経過概要を追うことで読み取れます。もちろん日本海軍側の記録ですので、すべて真実とはいえませんが概要は推察できると思いますので、御参考に成れば幸いです。  (記事は旧仮名遣いのまま)
昭和7年1月9日 民国日報不敬記事掲載
14日 罷業職工同與紡(邦人経営)襲撃
18日 日蓮宗僧侶等5名三友タオル工場工人等の暴行を受け3名重態(1名死亡)
20日 午前3時青年同志会員役20名三友工場襲撃放火後引上げの途中工部局巡捕と衝突2名を斬殺同志会側亦1名死亡2名重傷 午後居留民大会あり自衛権の発動抗日団体の解散を決議す
21日 総領事呉市長に対し左記正式抗議手交
(1)市長の陳謝
(2)加害者の逮捕処罰
(3)被害者に対する慰藉料治療費負担
(4)抗日会等反日団体の即時解散
民国日報の陸戦隊侮辱事件
22日 上海市長は総領事に対し抗議を提出す
23日 大井、第十五駆逐隊及び呉特別陸戦隊450名上海着
24日 能登呂上海着
26日 民国日報工部局のてにて閉鎖せらる
27日 中国側極力土嚢鉄条網を準備し対日反抗気配益々露骨となる
28日 第一水雷戦隊及佐世保特別陸戦隊470名上海着
午後3時15分支那側我要求を容る
午後4時工部局戒厳令を布き午後5時各国軍隊共同防備計画草案に基き配備に就く
午後8時第一遣外艦隊司令官声明を発す
午後9時半上海在泊各艦の陸戦隊揚陸
29日 午前0時陸戦隊配備を開始するや支那軍の射撃に會い我軍自衛上これに応戦し交戦状態に入る
午前3時キュウ江路陣地占領
午前5時三義里陣地占領協定の警備区域内の支那軍を掃討す
午前4時以後能登呂飛行機閘北方面の戦闘に参加す便衣隊活動す
30日 午前5時半ごろより支那側は停戦協定を無視して我を砲撃し午前9時過ぎに至も止まず我已むなく之に応戦す
第三戦隊呉淞着、龍田第二十六駆逐隊及佐世保特別陸戦隊一ケ大隊上海着北四川路目貫の場所に火災起こる夜に入り尚鎮火せず
加賀澤風馬鞍群島着
31日 支那側攻撃を反覆す加賀飛行機17機上海上空を示威飛行
国民政府首都を洛陽に移す
2月1日 支那側の停戦無視
鳳翔及第ニ駆逐隊馬鞍群島着、横須賀特別陸戦隊1ケ大隊上海着
午後11時南京獅子山砲台砲撃せるを認め對馬及天龍之を反撃し約15分にして沈黙せしむ
2日 閘北方面敵迫撃砲射撃に応戦す
第三艦隊編成、佐世保特別陸戦隊1ケ大隊上海に増派
3日 閘北の敵野砲迫撃砲を以て盛に北四川路北部一帯を砲撃し我野砲を以て応戦
呉淞要塞航行中の第二十六駆逐隊柿、楡、栗に対し砲撃を開始我之に応戦し呉淞方面の戦闘を開始す
第三戦隊は高橋要塞を砲撃
4日 陸戦隊新公園西方地区に進出、呉淞砲台砲爆撃続行
5日 陸戦隊総攻撃商務印書館占領夜間の警戒を顧慮し虹口「クリーク」以南は淞扈線陣地に復帰す
6日 閘北の敵夜襲を撃退砲爆撃続行
横須賀特別陸戦隊1ケ大隊及陸軍先遣部隊久留米混成旅団は第四戦隊及大2水雷戦隊に分乗佐世保發
7日 閘北の敵に対し砲爆撃 出雲第4戦隊第ニ水雷戦隊揚子江付近着陸戦隊及陸軍部隊呉淞鉄道桟橋に上陸呉淞「クリーク」南岸に進出す。
8日 第三艦隊旗艦出雲上海着 閘北及呉淞方面大なる変化なし
9日 江湾競馬場方面より敵来襲したるも我之を砲撃潰走せしむ
10日 閘北及呉淞方面砲爆撃敵を制圧
鎮江日清「ハルク」に支那兵侵入我国旗を引卸したる事件あり
広東飛行機6機北上の報あり
11日 長崎丸下江中呉淞付近にて敵の機銃射撃を受く
海軍浮標係留中の常盤に向け南市河岸より不法射撃をなす
12日 閘北戦闘地域に在る非戦闘員救出の為午前8時より正午まで停戦したるも支那軍は之を無視し断続的に射撃を行い避難民雑踏の混雑に乗じ多数の便衣隊を潜入せしめたり
13日 閘北呉淞大なる変化なし
14日 閘北方面の敵は防御を増設し定例的に砲撃を行い我適切なる反撃により沈黙せしむ
呉淞方面砲爆撃続行、外交上の顧慮上一時閘北の爆撃を中止す
第九師団の大部上海付近に上陸集結す
15日 閘北呉淞定例的交戦あり
支那機6南京着の報あり
16日 閘北呉淞方面定例的交戦あり
第九師団長の平和的解決希望の声明に呼応し全線に亘り爆撃を中止す
虹口一帯比較的小康を得昼間邦人商店開店するものあり把(革に巴)子路以北は尚便衣隊出没す
17日 払暁敵の砲撃あり敵迫撃砲弾約百発陸戦隊本部方面に落下す我之を反撃 昼間平穏に経過
18日 朝及夜敵と砲火を交えたる外平穏に経過 
田代陸軍参謀長第十九路軍に対し撤退を勧告す
19日 夜間砲火を交ふ敵砲弾租界内外に落下す
20日 午前7時半第九師団総攻撃開始海軍航空部隊之に策応し大いに活躍す、陸軍は略江湾鎮東端南北線に進出す
我巡洋戦隊は駆逐艦数隻と共に陸軍と策応する為揚子江本流を遡江獅子林砲台を砲撃破壊し劉河新鎮沖に行動す
閘北敵猛砲撃をなす我之に有効なる反撃を加ふ
21日 陸軍は江湾鎮残敵を掃蕩し江湾鎮西端に進出し攻撃準備呉淞及獅子林に対し報爆撃を加ふ
閘北方面は定例的砲戦あり、北四川路北部小学校向い側に火災起こる
22日 陸軍廟行鎮を奪取す
呉淞、獅子林及劉河方面報爆撃を以て敵を制圧す
閘北方面敵砲撃の為北四川路筋四ヶ所に火災起こる
我飛行隊蘇州に於て敵「ボーイング」機と交戦敵機を射落とす
23日 我飛行機蘇州竝に虹橋飛行場其の他を爆撃す
第十九路軍外蒋介石系軍隊上海戦線に加入しあるを確認す
24日 我飛行隊は南翔、眞茹、新龍華等を爆撃す
戦況変化なし
25日 我飛行機陸軍作戦に協力敵陣地を爆撃す
陸軍総攻撃敵の第一線陣地を奪取
26日 航空戦隊飛行機隊未明及午後の二回に亘り杭州付近敵飛行場を攻撃し敵機3基を撃墜6機を撃砕す
呉淞及獅子林方面に対し砲爆撃を続行す
陸軍方面大なる進展なし
27日 陸軍我飛行隊と協力江湾鎮西端を占領したる外一般に変化なし
28日 呉淞、獅子林砲台及陸正面の敵陣地其の他に対する有効なる爆撃竝ニ砲撃続行
陸軍増派部隊の揚陸掩護をなす
租界内外秩序暫次回復す
第八十八師独立族長王コウ逮捕(後釈放す)
英艦「ケント」に於て「ケリー」提督立会の上日支軍停戦に関し懇談あり
29日 陸戦隊奮戦五時間にして日本人墓地八字橋占領、軍艦駆逐艦及飛行機杭州湾方面に佯動す
陸軍派遣軍司令官白川大将上海着
3月T日 陸軍第十一師団七了口敵前上陸は陸海空の完全なる協同により円滑に行はる
大井、出雲付近にて機雷類似のもの爆発
陸軍三次総攻撃決行、林連隊長戦死
2日 敵算を乱して総退却陸軍大場鎮に進出追撃続行、我飛行隊逃ぐる敵を爆撃、昆山東方鉄橋を爆破滬寧鉄道に依る敵の退路を断つ
陸戦隊は閘北の敵掃蕩
3日 呉淞砲台占領、敵潰走
午後二時能動的戦闘行為中止命令下る
4日 陸軍は劉河鎮、嘉定、南翔、新茹の線を占む
閘北巡回診療班開始
16日 侍従武官上海着
18日 上海事変海軍戦病没将士慰霊祭
20日 第一次内地帰還部隊上海発
23日 侍従武官實視終了上海発
4月T日 租界内交通制限解除支那商店一斉に開店す
11日 第二次内地帰還部隊上海発
23日 第三次内地帰還部隊上海発
5月5日 停戦会議調印成立

以下の2枚の画は上海事変記念写真帖の中に納められていた絵画です、作者は不明です、2枚とも同一人物かどうか判りませんが、飛行機の画の右下に小さく(昭和7年、三蔵)と記されているのがわかりますが、作者かどうかも不明です。一枚は上海停泊の三艦隊旗艦戦艦出雲でしょう、もう一枚は杭州爆撃の状景のようですが之もどこを想定して描かれたか記述等はありません。
どなたか御存知でしたらお知らせください。









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN