本文へスキップ

 

真珠湾攻撃


 




昭和16年9月6日の御前会議の直前,天皇は杉山元参謀総長に「絶対に勝でるか」と質問.これに対して杉山は「絶対とは申し兼ねます」とつい本心を自状した。
これに比べ海軍のこ米内光政は,すでに昭和14年の五相会議で「勝つ見込みはありません」と,もっとはっきりと我国の不利を肯定している。
陸海軍首脳が対米戦困難を認める中で,連合艦隊司令長官山本五十六に勝利への方策が求められた。彼はすでに昭和3年に「対米戦開始の暁には,まず真珠湾を攻撃,積極戦法以外に勝ち目はないと明言,16年9月の特別図上演習で再びハワイ奇襲の新構想を開陳している。


軍令部側は山本長官の構想に対してあまりに危険な上,南方の油田地帯獲得が遅れるおそれが大きいとして強く反対した。だが,山本の熱心な説得,技術上の諸問題解決の見通しがついて軍令部も折れ,10月19日軍令部総長永野修身がハワイ作戦採用を最終的に決裁した。

海軍ではこの作戦をZ作戦と呼んだが,慎重に研究すればするだけ、その成杏は戦運に左右されることがわかってきた。


10月18日東條内閣成立,20日「対米英蘭戦争帝国海軍作戦計画内定。11月8日山本は隷下各艦隊長官を岩国基地に集めて作戦命令を説明,機動部隊は南干島択捉島単冠湾に集結したのち,ハワイに向うべしと指示した,南雲忠一中将隷下の第l航空艦隊,第1水雷戦隊,第3戦隊等は前後分散して内海を出港,22日まてに単冠湾に入った。


その勢力は空母6,戦艦2,重巡2,軽巡1,駆逐艦9,潜水艦3,補給船9,この他に第6艦隊の潜水母艦,潜水艦がすでにハワイ監視のため先行していた。25日連合艦隊命令が発せられ,翌日午前6時出撃,途中一度も商船,航空機に遭遇せず,12月7日補給隊を分離し,ハワイ北方の攻撃地点に達した。


8日未明淵田美津雄中佐率いる第1次攻撃隊183機が発進,続いて島崎重和少佐の第2次攻撃隊171機発進,完全なる奇襲に成功,軍事的大成功を収めた。
山本長官は奇襲攻撃の報を聞くと、ただちに幕僚に「攻撃前に対米最後適告は確実に届いているだろうな」と念をおしたと伝えられるが、ワシントンの日本大使館の不手際により指定された手交時刻に間にあわず、米国側にだまし討ちとの口実を与えることになってしまった。 だまし討ち、「リメンバー・パールハーパー」の声ともとに米国民の戦意を著しく高揚し結束させ、対枢軸戦争に立ち上がらせてしまった。また、米国艦隊を空母中心の編制に移らせる動機にもなった。戦争指導の見地からみる時、真珠湾攻撃の功罪には大きな間題がある。









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN