本文へスキップ

 

タンネンベルヒの会戦概説 


 タンネンベルヒの会戦
タンネンベルヒの会戦

第一次世界大戦に於いてドイツ軍は東にロシ ア軍,西に英仏連合軍と対峙し二正面作戦の 不利を強いられていたが,ドイツ参謀本部は かねてよりの作戦計画にもとづき先ず西部戦 線に於いて決戦を企図し,全野戦軍(約二百 万)を八軍に編成し第一軍より第七軍を西部 戦線に投入し,東部戦線には僅に13万の第八 軍を配して国土の防衛と戦略的持久を図らせ た。

これに対するロシア軍は西北正面軍司令 官ジリンスキー(兵力約50万)の下に第一軍 (司令官レンネンカンプ,兵カ約23万),第二 軍(司令官サムソノフ,兵力約27万)で東プ ロイセンのドイツ軍を席捲せんと1914年8月 中句第一軍は東方より西進し,又第二軍はワ ルシャワ方面から北上して各々国境に迫りド イツ軍と接触した。
ドイツ第八軍司令宮プリ ットウィッツは敵情を過大に評価して軍の任 務遂行に自信がなく,ウィッスラ河までの退 却を上申してきたため,ドイツ統師部は急遽 司令官を更迭しヒンデンブルグを司令官に, 参謀長にルーデンドルフを任命した。
此の両 首脳は格段に優勢なロシア軍に対し局所優勢 主義に依り各個撃破を企図して先ずサムソノ フの第二軍に対して全力を挙げて包囲撃滅す ることを企図し既に東部グンビンネン付近で ロシア第一軍と対峠していた第一,第十七軍 団等の主力を鉄道により西部方面に転用して サムソノフ軍の右翼を包囲せしめた。又最初 から西部にあった第二十軍団を主力とする部 隊に逐次サムソノフの左翼を包囲せしめた。
サムソノフ軍の主力たる第一,第六,第十三, 第十五,第二十三の五ケ軍団は不用意にもド イツ第二十軍団の左翼に向って北上し遂に8 月28,29日にドイツの東部西部両集団に完全 に包囲せられ軍司令官サムソノフは29日夜半 自殺し,第十三第十五軍団長は捕虜となり, 30日に行われた解囲攻撃も失敗に帰し31日に は第二軍は消滅した。
本会戦に於けるロシア 軍の損害は捕虜9万2千死傷5万将官俘虜13 名を算しドイツ軍は之に依り東方の安全を確 保し西部戦線に専念する事が出来るようにな つた。












JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN