アカンサス その花言葉が「美術」といわれているのは、旧古代ギリシャ建築のコリンと様式柱頭飾りから ゴシック建築の装飾にいたるまで、アカンサスの葉が用いられたことによるのでしょう。
なぜアカンサスが美術作品によく用いられるようになったのでしょうか。その由来については次のような伝説があります。
昔、コリントスで、一人の乙女が死にました。乙女の乳母は、その死を哀れみ、乙女が大切にしていた持ち物を籠に入れて、乙女の墓に供えました。
人に見つかって盗まれることのないように、その上に四角い瓦をのせておいたのでした。春になって、そこを通りかかったカリコスマという彫刻家が、墓の上にアカンサスが見事にのび、瓦を押しあげているのを見ました、彼はここからヒンとを得て、柱頭をアカンサスの葉で飾るコリント形式を思いついたといわれております。
古代ギリシャでは、聖なる植物とされ、ハスが東洋の極楽の花ならば、アカンサスは西洋の極楽の花。昔からおめでたい植物とされていたようです。

写真集などでみるギリシャ彫刻に、アカンサスの草から顔が生えていたり、アカンサスの冠をつけた像などがみられますが、この植物は春ごとに芽をふくので、キリスとの復活をも意味し、単なる装飾でなく、宗教的な象徴としても用いられていたことがわかります。

ところでアカンサスの名はギリシャ語のアカンソス(刺)に由来し、この仲間にはアザミに似てとゲのあるものが多いからといわれています。
アカンサス、それは唇の形をした愛らしい花。あどけない唇でものいいたげに、夏のころ日い花を無数に咲かせます。
南欧、小アジア原産のキッネノマゴ科の多年草で、わが国には大正時代に渡来した花壇植物で、品質によって色々ありますが、中でも八アザミの名でよく知られています。
アカンサスは日本ではあまり親しまれていないようですが、ローマやバルセロナではよく見られ、どちらかといえば地中海沿岸の植物のようです。

この花がギリシャの美術作品の中に姿を現わすのは、ペロボネス戦争以来、すなわち紀元前四五○−四三○年頃からのようです。四ー五世紀のキリスト教美術発生の時代から、六ー九世紀の中世にかけて、教会の柱頭や壁の彫刻としてアカンサスが盛んに用いられたようです。

イスラム文化圏では、植物の断片的な連続模様にアラペスクが、モスクの壁をはじめ、様々なものの奘飾によく用いられておりますが、アカンサスもイスラム文化圏に広がってゆくにつれて、アラベスクに変形され、用いられるようになったようです。
イスラム文化圏に広がったアカンサスは、さらに東漸して、インドのガンダーラにも入っていったようです。古代インドの象牙彫刻などには、ハスとアカンサスとの混ざった模様などがあります。

ローマ文化圏ではブドウと組み合わされていたアカンサスが、インド文化圏ではハスと組み合わされて登場したわけです。ガンダーラにアカンサスが登場するようになったのは、明らかにヘレニズムの影響なのでしょう。
有名なアレキサンダー大王の東征は、紀元前三三四年にマケドニアを出発し、東洋と西洋を隔てるダーダネルス海峡を渡って、小アジアヘ侵入したことによって始まりました。
大王の軍隊は、ペルシャ王の拠点ペルセポリスを焼いたあと、イラン高原の北部を通ってインド西北部のタキシラに達し、インダス河に沿って南下、イランの南部を廻ってペルセポリスに引き返したあと、西方のスサに戻りました。
ここで、アレキサンダー大王は、ダリウス王の娘と結婚、紀元前三三三年にバビロンに帰って、十二年にわたる大遠征を終わり、その年の夏、大王は急逝しましたが、この大遠征がもたらしたギリシャ文化の影響は、その後も続いたようです。
この東征のあと、紀元前二世紀頃のインド・ガンダーラには多くのギリシャ人が住みついており、ちょうどこの地方に起っていた仏教徒に、仏像と寺院を作ることを教えたようです。
その結果、ギリシャ風の仏教芸術が台頭し、それが西域を通って中国に入り、さらに日本にも伝わることになったようです。

この大きな歴史の流れの中で、アカンサスは東進を続けたようです。アカンサスに人物像を配した彫刻は後のキリスト教時代にも現われています。