アジサイ 原産地は日本。
花言葉は一般には移り気」 ですが、白は「気の迷い」、空色は「冷淡」ピ ンクは「おとめの夢」、「処女の幻想」。
花は初め が薄緑、次が白、次第に紅をおびて紫碧色にな った時が1番美しくみえます。
「七変化」とい う異名もあるほど次々に色が変わるので、「移 り気」という花言葉になったのでしょう。
正岡 子規も「紫陽花や、昨日の誠、今日の嘘」という句を残しています。
土壌が酸性の時には青色がさえ、アルカリ性の時には赤色がさえると言われております。
異種名のオタクサは、最初の命名者フィリッブ・シーポルトが長崎滞在中に自分の妻とした「お滝さん」 (本名は楠本滝)からとったのだそうです。
シ ーポルトは長崎のオランダ商館付医官として日 本に滞在しましたが、日本の植物をも広く調べ 多くの植物に命名したようです。

アジサイの花 は、きっと彼の目に美しく映ったのでしょう。そして彼の愛した女性の名をつけたのでしょう。
アジサイは日本から中国に渡り、そこから一 七九○年にヨーロッパに渡り、以来欧米で改良 が重ねられ、近代では青、桃色、白などのア ジサイの鉢物が、イースターを飾る主要な花の 一つとなっております。日本でハイドラジアと 呼ばれている鉢物の系統は、逆輸入されている もの。