アネモネ 花言葉は「期待」と、「はかない恋」と「消える希望」。
聖書で「野の白百合は如何にして育つかを思え」・…と(マタイ伝六章28節)に訳されているこの花は、 実際にはパレスチナに自生していたアネモネで あったのだろうという説もあるようです。
緑の
丘に点々と赤く咲くアネモネ、足下の花をたとえに神の愛を語るイエス様、美しいイメー ジをもたらす花です。
アネモネは多分、巡礼者
によって聖地パレスチナからヨーロッパにもた らされたと考えられているようです。
巡礼者た
ちが、旅の途中で彼らに食物をあたえてくれた 親切な人々ヘの贈り物に使うために、アネモネ の根を持ち帰ったといわれています。

十字軍の時代には、アネモネは「キリストの
赤い血の滴」として知られていたよう す。それは次のような事によるのだそうです。
ピサ(斜塔で有名なイタリヤ北部の都市)のある司教が、十字軍として聖地にでかける兵士を祝福し、彼らの乗船する船の船長に、帰りには船の底荷として聖地の土を持ち帰るように命じました。聖地のその土は、ピサに戦死者が葬られたその上にまかれたのですが、驚いたことに翌年の春、その墓地は赤のアネモネの花でおおわれたのでした。
それ以来人々はこの不思議なアネモネを「キリストの赤い血の滴と呼んだとのことです。
このアネモネに関しては、悲哀にみちたローマ
神話があります。
ヴィーナスに愛された絶世の
美少年アドシスは、ある日、狩猟の時 に、野猪の牙に触れて腿を裂かれて死にました。
その血によって咲き出たのがこのアネモネの花
だったそうです。
ヴィーナスは悲しみにくれ、
幽界の神も遂に心を動かされ、毎年6ヶ月間は、アドシスとヴィーナスに地上に住むことをお許しになりました。
こうしてアネモネは早春に地上に花を開き、 秋より冬にかけて葉や茎は枯れ、また来る春を待つのだそうです。

またローマ神話によりますと、花の神フローラの侍女にアネモネという美しい娘がいました。
西風の神ゼフィールスはフローラの夫でしたが、
アネモネを恋してしまいました。
これを嫉妬した
フローラは、彼女を遠くへ追いやりましたけれどもゼフィールスは風の神、すぐに アネモネを見つけだし、やがて二人は愛し合い ました。
捨てられたフローラは怒りに狂い、己
の姿をツバメに変えて、二人を追って行くのですが、アネモネとゼフィールスとの愛の場面 を見せつけられると、逆上のあまり、すぐさま アネモネを花に変えてしまいました。
けれどもゼフーイルスには、できませんでした。彼は花に変えられたアネモネにいつも付き添い、やさしい風で、なでるように彼女を愛し続けたのです。

なおイギリスの官能の詩人、美の使徒
と呼ばれているキーッは、彼の傑作「ギリシャの古い壜の賦」の中で、 アネモネに対して「汝いまだ犯されざる静甕の 嫁」と表現しています。