立葵 花言葉は「豊饒」。

原産地はギリシャ、クレタ島、小アジアなど。
万葉集にもアオイがでてきますが、これはカンナアオイのことで、タチアオイではなさそうです。
タチアオイはもっと 後になって、中国を経由して渡来してきたそうで
す。
尾形光琳は屏風や扇の面、団扇などにタチアオイを描いた作品を何点も残しています。

ヨーロッパでは1505年頃のデューラーのエッチング「動物とマドンナ」の一部に、タチアオイが描かれています。また、ルーペンスとヤン・ブルーゲルが共作したと言われている「花輪と聖母子」で、聖母子を囲むたくさんの花にまじってタチアオイが描かれています。