あとがき
花には昔から神話、伝説、ロ碑により、また歴史上の事実や古詩人の感想など、いろいろな理由で特殊な意味が付されているようです。
花にそのまま物を言わせて贈りものをし、思いの一端を伝えるという美しい自然と人生との交渉があるかと思えば、軍事上の秘密通信の暗号として用いられたこともあるそうです。
この花言葉なるものは、イギリスにおいてはヴィクトリア時代にはかなり流行し、下層階級から上層階級にいたるまで、大体一致した連想をもたらすようになり、花屋という花屋は「思う心を花でおっしゃい」などというスローガンを掲げて花を売ったそうです。そして「私の青春の花」というような酒落が盛んに用いられたそうです。
現今ヨーロッパで用いられている花言葉はギリシャに胚胎したローマ系のそれのようですが、ドイツ、フランスなどと、国によってそれぞれの民族性を表わし同じ花でも少しづつ違ったニュアンスで受けとめられているようです。
いずれにしても「花言葉」は「心の言葉」だといえるでしょう。人間のロマンチシズムと美への憧れが咲き乱れる、花を通じて語られる花言葉は、限りない自然の深さと人間性のバライェティとの交錯の中に創りだされ、泉のように湧きでる美と憂愁、喜悦と愛憎の泉に呼吸をあたえつつ、心のシンフォニーをかなで、子々孫孫にいたるまで受けつがれ、人間の歴史と共に永遠に語られて行くことでしょう。
   坂田 彦昭