カーネーション 原産地は南ヨーロッパと西アジア。
花言葉は 一般的には「女の愛」ですが、赤は「熱烈な愛情」、ピンクは「あなたを愛します」濃紅は「もだえる私に同情して下さい」白は「慕情」青は「軽蔑」、絞りは「愛の拒絶」。

カーネーションといえば、五月の第二日曜日の「母の日」を思いだします。
なくなった母を偲ぶ人は白いカーネーションを、母のおる人は赤いカーネーションを、それぞれの胸に飾り、母の愛に心から感謝を表わすこの習慣は、広く世界で行なわれています。

アメリカの婦人アンナ・ジャーヴイスは、彼女の深く敬愛していた亡母をしのんで、母のゆかりの教会で記念礼拝を行ないました。アンナはこの日、白いカーネーションを花瓶に一杯かざりました。
その理由の一つには、カーネーションは母の最も好んで いた花だったからです。
もう一つの理由は、白いカーネーシヨンは清らかさ、香りのよさ、花 もちのよさから、母のシンポルとされていたからでした。
式後、出席者の一人一人に、この日 の記念としてカーネーションが渡されました。
それは1908年5月の第2日曜日のことでした。
それ以来、この美しい習慣は教会を通じて 年々広がり、日本でも1923年から行なわれ てきたようです。
またヨーロッパの伝説によりますと、昔、ローマにソクニスという美しい娘がいて、栄誉の冠をつくることに優れていました。
彼女の作っ た冠は大そう美しく立派でしたので、いきおい 詩人や画家からの注文も多く、その仕事は繁盛 し、人気も上る一方でした。
ところが、そうな ることをねたむ者もあらわれ、彼女は何者かに 暗殺されてしまいました。
これを知った太陽の 神アポロンは、彼女が生前、神の祭壇を美しく飾ったことを思い出して、彼女の亡骸を美しい紅色の花に変えてやりました。これがカー ネーシヨンになったのです。

この花は江戸時代に日本へ渡来し、和名はジヤコウナデシコ、オランダセイチク。