菊花 花言葉は一般的には「高尚」と「高貴」。
白は「誠実」、「貞節」、赤は「あなたを愛します」濃黄は「私を信じて下さい」黄は「おぼろげな思い出」。

菊の種類は路地や庭での「乱れ咲き」や精魂こめて作った「大輪の花」まで千差万別です。
江戸初期すでに80数品種が記録されているそうです。
菊は唐時代に中国で生まれ、平安時代初期に日本に渡来したそうです。
日本には「初菊、百菊、白菊、青菊、菊大輪、乱菊、菊日和、菊の和、菊の宿、菊の友、菊の露、菊の主、園の菊、籬の菊、菊時、菊畑、作り菊、菊作り」など、日常生活の中から生まれた優雅な言葉がたくさんあります。
また皇室のご紋草は十六重弁の菊花。
.
菊襲(キクガサネ)といえぱ美しい重の色目で、表は白、裏は蘇芳(スオウ)色。
また平安朝の女性が秋に着る装束も、菊襲といったようです。
それに重陽(チヨウヨウ)(陰暦九月九日)といえば菊の節句。
菊の宴が催され、菊の酒、菊の盃、菊膾と、菊のご馳走も続きます。
そして重陽をすぎてからの菊は、「残りの菊」とか「十日の菊」とかとも呼ばれていたようです。
さらに遅れて咲く晩菊は、霜にも耐えて、その姿は邪念のないすがすがしさです。
和菊は、これを大きさによって大菊、中菊、小菊に分けられています。

大菊は真径十八cm以上で、厚物(あつもの)、大掴(おおづか)み、管物(くだもの)、文字菊(ご紋章菊)、美濃菊などが含まれています。
中菊は直径九cm以上十八cm未満のもので、江戸菊、伊勢菊、肥後菊、嵯峨菊、丁字菊が含まれています。
小菊には一重、八重、魚子咲き、丁字咲きなどがあります。

厚物の重量感、管物の繊細な華麗さ、中菊のしぶみ、小菊の華やかさ、いずれも日本特有の美しさをもって秋の終りを香り高くかざります。

菊にまつわる物語は、中国では長寿に関係しています。

菊からしたたる露が川の水に混じるので、その川の水を飲む下流の人は長寿であったとか、毎日菊の露を飲んでいた仙人は老いることを知らず、少年のように若々しい容貌をしていたとも伝えられています。

また中国には古くから、陰暦九月九日に菊酒を飲む菊花の宴、または重陽の宴という風流な習わしがあったそうで、この重陽の菊花の宴は日本に伝わり、後に宮中の公事として行なわれるようになり、今なお観菊御宴となって続けられております。

「御伽草子(おとぎぞうし)」の中に、菊にまつわる物語があります。

昔、源中納言という人の姫は美しく、やさしく、四季折々の草花を愛しましたが、中でも菊が一番好きで、菊の咲く頃は夜遅くまで花の側を離れませんでした。

姫が十四才の秋、菊の花になごりを惜しんでいるうち、いつしか姫はまどろんでしまいました。
すると若い貴公子が現われ「露ほどのお情けでもよいから、かけて下さい」と語りかけ、ついに姫と一夜の契りを結びました。
夜が明けると、貴公子は菊の咲き乱れる中に消えていきました。
このようにして何日かすぎた時、丁度、朝廷で菊の花くらべが行なわれるので、中納言も菊の花を奉るよう帝からご下命を受けました。
その日の暮れ、美しい貴公子は沈んだ様子で現われて、姫に「お会いできるのも今日限りです」といって、髪を切って形見に姫に渡し「思い出す時にはこれを見て下さい。また、胎内に嬰児(みどりご)を残しましたから私の形見として育てて下さい」といって消え去りました。
貴公子は菊の精でした。
姫の生んだ女子はまことに美しく成長し、ついに帝に召されて女御(にょご)となったそうです。

野菊の花言葉は「故障」、「さまたげ」。
その種類としてはヨメナ、コンギク、ユウガギク、シラヤマギク、ヤマシロギク、リュウノウギク、ノジギクなどで、紫、白、黄、淡紅紫、野
菊のイメージは常に純愛、素直で哀しい思い出にも繋がります。

ひそかに恋をして、打ちあけられずに終ってしまった恋、遠い昔の初恋の野にも、この花がゆれていたかもしれないのです。

菊の英名のクリサンサマムは、金を意味するギリシャ語のクリソスと、花を意味するギリシャ語のアンテモンとが複合したもので、元来は「黄金の花」。
フランス菊はヨーロッパ原産の、性質が強い多年草で、忍耐を意味します。
種名レウカンセマムは白色の意味で、初夏の頃パリ郊外などに真白く咲く。
和名はフランス菊。
聖ヨハネの祝日(六月二四日)の前夜祭に飾りに用いられるので、真夏雛菊とも呼ばれているようです。
雛菊は「平和」、「希望」、「無邪気」を意味します。
英名マーガレットは、イタリアの女王マルゲリータの名前に因んでいます。
彼女は慈悲深く、慈善事業に力を注いだので、その当時のイタリア国民は女王をしたって、マーガレットをこの国の国花にしたそうです。
淡紅のほか純白、紋り、濃紅、淡黄色があり、日本へは明治初年に渡来しました。
英名のデイジーは、デイズ・アイで「日の眼」のこと。
この花は太陽の光がさすと開き、曇り日や夜には閉じるので、名前もそれから起ったとのことです。

昔から無邪気の象徴として愛され、シェイクスピアは「その白い衣は無垢を表わす」といいました。

「ハムレット」の中で、川辺で花輪を作り、その花輪と共に流れに身をまかせたオフィリアの、彼女が摘んだ花のひとつは雛菊でした。
また、パーンズは「紅で未染めし、ささやかな、おとなしい花」といい、「雛菊は無邪気と飾り気のない様を示すと」詠んでいます。

さらにワーズワースは、「雛菊に」という題で美しい詩を作っています。
なお、すてきな少女のことを雛菊乙女と表現されるなど、おもしろい面も多くあります。
雛菊の花には、このような可憐なイメージしか思い浮かびませんが、伝説では、不倫な恋をさけて死んだ乙女の悲しい運命から生まれた花になっています。

ローマ神話によりますと、ペリデスは美しい森の精でした。
ある日、愛を誓った恋人のエフィジウスと楽しく踊っていると、それを見た果樹園の守神ヴェルッムヌスが、よこしまな心をおこして、ペリデスを追いかけました。
ペリデスは必死になって逃げました。
恋人のエフィジウスは、ただおろおろするばかり。ヴェルッムスは守神という権力をもって彼女を奪おうというのですから、若い彼が彼女を守ることは困難でした。

森の小道から、いばらの藪へ、藪を抜けて草の茂みへ、そして、とうとう捕えられてしまいました。
けれどペリデスは守神の腕の中でもがきながら、愛する人に向って叫びました
「エフィジウス…あたしの愛したのは、あなた一人…あたしは、あなたのための花なのです」。

そして、そのまま一本の花になってしまいました。
それが雛菊の花だったのです。

またアンデルセンの童話の「雛菊」は、この花とひばりの美しい物語です。
またこの花には可愛らしい伝説があります。
赤ちゃんの心臓に死神の指が静かに置かれ、その赤ちゃんが神の御元に、エンゼルによって連れて行かれる時、赤ちゃんは、地上に残されて自分のために悲しむお母さんを、なぐさめたいと切に思います。
そこで赤ちゃんは死んだ自分の記念のために、また生きている人たちを元気づけるために、天国から新しい可愛らしい花をまき散らします。
ある日のこと、男の赤ちゃんを亡くしたマルピーニアは女友だちに囲まれて泣いていました。
と、にわかに、彼女らの一人がいいました、「見てごらん、見てごらん、マルピーニア目を上げて!
今あなたの赤ちゃんを私は見たの!虹色の雲の中の星で飾られたベットに沢山の花が積んであって、そこからあの子が手をのばして花を撒いているのを見たの!ここに その花が1つあるわ」。

そこでマルビーニアが目を上げて見ると、牧場の上を吹いていくそよ風にゆられて、沢山の少さな花が咲いていました。
それはまるで緑の草の中で遊んでいる子供たちのようでした。それを見ると彼女の心はやすらぎをおぼえるのでした。
この雛菊は花期が長いので、日本では「延命菊」または「長命菊」とも呼ばれます。

浜菊(ハマギク)の花言葉は「単純な愛」。
日本では関東からの北の東海岸に自生しているキク科の多年草で、有名な植物改良家ルーサー・バンパークが育成したものだそうです。
野菊(ノギク)の花言葉は「清爽」、単に野菊という植物はありませんが、秋の野山の道の畔に咲く可憐な野生の菊を、人々は野菊と呼んで愛しんでいるようです。
最も普通にみられるのはリュウノギクやノギクですが、そのほかにも、アプラギク、ノコンギク、ヨメナ、シラヤマギク、ユウガギク、イソギク、シマカンギクなどがあります。いずれも園芸種のものにぐらべて、豪華さや繊細さはありませんが、野育ち特有の親しさを持った素朴な美しさには、捨てがたいものがあります。

「子狐の隠れ顔なる野菊かな」(燕村)の趣きは、野辺の小菊に与えられた詩情です。
なおノギクは兵庫県の郷土の花にえらばれているそうです。
磯寒菊(イソカンギク)の花言葉は「純朴」カンヨメナともいい、日本の西南部の暖地海岸に自生するキク科の多年草。
花の優雅な感じとは反対に、草姿がどことなく粗野なところがあるのも、野育ちのあらわれといえるでしよう。
ヨメナの古名はウハギ、オハギ、ヨメガハギで、関西地方の家庭では飯に炊きこんだりすることもあり、嫁菜と書かれて可愛く表現されます。花言葉は「隠れた美しさ」。