クローバー 白花のクローバーはシロツメグサで、花言葉は「私の愛を受けてとさい」。紅紫色のはムラサキッユクサまたはアカツメグサで「勤勉」、「明るく善良」。
昔オランダ人がガラス器(ギヤマン)を箱に入れる時に、あいた所にクローバーの枯れ草をつめて、長崎に船で運んできました。
そこから「つめくさ」または「オランダゲンゲ」と呼ばれるようになったそうです。
その枯草に種子(ヨーロッパ原産)がついていたので、それを長崎の好事家が撒いて広がり、今日では日本中いたる所に自生しています。
ホワイト・クローバー(別名シャムロック)は、アイルランドの国花。四世紀のはじめ、聖パトリックはアイルランドに上陸し、シャムロックの三つの葉にたとえて、キリスト教の三位一体説を説きあかしたと言われております。
またこの植物には、いくつかの不思議な性質があると思われていたようです。イギリスの北の荒地や北米のある地方で、はじめて土地を耕して石灰をまいた時、ホワイト・クローバーが沢山自然に生えれば、豊かな作物の実りの約束が予言されると言われていました。
奇形的に生じた四つ葉のクローバーは、特に幸福のしるしとして喜ばれます。
四つ葉のクローバーに関する詩では「そこには四つ葉のクローバーが生えている。一つの葉は希望を意味し、一つは信仰を、また一つは愛を意味するのはご存知の通りです。しかし、神様はもう一つの葉を幸福を意味するために造られた」。

英語では、この四つの葉には四Hがあると言われ、それはホープ(希望)、ハピネス(幸福)ハート(愛情)、ヘルス(健康)だそうです。

西洋では、この四つ葉のクローバーについて、次のような伝説があります。
昔、戦場で負傷して気を失っている一人の騎士が、夜明け前に息を吹き返した時に、傷口にはすっかりホータイが巻かれており、側には女神かと思うほどの美しい一人の乙女が、彼を見守るように座っていました。そして騎士の無言の感謝に、微笑んでこたえました。
騎士は何かを贈って感謝の意を伝えようとしましたが、荒れはてた戦場には何もありませんでしたので、仕方なく、自分が折り敷いている青草の中の小さな一茎の草をつんで、感謝の涙と共にその乙女に贈りました。
その一茎が偶然にも四つ葉のクローバーだったのです。
このような物語に由来して、西洋では贈物の包装紙などに、よくこの四つ葉のクローバーが描かれています。
日本では’高田一大’の「ほほえみのクローバー踏みて来りけり」の句に表現されているように、緑の風の爽やかさを連想させているようです。
北海道では、イハマは愛らしいアイヌの娘でした。月の夜に舟で沼へこぎ出したところ、勇者のアッパもやってきて二人は恋のとりこになり、毎夜デートを続けました。
約束の宵のことでした、アッパの舟は突風で転覆してしまい、あるだけの力で泳ぎ続けた勇者も、力つきて沈みました。やがて彼の屍が娘の舟に流れつきましたので、イハマは若者の冷たい身体に、自分を結びつけて沼へ身を投げました。
あくる朝、汀に二人の恋の花クローバーが咲いていました。