シクラメン 花言葉は一般的には「疑う」、「疑われる」。
赤は「遠慮」、白は「はにかみ」、淡紅色は「せつない恋を受けとめて下さいませんか」。

赤いシクラメンは、かがり火のように赤く燃えているように見えるので、日本では篝火の花(カガリビパナ)と言う。

また花びらが五弁なので五弁花とも。ヨーロッパでは離別する花ととして好まれないこともあります。
花の咲いた姿が、どちらかといえば、下向きなので、「内気」、「はにかみ」を意味しているとも言われるようです。
また花の姿を地面から宝物が出てくるのを待っているように見立てたり、エレサレムでは、「血を流した修道女の花」とか言われています。