糸杉 キリスとの十字架は、糸杉で出来ていたそうです。これに関連してか、糸杉は「死」、「哀悼」、「絶望」を意味するようです。

またこの糸杉は、欧米では棺の覆いに挿したり、会葬者が各々手に持ったりして、常に葬儀に深く関係しています。

昔は、この木は棺を作るのに用いられたそうで、シェイクスピアの「十二夜」の二幕でも「糸杉の棺に埋めて下さい」とでてきます。
なおこの木は極めて堅いので、昔は、後世に残すべき法典などは、この板に刻まれたそうです