羊歯 花言葉は「魅惑」、「真実」で、ゼンマイは、「咲き開くシダ」と表現されるようです。

シダの繁殖作用がまだ理解されていなかった昔には、シダには眼が見えない種子ができていて、魔術によらなけれぱ発見できないもの、あるいは、聖ヨハネの誕生日の前夜に限って見えるものと考えられ、そうした縁で幸に捜しあて、採集しえた人は、これを身につけておくと、シダの種子から人の眼に見えないその特質が感染して
自分の姿も眼にみえなくなると一般に想像されていたそうです。

泥棒などをする時には好都合の秘密兵器で、シェイクスピアの作品の中にも「シダの種(隠形剤)を持っているから、見つかりっこないとと出てきます。