葉鶏頭(はげいとう)
古名には「鎌柄」という風雅な呼び名もみえます。
カマツカは「雁を待ち紅く染まる」という言葉を縮めて読んだもので、清少納吉の「枕草子」にも「わざととりたてて人めかすべうもあらぬさまなれど〃かまつか〃の花らぷたげなり雁のくる花とぞ文字には書きたる」と書かれています。

このハゲイトウはもとは熱帯アジアの産で、日本へは平安の頃に渡来したといわれ、青、淡紅、鮮紅、狐色などがあります。
英名はアマランス、フランスではアマランと、ギリシャではアマラントスと呼ばれ、花期が長いので「しばまずの花」、「不滅の花」、「常夜の花」ともいわれ、詩人ミルトンは「アマランスにすべての美をこぼせ」、「かつては楽園の生命の木のすぐそばに咲いた、しぼまずの花アマランス」と詩いました。

なおこの、ハゲイトウは、不老不死を意味するので、ポルトガルではクリスマスの祭壇に飾られます。