棕櫚 花言葉は「祝賀」。

むかし聖地に詣でて帰る人々は、このシュロをみやげにしたところから、シュロを持つ人は巡礼者を意味するようになったそうです。

なおキリストの都入りに際し、信徒はシュロの枝を切って敬意を表わしたという記事があります

「その翌日、祭りにきていた大勢の人の群は、イエスがエルサレムに来 ようとしておられると聞いて、シュロの木の枝を取って、出迎えのために出て行った。」(ヨハネ伝十章十二節から十三節)。

古代オリンピック競技においても、優勝者には一枝のシュロが授与されたので、この木は勝利の栄冠の意味にも用いられるようになりました。

またキリストがエルサレムに入った日には、シュロの葉を街路にまいてこれを祝したことにより、シュロは歓喜の象徴ともなったようです。
また、シュロという語を使った熱語もこの頃から表れたようで、
たとえば、「シュロを手に持つ」は「優 勝する、卓越する」となり、
「シュロを放棄する」は「勝をゆずる」となり、「シュロをあたえる」は「勝利の栄冠をあたえる」などのようです。
シュロの木は弾牲に富み、おさえてもまた反発するので、シュロを勝利の象徴とするために、これらの句が生じたのでしょう。

ユダヤ人は、昔は祭礼の時には、必ずこの木の枝を持ち歩いたとのことで、キリストのエルサレム入りの歓喜を、このシュロに託したのでしょう。