アイリス アヤメ科・アヤメ類で、カキツバタや花菖蒲 と同族。
花言葉は「恋のメッセージ」、「私はあ
なたを愛します」、「雄弁」。
フランス語でイリ
ス、英語でアイリス、もとはギリシャ神話の虹の名。
原産地はヨーロッパ。
ギリシャ神話によ
りますと、この世にまだよごれやけがれのない 太古に、多くの花たちが集まって花の祭典を催 しました。

花たちは七色の衣装をまとい、あで
やかな晴れ姿で集まりました。
その中でただ一
人清楚な碧色の衣装でやってきた美少年がいま した。少年は飾りたてていないことで美しかったのです。

しなやかにのびた手足と、頬にうか
べた静かな微笑、その楚々とした姿に他の花たちは消えてしまいたいくらいでした。
花たちは
うっとりして少年をみつめ、ためいきをつき 「あの方はどなたでしょう」と、ひそひそと呟やきましたが、少年の名を知っているものはありません。
やがて祭りもたけなわとなり、にわ
かに霧雨が降りはじめ、しばらくして、空には虹がかかりました。
雨に濡れた碧衣の少年。
その姿のあでやかだったこと。少年の姿は虹の光をうけて、オパール色に輝いたのです。花たちはすっかり魅了され、夢心地でささやきました。
「今日からあの少年を虹の使いど呼びまし
ょう」。このときからこの花にアイリスという名がつきました。なおアイリスは花の色が虹に似ているので名づけられたとも言われております。

また、ギリシャ神話で、女神ジュノーに、アイリスというつつましく美しい侍女がいました。
ジュノーの夫神ジュピターは、妻のところでた
びたびこの娘を見るうちに、アイリスがすっかり気に人って、二度も三度もくどいたのですが、道ならぬ恋は許されないと言って彼女は少しもいうことをききませんでした。
ジュノーはこの
待女の態度にすっかり感激して、七色に輝くネックレスを贈り、大空を渡る栄誉をあたえました。それより後、アイリスは天上と地上を結ぷ虹の橋を渡り、使者をつとめたという伝説があります。
さて、アイリスは紀元前十五世紀頃にシリアからエジブトにもたらされたと、当時の壁画から考えられているようです。
古代エジプト人はスフィンクスの額を飾るのに、しばしばアイリスを使ったと言われています。というのは、アイリスの花は雄弁のシンポルと考えられていたからでした。

フランスの歴史では、アイリスは重要な象徴になっています。

伝説によりますと、六世紀のフランスの王クロピィスは、ライン河の近くでゴート人の1隊に包囲されました。計略にかけられた王は、川の対岸に、責色いアイリスが川の中へと生えているのを見て、そこは浅瀬で歩いて渡れることを知り、河を横切ってのがれることがてきました。
この後、アィリスは王の紋章になりました。そして一一四七年、ルイ七世は十字軍に加わった時、クロピィス王を記
念してアイリスを彼のシンポルに選びました。
以来、アイリスはフラーダアイリスとしてフランスの王室の紋章となりました。
また、十四世紀、一人のナポリ人は航海に初めて磁石を使い、北を指す万国共通の記号に、フランスに対する敬意としてフラーダアイリスを使いました。世界中のコンパスや地図で北を指す記号はアィリスからきています。
アイリスは、すでに紀元前一五○○年頃のギリシャのクレタ島の壁画に姿を現わしております。
しかし、どちらかといえば「正確」に描かれたものとなると、やはりルネッサンス以後の絵画を見なければなりません。
アントワープの修道院に住んでいた修道僧で、北方ルネッサンスの巨匠の}人であるファン・デル・フースの作品に、生まれたばかりのキリストと、それをとりまく天使や羊飼いを描いた「羊飼いの礼拝」(フィレンツエのウフィツ美術館蔵)とい
うのがありますが、その画面の1部にはニオイアヤメが描かれています。
この作品は一四七六から一四七八年に描かれたものだそうで、フースは、アダムとイヴを描いた「失楽園」(ウィーン美術史美術館蔵)にも、やはり、アィリスを画面の一部に描いております。
ルネッサンス時代の作品では、このほか、ファン・アイクの、「泉の聖母」(アントワーブ美術館蔵)、ダ・ヴィンチの「岩窟の聖母」ルーブル美術館蔵)、デューラーの「あやめのマドンナ」(ロンドン のナシヨナル・ギャラリー蔵)などにもアイリ
スが描かれています。
フースの「羊飼いの礼拝」にニオイアヤメが描かれていることは前にもふれましたが、そのほか、フィレンツェ派の
作者不詳の作品「受胎告知」でも、受胎を告げる天使がニオイアヤメを持って描かれています。
ふつう、天使は、マドンナ・リリーを持っていることになっているのに、この作品では、どうしてニオイアヤメを持っているのでしょう
か。ニオイアヤメは、アイリス・フローレンティナという学名が示すように、フィレンツエ、(フローレンス)の原産と言われ、フィレンツ市の市花ともなっています。フィレンツェ派の画家が、ユリのかわりにニオイアヤメを用いた理由は、このあたりにあるのでしょう。なお、この花はプラッセルの市花ともなっています。


花言葉と花物語