待宵草 待宵草はチリ原産の多年草で、1851年に日本にはいり、今では帰化植物として自生化しています。

日が西に沈むと、月光のように白く、月の従者の星にも似た可憐な花が、夜露にぬれて風にゆられながら開きます。
そして朝日がさすと、内気なこの花は、見つめられることを恥じらって、しぼんでしまいます。
清らかな月光に照らされて、蛾にキスされて開花するとされ、「魔法」のシンポル」。
「待てど暮せど来ぬ人を、宵待草のやるせなさ・…・」と、竹久夢二は恋の詩を書きました。

本来は待宵草であったものを、夢二が間違って宵待草と詩ってから、どうやら後者の方が普及したようです。
月見草と呼ばれる時のマツヨイグサは、お月様に会うために生まれてきたような花を指しているようで、お月様に会うために短い生命を精一杯咲かせているのでしょう。

恋をしている憂いを秘めて、けなげにも立っているのでしょう。
そんな花の風情に、人は心を投げだして魅せられるものです。
そして大宰冶の「富獄百年」にみえるツキミソウ。
「富士には月見草がよく似合ふ」と大宰治は書いています。

雄大な富士と可憐な月見草。けれどもこの黄色い花は、みじんのゆるぎもなく大富士と融合して、花の存在の確かさを示しているようです。
英名はスノー・ドロップで、花言葉は「希望」「慰め」「まさかの時の友」。
この花は、年の初めに、まだ雪の浅い冬枯れの野に咲くので、「慰め」を意味するようになったようです。
またこの花を以て厳寒の境目となし、これを期として百花爛漫の春を予期されるところから「希望」の意が生じたのでしよう。

ジヨン・ケンブルが「露けき原の誇りなるめでたき年の初めの花 、春の緑と童貞の白き純なる衣着て」と詩ったのは、このスノー・ドロップを特に詠じたからであって、和名の「雪の花」の示すように、一月に咲く花であるので、標準事典の植物の項の挿画にも、この花を一月の花として掲げてありますが、通常はその季節を二月と付記してあります。

それはこの花が、イギリスなどでは「二月の美しい乙女」「清めの花)「聖母の小さいローソク」「キャンドルマスの鐘」などといわれているからで、2月2日の聖燭節に捧げられる花とされています。

ご存知のように、聖燭節とは聖母マリアがキリスト降誕後の40日にお詣りをさせた日で、カトリック教会では「聖母マリアのお潔めの祝日」として、ローソクを手に行列を行なうので、キャンドルマスといわれて親しまれてい ます。
また伝説によりますとイヴは追われたエデンの園や、そこに咲いていた花を想い、泣き悲しんでおりました。
雪は容赦なく降り、大地も花も埋めつくしてしまいました。
すると、一人のエンゼルが彼女をなぐさめるために舞い降りてきました。
エンゼルは途中で雪ひらをとらえ、彼女のそばにきていいました、「勇気をだしなさいイヴ」。
天使は雪ひらに息を吹きかけ、それに生命をあたえて花にしました。
「この花は夏が再び必ずやってくることを告げているのです」と天使はささやき、それをイヴにあたえました。
その花は、イヴにとってパラダイスの花よりもきれいに思えました。
天使は飛び去る時、翼の先で彼女の周囲の雪にまるく輪を描くようにふれました。
すると冷たい大地からその花が輪になって咲きだし、彼女を勇気づけたのでした。そして、雪の中から咲きだした花は、「スノー・ドロップ」(雪の花)と呼ばれました。