芥子 花言葉は一般的には「未来の恋」。
白は「睡眠」緋紅は「虚栄心」濃赤は「夢想」、淡紫は「なぐさめ」。
人々がまだ快い眠りを持たなかった昔のことです。
アルプスの峰々にかこまれた村にパブオという身体の弱い少年が、両親と暮らしていました。
両親はパブオを愛していましたが、家が貧しかったために、無理を承知で幼い彼にも働かせていました。
けれども、やがてその無理もきかなくなり、やむなく生きて行く方法として「眠れない人に眠りをあたえる」職業につくことになりました。
パブオは厳しい修行の後、一人前の術を身につけました。
もともと、この術をほどこせる者は人々から尊敬されていたのですが、パブオは術も優れ、しかも病める人には献身的でしたから、彼の家の前にはいつも長い行列が続きました。
人に眠りをあたえるということは身心ともに疲れること
です。
パブオは眠る暇もありません。
そんなある日のこと、一人の少女に眠りをあたえようと
しているうち、ついに力つきてパブオは死んでしまいました。
これを知った神々は、パブオの徳を記念して、彼のなきがらをケシの花に変え、花の散ったあとの卵形の筴の中に、純粋な眠りの水を入れあたえたといいます(ヨーロッパの伝説)。
またギリシャ神話によりますと、セレスというやさしい母が、行方不明の娘ブロセルビナを探し求めているのを、なぐさめてやろうと、神がおあたえになったのが、この花だそうです。
またギリシャの伝説によれば、アテネにミスコというあわれな孤児がいました。
「僕にできることはニワとリの鳴き声をまねることだけ。だって僕はなんの教育もないし、他の仕事にもつけないし…・」彼は祭りのあるたびにパルテノンに出かけ、ニワトリの鳴きまねをして生活をしていました。
そんなある日、パルテノンに近いセフィーズ河に住む水の精が、彼の声を聞いて想いをよせます。
「あなたの声を聞いていると、心のきれいな方だということがわかります。孤児だというのに、少しも暗い陰がなくて」水の精はミスコにほほえみかけました。
やがて二人は恋人同士。
しかし、その幸福もつかのま、ミスコは病にかかり、この世を去りました。
水の精は悲しみに耐えかねて、せめてもの変身を、神々にねがい出ました。
「はかなく消えたあの人のために…。そして、私のなぐさめのために…」。
大神ゼウスは彼女のねがいを聞き入れ、彼をヒナゲシに変身させたのです。
それも生前ニワとリの鳴き声をまねていたことから記念として、コクリコの名をあたえました、なお、コクリコは、ニワトリの鳴き声から転訛したフランス語でヒナゲシのこと。
イギリスではポピーです。
また中国の伝説によりますと、漢と楚とが戦った時、楚王項羽は敗れて四方を敵に囲まれ、伴ってきた美しい虞妃をどうして落ちのびさせようかと悩みました。
それを察した虞妃は「わたしたちは、四面を漢の軍勢に囲まれてもう勝つことがありません。命を惜しむことはやめます」と言って、自らの刃でのどを刺しました。
項羽も虞妃のあとを追い、世は漢の高祖の天下となりましたが、虞妃の墓の下から可憐な紅色の花が咲きだしたので、以来この花を虞美人草と呼ぶようになりました。
漢名は「麗春花」です。
和名は美人草。

ヨーロッパでは昔、この花を煎じて含嗽剤(うがい薬)にしたり、また砂糖を加えてシロップを作り咳薬にしたと言われます。
ケシはインドの国花とか。なお、第1次世界大戦1914ー1918年)に倒れた兵士の冥福を祈るために、毎年11月11日(平和条約調印の日、終戦記念日)にイギリスではケシの花を無名兵士の墓碑に捧げる地方があります。また、この花をこの日には胸につけて歩く習慣を残している地方もあります。
日本のケシの絵で、最も古いのは、西本願寺白書院の天井絵で、渡辺了慶の作と言われております。
ケシが姿を現わしている最も古い美術品は、紀元前15世紀に作られたツタンカーメンの墓の副室から出てきた銀器であると言われており、また、メソポタミアから出土したケシの花の石彫も、同じ頃の作だと考えられているようです。
ローマ時代のものでは、アウグストウス帝の霊廟の発掘調査で出てきた羽目板のレリーフには、その一部にケシが彫られております。
また、16世紀初の、イタリアの若い天才画家ラファェロが描いた「牧場の聖母」(ウィーン美術史美術館蔵)には、牧場の中のマリアと幼児のキリストおよびヨハネの背後に、赤い花をつけたヒナゲシが描かれています。