オリーブ この花はギリシャの国花であり、野生のオリーヴの冠は、オリンピック競技で優勝者にあた えられたそうです。

この冠は、元来ギリシャの ゼウス神殿の近くにあった神樹オリーヴ(伝説によれば、ヘラクレスによって植えられたとい われています)の葉で作られたとのことです。
またラスキンの論説には「野生のオリーヴの冠」というのがあります。
なおオリーヴの枝は 「子供」のシンボルでもあるそうです。
この由来は 聖書詩篇128篇第3節にある「あなたの妻は、 あなたの家の奥にいて、豊かに実を結ぶブドウ の木のようだ。あなたの子らは、あなたの食卓 を囲んで、オリーヴの木を囲む若木のようだ」 と言う節からでたといわれております。

また話は昔にもどりますが、創世紀 の「ノアの洪水」がおさまった時に、鳩がオリーヴの小枝をくわえてきたという伝説から、「平和」の象徴とされるようになりました。