芍薬 花言葉は「嬌艶」、「恥じらい」。
中国の国花。

五世紀にベルギーのフランドル地方を中心にいわゆるルネッサンスがおこり、ドイツ・オランダなどに発展してゆきますが、その北方ルネッサンスの最初期のマイスター、ファン・アイク兄弟が、フランドルの中心地ブルージェ市の サン・バヴォン聖堂の祭壇に「神秘の小羊」(一 四二五年頃の作品と言われております)という大作を残しております。

キリストを象徴とした小羊と礼拝する多くの人々とを描いたこの作品 でも、画面の一部にシャクヤクが描かれております。

なお、ファン・アイクの作品では大法官ロランの聖母子像(一四三六年の作)にも ごく小さくシャクヤクが配されています。

聖母 マリアとシャクヤクを組み合わせた作品としてもう1つ、ドイツの画家、マルティン・シヨーンガウァーの描いた「バラの樹陰のマドンナ」 は、サン・マルタン教会に所蔵されていますがこの画面でも、マリアの背景となっているバラ のほかに、マリアの左側に小さくシャクヤクが描かれています。