ポインセチア ポインセチアの原産地はメキシコから中央アメリカにかけてで、日本への渡来は明治時代だったとのことです。
花言葉は「博愛」と「祝福」、また「猩々木」と呼ばれ、クリスマス・カードなどに描かれたり、またクリスマスの鉢物として欧米ではよく飾られます。
クリスマス・カラーは赤と緑とされているようですが、緑はイエスキリストによって人類にあたえられている永遠の命、赤は神の愛を示していると考えられているようです。
ポインセチアは、クリスマスの頃に上部の苞葉が赤くなり、下部の尋常葉は緑色となって、クリスマス・カラーになるので、クリスマスの植物として用いられるようになったのでしょう。

原産地のメキシコにはこんな伝説があります。
両親を失った貧しいマリアという名の少女は、クリスマス前夜に、皆がキリストの像に捧げ物をもって寺院に出かけるというのに、彼女には捧げる物が何もないので、一人淋しくしていました。
そこへ親戚や友人がきて、たとえ道の草でも心をこめて捧げれば、キリストは喜ばれるといって、彼女を連れて行きました。寺院の中にはステンド・グラスを通して美しい光が満ちていました。彼女はおそるおそる、道すがら摘んだ草を心をこめて祭壇に捧げました。すると驚いたことには、その草の茎は緑に、上の草は美しい緋赤に変わりました彼女の貧しい捧げ物は、ほめたたえられ、キリスト降誕の花、ポインセチアとなったのでした。

なおこのポインセチアという名は、原産地メキシコに派遣されたアメリカのポインセチアという名の大使の名前にちなんで付けられたそうです。