薔薇 原産地はアジア、ヨーロッパ。
花言葉は一般的には「愛」ですが、その種類によってさらに二十数種類ほどに分かれているようです。
今その数種類を示しますと、蕾は「処女」、葉は「あなたは希望を持っていいのです」トゲを持った満開の花は「結婚」白いバラは「恋の吐息」を、白の蕾は「処女の心」を、赤いバラは「熱愛」を、赤の蕾は「潔白な望み」を、紅白紋りは「和合」「嫉妬」を、淡紅は「美しい少女」を、濃紅は「恥ずかしさ」を、一重のバラは「単純」を、一重の蕾は「飾り気ない心」を満開の花に蕾をそえると「秘密にしたい」と言う意味を持っています。

バラの英名ローズは、学名はローザであり、これはギリシャ語のロードンに由来しており、これは紅を意味するので、パラは元来赤系統の色をしていたのかもしれません。

バラの品種は非常に多く、自生品種だけでも300種以上と言われています。
ギリシャ神話の美と愛の女神アプロディアは、英語ではヴィーナスと呼ぱれ、女性の中で最も美しいとされているようです。

神々の王ゼウスと大洋の神の娘ディオネとにより、海の大波の間からこのヴィーナスが誕生した時自分も神々と同じように、美しいものが創造てきると言って、大地にバラの花を生みだした時、神々は神酒ネクタルを注いで、その完壁な美を賞讃したそうです。

またローマ神話では、海の神が地中海キプロス島近くの海から美しいヴィーナスを生んだので、陸の神が自分も美しいもの、つまりバラを波立つ泡の中から生んだのだと言われており、イタリアの画家ポッティチェ ルリの名画「ヴィーナスの誕生」にも、この伝説をふまえて、波の上の帆立貝の中にヴィーナスが立っていて、バラも描かれており、アナクレオンの詩にも、これが詩われております。

また、ヴィーナスの恋人アドニスが猪に殺された時、彼の死を悲しんだヴィーナスの涙が、赤いバラに変わったという話もあります。

また別の伝説として、ヴィーナスは武神マルスよりもアドニスを恋してしまいましたが、マルスはどうしてもヴィーナスをわがものにしょうとして、アドニスを地上に叩きつけました。

愛人を救おうとして駆け寄ったヴィーナスは白いバラの茂 みに倒れてトゲに刺されました。そして流れ出た彼女の鮮血が白いバラを赤く染めたのでした。

だから紅いバラは恋の花であり、悲嘆と呪いの花でもあるのです。

情熱のカルメンの妖しい美しさも、真紅のバラがあってこそ、ふさわ しいといえるのでしょう。

紅バラとは対照的に白バラについては、こんな伝説があります。

聖母マリアが、ある日、バラの蕾の上にヴェールをかけたところ、その下にあったバラは総て純白になり、それ以後、そのバラの株には白い花だけしか咲かなくなったのです。
それ以後、白バラは聖母のシンポルとされ、純潔と神秘を意味するようになったそうです
またジヨン・マンドウヴィユ卿という十四世紀の英国文士は、彼の作品「東洋奇譚」の中で、紅白バラの由来について次のように記し
ています。
「ゼラーというユダヤの乙女はハムェルという無頼漢に愛されたが、その望みをきかなかった意趣返しに、魔女であると言いふらされた。
そのためにゼラーは火刑に処せられることになったが、神があわれんで火を消し止められたので、火刑柱は芽を吹き、葉を生じて紅白の花が咲き、そのそばに罪のない少女が無事に立っていた。

この花こそは人類がエデンの楽 園を追われてから初めて咲いた花であって、紅は火のついた焚木から、白はまだ燃えていない
ところから咲いたのである」と。
バラは古代ギリシャ、ローマのほとんどの儀式に使われていたようです。花嫁花婿はバラの花環を頭につけ、競技者はバラの冠を授けられたそうです。

ローマではバラの花がガーランド〈花環)におり込まれ、墓に飾られたそうです。
それは春が再び訪れて命がよみがえるというしるしだったそうです。
絶世の美女クレオパトラが、恋人アントニウスと会う時には、宮殿の床にバラの花をしきつめ、またアントニウスも「私の墓はバラでおおって下さい」と嘆願したという話は、今でもバラ作りの語り草になっています。
ローマ時代には、バラは上層階級の生活の中にとり入れられ、宴席にバラをまいたり、ブドウ酒に浮べたり、花の冠をつくったりしたそうです。
また、ローマ神話によりますと、恋愛の神キーューピッドが、その母である美の神ヴィーナスの情事を口外せぬように、沈黙の神ハルポクラテスに依頼し、その謝礼としてバラを贈りました。

そこでこの花がローマ人の間では「他言しない」ことの標号となって、宴席の天井などには必ずバラを彫刻するようになったとのことで
す。
また、バラを天井につるした宴席で「バラの下で」という意味が「秘密に」という意になり、十六世紀のローマ教会では、その懺悔室に
もバラを掲げるようになりさらにこれが酒飲みの間では、都合よく拡大解釈されて、酒のうえで言ったことは、みだりに他言しないとの意 にもなったようです。

初期キリスト教の指導者たちは、バラがヴィーナス崇拝やローマ人の遊興に便われた花というので、一時期は教会で使うことを禁止していたそうですが、ローマ帝国没落後にはそれが変わり、バラは殉教のしるし、バラの五枚の花弁はキリスとの五カ所の傷のシンポル、また、白バラはマリアの純潔のシンボルとなったそうで、それがダンテの「神曲」に象徴的にあらわされているといえるでしょう。


なおこのバラの形容詞が昔から惜しげもなく用いられていて、まだ少しもその魅力を失なっていないのは、この花が本来生命の根源である血液の色であって、人の血を湧かす力をもっていると考えられるからなのでしょう。
したがって、バラの色を形容詞的に用いる時には「鮮やかな血色」などといい、青春の血気と紅顔を「青春のバラ」というような類も少なくありません、
ついでに類似の例を二、三あげますと、「紅顔」、「前途有望」「楽観」などがあります。
またアルコール中毒のために顔面または鼻先にできる吹出物を「バラのシズク」というのも面白い表現です。
またヨーロッパでは、この花の美しいのを幸福と見、その刺はこれに付随してくる災禍とみなされ、「刺のないバラはない」などと言われ、バーンズが「運命の堤」という作品の末節に、「処女の誇りと恋愛の幸福は、真心のない男に奪われ、その悲歎のみが身にのこされた」という意味を詠んだのも、このへんにあったのでしょう。


また十五世紀後半のイギリスでは、紅バラを紋章としたランカスター家と白バラのヨーク家との間に王位争いが三十年も続いたそうで(バラ戦争)、結局ランカスター家のヘンリー七世 が、ヨーク家のエリザベスを妻に迎え、チュー ドル王朝をおこしたとのことですが、その時の 紅白のバラの組み合わせた紋章がチュードルのバラで、現在もイギリス王室の紋章であり、国 花となっています。

ナポレオンの皇后ジヨセフィーヌは、バラに情熱を燃やした女性で、彼女はパリ郊外のマルメゾンの館の庭園に、皇帝の威力と経済力を借りて世界中のバラを集めたそうで彼女が願ったのはローマ時代のバラの復活と、さらに新しいバラを求めての品種改良だったそうで、これがもとになってフランスでは新しい品種が次々とつくられ、それはやがて欧米各国から世界各国の品種改良へと広がったそうです。

第二次世界大戦後、バラは一層美しく丈夫になって大衆化し、かつて皇帝や貴人が楽しんだものより何倍も美しいバラを、誰でも身近にもつことができるようになりました。

天然のバラの香水の何ともいえない良い香 り。
またヨーロッパでは、地方によっては、バラの花びらを乾燥させたものを入れて、赤ちゃんの枕を作ります。
もみがら等の代りなのですが、甘く香る花びらの枕と、天使のようにあどけない寝顔をおもうとき、ゆたかさは最高でしょう。

バラはしおれた後でも夢を誘う花といえるでしょう。

バラの花ならどんな花からでも香水がとれると思われがちですが、そうではないようです。

香料のとれるバラは、主にプルガリヤ、トルコ、ソ連地方のローザ・ダマセナ種といわれ、この花から1キログラムのバラ精油をとるのになんと一六○万個の花が必要だそうです。

ギリシャでは、クレタ島の壁画にでてくる植物は、いずれも地中海世界に受け継がれ、その文化の指標ともなったようですが、中でもマドンナ・リリーとバラは、特にギリシャ人に好ま れたようで詩人サッポーは、特にバラを称え、ヴィーナスとバラの結ぴつきは、このサッポー が、アプロディテ、(ヴィーナス)の宮殿をバラ で飾るべきだと詩ったことに由来しているのでしょう。

その後、聖堂のステンド・グラスにバラ窓が作られるようになり、それがシャルトル聖堂(1200ー1220年)、ノートルダム 寺院南袖(1258−1276年)などのバラ窓に表われております。

ところで、バラと共にギリシャで愛好されていたマドンナ・リリーは 六世紀以後のキリスト教時代に、信仰の純潔のシンポルとなって使徒の聖堂のそばに添えられ つづけてきましたが、十四世紀頃から、このユ リにかわって、バラが登場することも多くなり ます。

たとえば、十二世紀頃のマリア讃歌には「マリアさま、マリアさま、尊く美しいお方。あなたにより、生まれしユリ。谷間の花……」
と歌われていたのが、十四世紀頃になると、「マリアよ、貴いバラよりすべての、恵みの若 枝よ。美しい春の花よ」と変わってきます。

もともと、バラの讃歌は、ギリシャ時代に発生したものでいわば、ヘレニズムのシンポルでしたが、ルネッサンス期になると、いつのまにか、マリアのシンボルに転換してしまったようで、以後、キリスト教文学のレトリックの上で、バラとユリが首位を競うようになったようです。

そして、宗教改革の頃の壁画にも、バラを描き加えたものが多くなっていったようです。

十五 世紀になりますと、マリアと共にバラを描いた絵画が、きわめて多くあらわれたようです。
その中からバラ園のマリアを画題にした作品を少しあげてみますと、ロホナーの「バラのあずまやの聖母1442ー1451年頃の作で、ケルン美術館蔵ヽ
フランシスコ・フランシア(1450ー1517年)の「バラの垣根のマリア」(ミュンヘンのアルテ・ピナコテーク蔵)

シヨーンガウナーの「バラ垣のマリア」(1473年の作)

ステフアノ・ディ・ベロナ(1375− 1451年)の「バラ園の聖母土」ブルットの シント・ヤコプ聖堂に描かれた「バラ園におけ る聖女たちに囲まれた聖母子」(1480年頃の作)などがあります。

どういうわけか、バラ 園のマリアという図柄は、北方ルネッサンスの 画家たちの作品に多いようです。

「受胎告知」に は、通常マドンナ・リリーが描かれていますが、中には、ユリと共にバラが描かれているものもあります。
たとえば、ミュンヘンのアルテ・ ピナコテークにあるフラ・フィリッポ(140 6−1469年)の「受胎告知」では、白ユリ と赤バラが瓶にさしてありますが、この場合の白ユリは清純を表わし、赤バラは神への愛を現 わすと言われています。

変わったバラを描いた作品としては、北方の画家グリューネヴァルトの描いた「クリスマスの聖母」(1511年頃 の作)がありますが、ここに描かれたバラは、 暗色をおびた大きな花で、がくの形が、ひどく 特徴的で、グリューネヴァルトが想像で描いたものらしいということになっているようですが 「イーゼンハイム祭壇画」(1512ー1515年頃の作)や、シュトウッパッハ教区教会堂の「聖母子」(1517−1519年頃の作)など、彼の他の作品にも同じ形のものを描いて いるところをみると、もしかしたら、当時は生物があったのではないかとも思われます。


中国では、唐時代にはバラを描いた作品を見出すことはできないようですが、李白の詩にバラが現われています。

不向東山久(東山に向わざること久し)薔薇幾度花(薔薇幾度か花さく)白雲還自散(白雲還りおのずから散ず)明月落誰家(明月誰が家にか落つ)。
日本では室町時代になって、雪舟の「花鳥図屏風」や、雪舟 の弟子・等禅の描いた「花鳥図」にもバラが配 されています。


野バラの花言葉は「恋をかくしています」、「ねたみ」、「くやみ」。
一名野茨(ノイパラ)、 ハナイバラ。花そのものは、決して観賞用とはいえないかもしれませんが、イラン、シリア等の近東地域のバラと合流して、今日みられるモダンローズ誕生に大きな役割りをはたしたこと は、注目にあたいし、日本全土と朝鮮半島に特に多く分布しています。
リドルフォ(1483 ー1561年)の「ドッグ・ローズのある聖母子」に描かれているのは、今日でもヨーロッパ のバラの台本に用いられている野生のバラのようです。

野に一本のバラが咲いていました。そのみずみずしさ、美しさ。少年は、それを見るなり走り寄り、心はすませて眺めました。
ゲーチの詩「野バラ」は、このような書き出しで、少年が野バラに呼びかけます。「お前を折る よ、赤いばら」。

すると、野バラがこたえます。 「折るなら刺します。いつまでもお忘れないように。けれど、あたし折られたりするものですか」。

少年はかまわず花に手をかけました。野 バラはふせいで刺しました。けれどバラは折られてしまったのです。
このゲーテの詩に、シューベルトが作曲したのが、歌曲となっている「野バラ」で、「わらべは見たり、野中のバラ、清らに咲けるその色愛(メ)でつ……」と、メ ロディーに合わせた訳がほどこされていて、昔の女学生の愛誦歌のひとつでした。
ところで、 野バラはどんな色でしょう。ほんのりとした白い色、時には淡紅色もあり、小さな五弁の花を つけます。
甘い香りがして、いかにも野バラと いう感じです。
与謝蕪村の詩では「愁いつつ、岡にのぼれば、花いばら、花いばら故郷の路に似たるかな」。

クリスマス・ローズの原産地はヨーロッパで、花言葉は「追憶」、「私の心配を和らげて下さい」。

一重のバラにどこか似ているこの花がクリスマス・ローズと呼ばれるのはクリスマス の古い伝説によるそうです。
イェス様がお生まれになった時のこと、羊飼 いたちはそれぞれ捧げ物をたずさえて、馬小屋 のイェス様の所へ向かいました。

一人の羊飼いの妹が、自分も捧げ物をもってイェス様の所へ 行きたいと思い、野原へ花をさがしに行きましたが、雪が積って一本の花も咲いていませんでした。

彼女が涙にくれていると、天使が舞い降 りてきて娘の悲しみを知り、翼で雪をさっとはらいました。
するとそのあとに白い花が咲いていました。娘はその花を喜んで摘みとり、イェ ス様に捧げました。

イェス様がにっこりほほえまれた時、この花は嬉しさのあまり、ほんのりと赤くなり、思わずうつむいてしまいました。
このため、クリスマス・ローズはうつむきに咲き、白い花の外側にうっすらと紅がさしているのだそうです。
この紅は後で紫色になります。

キンポウゲ科に属し、ヨーロッパではクリスマス・シーズンに咲きますが、日本では一月−二 月に咲きます。日本への渡来は明治初期だったそうです。