花言葉は一般的には「私のことを考えて下さい」。
紫は誠実、貞節。白は純潔、清浄。青は「つつましい幸せ」
ギリシャ神話によれば、 川の神の娘イオは、天の王ゼウスと戯れていましたが、天の女王ヘラが来るのがわかったので仔牛になって隠れ、ゼウスは仔牛の食糧としてスミレを作りました。

また、イオは、ゼウスに愛されたためにヘラの嫉妬に苦しめられ、世界をさまよったあげく星になったので、ゼウスはイオの美しい目を思い、スミレの花を創りました。

こんな話もあります。
イオは羊飼いの美青年アチスの許嫁でしたが、アポロンもイオを望んだので、林の女神がイオをスミレの花に変えて隠してしまいました。
シェイクスピアはスミレを「ヴィーナスの乳房より香りのよい花」と表現し、「冬物語」の中では「ジュノーの瞼よりも美(うる)わしい」と讃えております。
また、アメリカでは三月の誕生花。
大きいバラとユリが天界詩の月と日であれば、スミレはまさにその星なのでしょう。
星は小さくても、その煌(きらめき)においては、筆舌につきない情趣をもっています。星とスミレの浅からぬ相関関係は、ワーズワースのルーシーという詩の一節に巧みに表われています。
「苔むす岩根に生えいでて、人眼を半ばはばかるスミレ、あわれ美(うる)わし、ただひとつ、空に輝く星のごと」。
またシェイクスピアの「ハムレット」の中で、薄命なオフェリ了の埋葬にのぞんだ兄レァーティーズが「妹を地に葬れよ、願わくばその美しく潔い肉より、スミレの生えんこと」言った言葉は広く知られています。
西洋で愛される小さい花は、多くは空色またはスミレ色のものであって、それが美とされるのは、美女の清らかな眼を連想させるからなのでしょう。
なお紅の花は唇を、淡紅色の花は頬の色や皮膚の色を想わせ、黄色い花は病的な虚弱な色、純白の花は人間味のない色として共に疎んぜられるのが、しばしば西洋人の花の色に対する感覚のようです。

西洋人が古くから愛好してきたスミレとしては、もう一つニオイスミレがあります。これは古代ギリシャではアテネの紋章となっていたようで、またローマ時代には貴族たちが入浴に用いたとも言われています。
このように人類の歴史に早くから登場しておりましたので、古い絵面にもしばしば姿を現わしております。たとえばドイツのステファン・ロホナー(一四○○〜一四五一年)によって描かれた「スミレを持ったマドンナ」では、聖母マリアがニオイスミレを持っています。
また、ファン・デル・フースの大作「羊飼いの礼拝」(一四七六−一四七八年の作品で、フィレンツェのウフィツ美術館蔵)では、ニオイスミレが床に撤き散らしてあります。
床にスミレを撤いてある絵画は他にもみられますので、実際にこのような用い方があったのでしょう。
もちろん、15〜16世紀に織られたフランスのタピスリーにも、しばしば登場しております。
前述のロホナ-、ファン・デル・フースは共に北方の画家ですが、イタリア出身のレオナルド・ダ・ヴィンチにも、ニオイスミレのスケッチがあり、また、同じイタリアのジヨヴァンニ・ディ・パオロの「最後の審判」の中にも描きこまれていますから、南方の画家たちにも、ニオィスミレが親しまれていたことは明らかです。

桃山時代以後の日本の絵画にもスミレはしばしば登場しています。
たとえば狩野永徳筆の有名な大徳寺・聚光院の襖絵にも描かれていますし、また永徳の父・松栄も「四季花烏図」の中に描き込んでいます。
また光琳の「花卉屏風」にもタチッポスミレが描かれています。

パンジー(サンシキスミレ)の花言葉は「物想い」。
ギリシャの愛の神キューピッドの放った矢がはずれて純白のスミレにあたりました。
その傷で三色のスミレが生まれたのだそうです。
また春の野に降りた天使たちが、一群のスミレをみつけて、地上にもこんなに美しい花があるのかと驚き、「私の面影をうつしてあげよ う、人々に天上の想いと清らかな愛を伝えなさい。あなたの行末が栄光に満ち、この花を見る人に倖せがあるように」とささやき、花に三度キスして天上高く舞いあがって行きました。
それで天使の面影と三色を宿し、春のよろこびを告げる使者として世界の果てまで床しく咲さひろがったと伝えています。
パンジーは英名、フランス名はパンセで、「憩う」とか考えるという意味。
一人で考えこんでいる人の顔に見たてたのでしょう。「物想い」という花言葉はこの辺からでたのでしょう。
日本では蝶が飛んでいる姿に似ていることから、遊蝶花の古名があります。
パンジーは古来幾多の詩人の眼にとまり、「心の落ち着き」「頭巾(ズキン)の下の三つの顔」「門の後ろでのキス」、「門の所でキスして下さい」などと非常に多くの名をもって呼ばれていますが、これは花そのものが可憐であるというばかりでなくこれが持つ伝説の力も相当あるからなのでしょう。
また、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」の二幕一場には、「乙女はそれ(パンジー)を恋慕花と呼ぷ」と書かれております。
パンジーの伝説は古代ギリシャにまで逆のぼりますが、長い中世の間はどうなっていたのか明らかではありません。
しかし、中世が終り、ルネッサンスの初め頃にパンジーが愛好されていたことはいくつかの絵に裏付けられています。
六世紀に織られたフランスのタピスリーにもパンジーの登場するものが残っており、またイタリアのジヨヴァンニ・ディ・パオロ作「謙譲の聖母一四四○年頃)や、ジェラルド・ダビッド(一四六○〜一五二三年)の「聖母子」(ブラドー美術館蔵)などにも出てきます。
ことに後者ではキリストが手にパンジーを持っておりこの花に対する愛好の情を強く物語っているといえるでしょう。

十六世紀から、パンジーが確立する十九世紀までの間にも、パンジーは数々の絵画に登場します。
たとえば、一六四○年に描かれたレナールの「花のある籠」(ループル美術館蔵で、一九六六年に日本にも来ました)でも、色々な花 にまじって小さなパンジーが一輸顔をだしており、ヤン・ファン・ウィスム(一六八二〜一七四九年)の「花瓶の花」(ロンドンのナシヨナ
ル・ギャラリー蔵)では、色々な花の間にパンジーが二輪みられます。
以後、育種が進み、一八二四年に描かれたアントニオ・ピキリオスの絵に登場するパンジーは、いくらか大輪になり十九世紀末になりますと、印象派の画家たちがパンジーを描いた作品をいくつか残しています。
ヘンリー・ファンタン・ラトウール(一八三六〜一九○四年)が描いた「パンジー」(二ューヨーク・メトロポリタン美術館蔵)、一八八六年に描かれたゴッホの「パンジーとタンバリン」(アムステルダム市立美術館蔵)などがあります。