鈴蘭 花言葉は「幸福の再帰」「乙女の祈り」。
一名「君影草」という美しい名で呼ばれています。
一般に栽培されているのはドイツスズランで、ヨーロッパ原産、フィンランドの国花です。

ドイツスズランは日本のより花もやや大きく、芳香が高く、促成や抑制開花にも適しています。
初期のキリスト教徒は、スズランの花を聖母マリアに捧げ、純潔と謙遜のしるしとしていたようです。
フランスでは、スズランは「マリアの涙」または「おとめ(処女マリア)の花」と呼ばれる ことがあります。
欧米では促成や抑制栽培が盛んでいつも花があり、結婚式に、また葬儀の飾りにもよく使われ、幸福を一層喜ばしいものに、悲しみの時には心をなぐさめる花として、多くの人々に愛されています。

またヨーロッパでは、この花は失恋の心をいやす力があるとされています。
イギリスでは、五月一日がスズランの日で、この日にスズランの花束を贈ると、贈られた人に幸福が訪れるといわれています。
それで結婚式にはこの花束を花嫁に贈ります。
フランスでは五月のミューゲ、森のミューゲといい、香り高いことを表わし、イギリスでは五月の小さい鐘、天国への階段といいますが、 これは花の咲くさまからの連想でしょう。

スズランの学名には「谷間のユリ」と「憶病な人」という意味があり、これはあまり広い地域に広がらないからだといわれております。

和名の鈴蘭は、鈴の花形に見たてたものだそうです。
伝説「ある日、若いレオナルドは森の奥に迷い込み、ドラゴン(大毒蛇)におそわれました、火のような舌を吐いておそいかかるドラゴン。剣を抜いて必死に防戦するレオナルド。
こうして三日三晩、血みどろの格闘の末、やっとドラゴンを倒しました、しかし彼自身もおびただしい傷を受け、噴きこぽれた血があたりの草を染めました。ところがその血のあとに、いつの間にか香りもゆかしいスズランの花が咲いていたのです、
これは森の妖精が彼の清らかで勇敢な心をほめて咲かせた花なのでした。
この伝説は、一説によればイギリスのものといわれておりますが、キリスト教の伝説にも同様のものがあります。