椿(つばき) 花言葉は一般には「誇り」、「ひかえめな美点」。
白は「理想の恋」、「完全な愛らしさ」。赤は「わが運命は君の掌中にあり」木は「謙譲の美徳」。

ツバキは葉に艶のある木、津葉木または厚葉木から転じたものだと言われておりますが、ふつう椿という字をあてているのは、春のよろこびを伝える木という意味の国字。

漢名では山茶と書きます。この花は寒い季節に咲くので、まだ昆虫も少なく、メジロやヒヨドリが花底の蜜を吸いにきて花粉を運ぷ鳥媒花の一つ。
「椿落ちて昨日の雨をこぼしけり」(蕪村)ツバキが日本の文献に現われた初めは日本書紀で、ツバキの木で槌(ツチ)や武器を作った と出ていますが、万葉集にも「巨勢山(コセヤマ)のつらつら椿つらに見つつしのぷな巨勢の春野(ハルヌ)を」とあり、当時すでに関心を持たれていたことがわかります。

そして花を観賞するだけではなく、その艶(ツヤ)やかな葉をも賞(メ)でたのでしょう。
艶葉木(ツバキ)とも書かれたそうです。同じ万葉集でも「あしぴきの八峯(ヤッオ)の椿つらつらに見とも飽(ア)かめや値ゑてける君」 (巻二○・四四八一大伴家持)には「庭の椿を見て作った歌」と詞書があり、山野から庭に移し植えて観賞することも行なわれていたようです。

昔、若狭の国で、漁夫の娘が人魚を食べて長寿になったという伝説がありますが、その娘はシンボルとして何時もツバキをもっていたそうです。
東京国立博物館蔵「山水花鳥図屏風」(雪舟作)にツバキが描かれています。
蒔絵では、南蛮ものと言われている螺鈿櫃の模様に、ツバキがしばしば描かれていたようですが、その中の一つに「油彩キリスト磔刑像入り蒔絵籠」があります。
日本の南蛮美術の中には聖母子像が何点もありますが、その中で最も有名なのは、一九三七年に高槻市の農家の屋根裏から出てきた慶長年間の作と推定されている「マリアの十五玄義」(京都大学文学部資料室蔵)と呼ぱれている作品でしょう。
キリストの十字架と復活を描いたもので、中央にキリストを抱いたマリア像が見えますが、そのマリアが手に白いツバキを持っているのには興味があります。
聖母子像のマリアやキリストが何を持っているかを比較しますと、絵画の地方性を認められますが、このように白いツバキを持ったマリアは、おそらく日本以外には例がないでしょう。

原産地である日本からイギリスに入ったツバキは、たちまちベルギー、フランスなどに広がり、十八世紀未から十九世紀前半にかけてヨーロッパ全土にツバキ熱が広まり、その流行を記念するかのように、一八四八年デュマ(フィス)の「椿姫」が出版されたそうです。

マルグリッドは、月のうち二十五日間は白ツバキを、あとの五日間は紅ツバキを持って社交界に現われる娼婦でしたが、良家の息子アルマンの純真な愛情によって真実の恋にめざめ、二人は相思相愛の生活に人りました。
しかしアルマンの父に妨げられ、不実をはたらいたようにみせかけて彼のもとを去りました。
彼女の真情を知って、旅先からアルマンが駆けつけた時は 彼女はもうこの世の人ではありませんでした。
この小デュマの小説から取材されているのがヴェルディの甘い感傷とすぱらしい旋律の歌劇 「椿姫」で、マルグリットはヴィオレッタ、アルマンはアルフレードの名で登場します。