宿り木 和名では「寄生木」とも「寄り木」とも書かれます。欧米のミスルトーは「リンゴ」や「さんざし」に、日本のそれは「えのき」などに半寄生します。
果実は球形で、熟すと半透明となり、中には粘液に包まれた緑色の種子が入っています。
果実は小鳥が好んで食べ、種子はその粘液で、ほかの木の枝に張りついて繁殖します(鳥媒花)。

古代ケルト人の僧は、樫の木を神の示現と信じ、それに生えている、やどり木を「人間が神に依頼して存立するゆえんを表わすもの」と認め、これを聖物として崇拝したそうです。
花言葉の「因難を克服する」というのは、高い所に生えているからでしょう。
また「キスして下さい」というのは、スカンヂナヴィアの神話によるとされているようです。
女神フリガアは、彼女の息子に、四大(土、水、火、空気)から危害を一切受けない魔力をあたえました。
けれども、四大のいずれからも育っていない、やどり木で作った矢で、不死身の彼女の息子も射殺されました。
フリガアの涙は、やどり木の白い実となりました。
それをみた神々は、力をあわせて彼を生き返らせました。
愛と美の女神フリガアは、感謝をもって、やどり本の下を通る人にキスを贈ったといわれています。

この古い物語から、クリスマスのお祭りには天井から、やどり木を吊るし丁度その下にいる女性に対しては、キスが許されるという風習が欧米にあります。
けれど、キスするたびに実を一つずつ取ってゆき、実がなくなった時には、やどり木はその魔力を失うとされているようです。
ワシントン・アーヴィングの「スケッチ・ブック」という作品の中の、「クリスマス・イヴ」という箇所に、「そして若者たちは、それ(やどり木)の下にいる乙女たちには、おかまいなくキスしてもよい」と記されています。